社長BLOG

サービス案内SERVICE

弘善社の思いHEART

お葬儀を施行させていただくことを通じて、終活に関わる不安なことを解消するお手伝いをするのが私たちの目的です。
お葬儀に関する「不安」を「安心」に

お葬儀を施行させていただくだけが私たちの仕事ではありません。お葬儀にまつわる「不安」を「安心」に。

お葬式の前のことも、あとのことも

お葬儀のことを考えると、お葬式以外のことも不安になりますよね。地元のよきパートナーとして、永いお付き合いを大切にしていきます。

まじめに誠実に

お葬儀の全ての過程において、まじめさを大事にし、ご遺族様の信頼に対して誠実に対応させていただきます。

弘善社が大事にしたいこと(葬儀の特徴)FEATURE

安心できる葬儀

「不安」や「わからないこと」ってたくさんありますよね。私たちが考える「安心できるお葬儀」というのは、ご遺族が安心していただける人間が施行するお葬儀だと考えています。ご家族の不安というのは、大抵は漠然としがちですよね。その漠然としたものは伝えにくいものです。 なかなかお葬式のイメージが湧かなかったりします。また、宗教的な言葉が出てくると、余計にわかりにくくなりますよね。
弘善社では、ご遺族様が言語化しにくい要望や不安なことを、お話を伺う中で汲み取り、提案をさせていただきます。
ご家族様に寄り添って信頼されるよう日々精進しながら、仕事にあたっております。

こだわりの葬儀

ご家族様の希望に沿った施行を心掛けています。大切な人を大切に送る。そんなお葬儀を目指しています。
ご家族様の希望を汲んだ提案をさせていただくに、「故人様はどんな考えであったのか」「故人様はどんなお人柄であったのか」「ご家族様はどんな希望なのか」など様々な想いを私たちにお聞かせ下さい。
御逝去されてからお葬式まで、時間に限りはありますが、限られた時間の中で、納得いくまでお話を聞かせていただきます。

適正な価格を

勧誘営業はしておりません。斎場は1カ所だけです。過度な営業経費はかかっておりません。
このメリットを活かした良心的な適正価格でお葬儀を施行させていただきます。

弘善社が考える「終活」END OF LIFE PLANNING

葬儀社がなぜ終活?と思われるかもしれません。しかし、お葬儀の事を考える、ということは広い意味で「終活」を考えることなのだと考えております。
終活で大事な事とは、何でしょうか….?終の住処、終末期医療、遺言、相続、お寺さんのこと、お墓のこと、そしてお葬儀。共通して言えるのは、「生前の意思を遺すこと」なのですね。
「お葬儀」自体は、してしまうとそこで形式としてはお終いです。ですが、形式としてのお葬儀を終えてから皆様の大切なご家族には、すべきことがいくつかあるのです。皆様がいつか迎えるその時になってご家族が慌てたり困ったりしないために、今のうちから「安心」していただくために。弘