サービス案内SERVICE

弘善社の思いHEART

お葬儀を施行させていただくことを通じて、終活に関わる不安なことを解消するお手伝いをするのが私たちの目的です。
お葬儀に関する「不安」を「安心」に

お葬儀を施行させていただくだけが私たちの仕事ではありません。お葬儀にまつわる「不安」を「安心」に。

お葬式の前のことも、あとのことも

お葬儀のことを考えると、お葬式以外のことも不安になりますよね。地元のよきパートナーとして、永いお付き合いを大切にしていきます。

まじめに誠実に

お葬儀の全ての過程において、まじめさを大事にし、ご遺族様の信頼に対して誠実に対応させていただきます。

弘善社が大事にしたいこと(葬儀の特徴)FEATURE

安心できる葬儀

「不安」や「わからないこと」ってたくさんありますよね。私たちが考える「安心できるお葬儀」というのは、ご遺族が安心していただける人間が施行するお葬儀だと考えています。ご家族の不安というのは、大抵は漠然としがちですよね。その漠然としたものは伝えにくいものです。 なかなかお葬式のイメージが湧かなかったりします。また、宗教的な言葉が出てくると、余計にわかりにくくなりますよね。
弘善社では、ご遺族様が言語化しにくい要望や不安なことを、お話を伺う中で汲み取り、提案をさせていただきます。
ご家族様に寄り添って信頼されるよう日々精進しながら、仕事にあたっております。

こだわりの葬儀

ご家族様の希望に沿った施行を心掛けています。大切な人を大切に送る。そんなお葬儀を目指しています。
ご家族様の希望を汲んだ提案をさせていただくに、「故人様はどんな考えであったのか」「故人様はどんなお人柄であったのか」「ご家族様はどんな希望なのか」など様々な想いを私たちにお聞かせ下さい。
御逝去されてからお葬式まで、時間に限りはありますが、限られた時間の中で、納得いくまでお話を聞かせていただきます。

適正な価格を

勧誘営業はしておりません。斎場は1カ所だけです。過度な営業経費はかかっておりません。
このメリットを活かした良心的な適正価格でお葬儀を施行させていただきます。

弘善社が考える「終活」END OF LIFE PLANNING

葬儀社がなぜ終活?と思われるかもしれません。しかし、お葬儀の事を考える、ということは広い意味で「終活」を考えることなのだと考えております。
終活で大事な事とは、何でしょうか….?終の住処、終末期医療、遺言、相続、お寺さんのこと、お墓のこと、そしてお葬儀。共通して言えるのは、「生前の意思を遺すこと」なのですね。
「お葬儀」自体は、してしまうとそこで形式としてはお終いです。ですが、形式としてのお葬儀を終えてから皆様の大切なご家族には、すべきことがいくつかあるのです。皆様がいつか迎えるその時になってご家族が慌てたり困ったりしないために、今のうちから「安心」していただくために。弘善社は葬儀を中心に「終活」を考え、全力でサポートさせていただきます。

よくあるご質問QUESTION

家族葬ってどんな葬儀ですか?

・はっきりとした定義はありません。本当に数人での家族葬もあれば、故人様からみて、お子さん、お孫さん、ご兄弟を含めたご親戚でのご葬儀、あるいは故人様の友人・知人まで会葬される家族葬もあります。

家族葬でいくらぐらいかかるのですか?

・上記の通り、家族葬といえどもひとくくりには出来ません。また、人数によって変わる部分も多いです。詳細をお聞かせ下されば大まかな金額を提示できますので、是非お問い合わせくださいませ。

自宅に安置できないのですが...

・当社の斎場に「安置室」をご用意しておりますので、斎場でのご安置が可能です。

夜中でも対応してくれるのでしょうか?

・当社は24時間体制で対応させて頂きますので、どうぞご安心下さい。

お寺さんを紹介してくれますか?

・檀家のお寺さんがなければ、当社にてご紹介させていただきます。

仏教以外のお葬式もしてくれるのですか?

・キリスト教、神式など全宗旨対応しております。

弘善社の会員制度に入らないとダメなのでしょうか?

・そんなことはございません。会員以外でも是非お声かけ下さいませ。

他の葬儀社の会員制度に入っているのですが?

・特に問題になることはございません。お困りのことがございましたら、お問い合わせ下さいませ。

お知らせNEWS

NEW

【生活保護受給者の方の葬儀〜葬祭扶助を事前に知っておきましょう!】

こんにちは。

旭川で葬儀社を営んでおります、(株)弘善社の太田弘文です。

当社では、「葬儀」を軸として、皆さんの「終活」の支援を行なっております。

少しずつ、分かりやすく、旭川の葬儀・終活事情について情報発信しております。皆さんのお役に立てれば幸いです。

 

さて最近、生活保護受給者の方からのお問い合わせが多くなってきました。

「生活保護で葬儀できるの?」

「費用はどれくらい?」

「保護費で賄えるの?」

「どんな形式のお葬式?」

 

そこで今回は、生活保護における葬儀についてお話ししますね。

 

○葬祭扶助とは?

生活保護を受給している方が葬儀を行うことになった場合、葬儀費用のことで不安がありませんか?

生活保護の扶助制度の一つに、「葬祭扶助」というものがあります。

生活保護受給者の方は、この「葬祭扶助」による葬儀で、保護費の範囲内で葬儀をすることができます。

「葬祭扶助」を利用するには、いくつかの注意事項があります。葬祭扶助で葬儀を行う際の「知っておいたほうが良いこと」をご紹介いたします。

 

○葬祭扶助を利用できる人とは?

これは大まかに、二つのケースが考えられます。

・「亡くなった方本人が生活保護受給者」

・「生活保護受給者が喪主として葬儀を行うことになった」

※生活保護受給者が亡くなっても、家族・親族が生活保護を受けていない場合、葬祭扶助が適用にならない場合もあります。

 

○支給金額や費用やお葬儀の形式は?

支給される金額は、自治体によって多少異なります。

旭川市の場合、満額で約19万~約20万円です。その範囲内で葬儀を行います。

また、葬儀費用に充当できるお金があれば、その分は差し引かれることがあります。

葬祭扶助の金額の範囲内で行うことができるのは、直葬(ちょくそう)と呼ばれる、通夜式・告別式の儀式を行わず、火葬のみをする形態のお葬儀です。(以前の記事を参照してください)これは生活保護法第18条で謳われているように、必要最低限の内容しかできないようになっているのです。

 

○なくなる前に確認すべきこと

・事前に旭川市の担当窓口もしくはケースワーカーさんに、

「葬祭扶助の対象になるのか?」

「葬祭扶助はいくら支給されるのか?」

を確認しておくと良いでしょう。

特にご逝去されたのが夜中とか休日ですと、ケースワーカーさんに連絡が取れない場合があります。ですので、事前に確認しておきましょうね。

 

○亡くなってからの注意事項

葬儀社に依頼する際は、葬祭扶助を利用したい旨をお伝えください。

また、旭川市の担当者の方、もしくはケースワーカーさんの連絡先が分かれば教えてくださいね。

ちなみに、葬儀社の請求は、喪主さんに対してではなく、旭川市に直接請求することになります。

 

○手続きの注意事項

生活保護受給者は、通常旭川市民が負担する火葬料(17,000円)はかかりません。

また、火葬許可証の手続き(死亡届の提出)の際には、各地域の支所ではなく、旭川市役所本庁に行く必要があります。

 

○最後に

葬祭扶助による葬儀は、扶助内の金額で行うため、どうしても制約がついてまわります。

ただ、それにしてもご希望や要望があれば、遠慮なくお伝えくださいね。

故人様の最後の、一度きりのお見送りであることには変わりません。一番大事なのはお見送りするご家族のお弔いの心や想いであると思います。

当社では、ご家族の方が心から納得するお見送りをお手伝いさせていただきますので、ぜひご相談くださいね。

NEW

【ボヘミアンラプソディ〜自分が何者かは自分で決める!】

先日ようやく「ボヘミアンラプソディ」を観に行ってきました。

Queenの名曲がそのまま題名になった映画です。

Queenは1973年にデビューしているので、ボクの生まれた年とほぼ前後します。

ということは、リアルタイムでは知らない訳なのですが、その数々の名曲は、聴いたことのあるものばかりです。

Queenのリードボーカル、フレディ・マーキュリーを中心とした内容の映画でした。

 

「Somebody to Love」がオープニング。

その時点でウルウルです。

 「Killer Queen」そして題名の「Bohemian Rhapsody」や「 We will Rock You」とファンではなくとも一度は聴いたことがある往年の名曲オンパレード!

かの有名なライブエイドの映像ではもうボロボロ(泣)……

 

印象に残ったのはフレディが自身の病気をメンバーに告白し、「I decide who I am!」と話すシーン。

「自分が何者かは自分で決める!」とは発症した病気のことに対する世間の見方のことのみならず、自身の出自(ペルシャ系インド人)からくる「覚悟」のように感じました。

 

 

さて、数日queenが頭から離れなくなり、サントラCDを買っちゃいました。

ちょっとケチって輸入盤を買ったのは内緒です!

NEW

【直葬〜お弔いの心や想いを忘れずに】

こんにちは。

旭川で葬儀社を営んでおります、(株)弘善社の太田弘文です。

当社では、「葬儀」を軸として、皆さんの「終活」の支援を行なっております。

少しずつ、分かりやすく、旭川の葬儀・終活事情について情報発信しております。皆さんのお役に立てれば幸いです。

 

さて、12月に入って直葬の依頼が連続9件ありました。一日一件直葬を施行させていただいている計算です。

ここまで直葬が続くのは、当社でも初めての経験です。

ここで、直葬について、あらためて考えてみました。

 

 

直葬とは?

一切の儀式、つまりお通夜や葬儀・告別式を省略し、火葬のみを行う葬儀のことです。呼び方は違いますが、火葬式も同じと捉えて間違いないでしょう。

 

なぜ直葬なのか?(直葬が増える背景)

葬儀意識の変化、つまり従来の葬儀の形にこだわらない方が増えてきたのかな、と思います。

また、費用的な事情や身寄りが無いなどの様々な事情により、直葬を選択する方も多いです。

 

直葬の流れ

一般的なお葬式では、ご逝去されて1日~2日時間をおき、通夜、そして葬儀を行います。ご家族ご親戚はもとより、故人とゆかりのあった参列者の方を招いて行います。

一方、直葬はご逝去後、ご遺体を安置したのち出棺、火葬となります。

法律によりご遺体は逝去後24時間経過しないと火葬できませんので、直葬と言えども、ご逝去されて直ぐに火葬できる訳ではありません。

ご逝去されてからご自宅、もしくは当社斎場に御安置し、次の日に荼毘に付す(火葬する)ケースが多いです。

 

直葬の問題点

全て省略されたお見送りのため、十分なお別れが出来なかったと感じることがあるかもしれません。

なぜ直葬にするのかをご家族やご親戚でよく考えてみる必要があると思います。

また、遺骨は最終的にどのように弔うのか、を予め考えておく必要があります。

お付き合いのあるお寺さんがある場合は、理解を得ておかないと、宗教的儀式を省いた直葬を行ったことにより関係を損なう可能性があります。場合によっては、お寺さんへの納骨を断られるケースもありますので、事前に相談しておくようにしましょう。

また、葬儀には、故人を想う人々がお別れをする場、という意味合いもあります。

お別れに参加できなかった人々がどんな思いを持つのかということも考慮してみても良いかもしれませんね。

 

直葬の費用

一般的な葬儀に比べて、費用、時間、労力を最小限に抑えることができます。

祭壇やお食事、香典返し、引き物など諸々省略することが多いからです。

お寺さんを呼んで家族葬を行う場合は100万円前後かかるのに対し、直葬の場合は20万円前後で行うことができます。

葬儀社の中には異常な低料金(例えば10万円で直葬を行えます、など)と宣伝しているところもあるようですが、その金額に必要な物品が含まれておらず、追加料金が発生することもあるため、注意が必要です。

 

まとめ

事前に家族間、親族間での話し合いが大事だと思います。なぜ直葬にするのか、問題は起こらないか、ぜひ話し合ってみてくださいね。

また直葬といえども、やり方は様々です。希望や要望がございましたらお伝えください。

故人様の最後の、一度きりのお見送りであることには変わりません。一番大事なのはお見送りするご家族のお弔いの心や想いであると思います。

当社では、ご家族の方が心から納得するお見送りをお手伝いさせていただきますので、ぜひご相談くださいね。


葬儀の流れ

  • ご臨終(病院)
    死亡診断書を医師に作成してもらい、受け取って下さい。
  • 連絡・搬送
    葬儀社へ連絡。(当社は24時間体制です)
  • ご自宅
    斎場での御安置も可能ですので、ご希望の方はお申し付け下さい。
  • 打ち合わせ
    ・喪主様の決定 ・葬儀準備・日程については当社担当者にご相談下さい。
  • 湯灌・納棺
  • 式場へ移動
    故人を会場へご移動致します。
  • お通夜
    当社担当者と式前の打合わせを行います。
  • 葬儀・告別式
    当社担当者と式前の打ち合わせを行います。
  • 出棺
    喪主様はお見送りの方にご挨拶をします。
  • 火葬場
    火葬場祭壇にお供えする仏花・供物は当社にて手配致します。
  • 収骨
    骨上げは火葬場職員の指示に従って行います。
  • 骨上げ法要
    初七日、三十五日、四十九日の法要を取り越して行い、「忌中引き」と呼ばれる精進落としを行います。
  • ご自宅
    後飾り壇は当社にて準備致します。

弘善社では初めてでも安心、
葬儀のトータルサポートをご提供しますTOTAL SUPPORT

まずは「あんしん弘善の会」へご入会下さい。

葬儀に関することならなんでもお問い合わせください。
『目からウロコ!』『安心して納得』という声が、皆さまから本当にたくさん頂いております。

式場

ファミリー葬(家族葬)に、3会場をご用意しております。

安置室ございます

ご遺体は当社安置室へいつでもお受け致します。

送迎バス

ご利用ください。ご不便はおかけ致しません。ご町内の方々の送り迎え致します。


「葬儀役員代行」お手伝いさせていただきますNEWS

  • 葬儀委員長代行
  • 会 計
  • 接待・賄
  • 司 会
  • 受 付
※葬儀役員代行は有料サービスとなります。

中央斎場-交通アクセスACCESS

GoogleMap

斎場までご案内、便利なGoogleの地図機能

初めて当社の斎場にお越しの方、スマートフォンをお持ちであれば是非Googleの地図機能「Googleマップ」をご利用下さい。

Googleマップは現在位置から目的地までのルート検索はもちろん、回りの交通状況もリアルタイムで把握し、あなたをスムーズに斎場までご案内。音声ガイド機能も付属しているのでカーナビとしてもご利用いただけます。

Googleから「弘善社」を
キーワード検索後、地図機能を展開する
ストアから「Googlemap」アプリをダウンロード。
アプリから地図を展開する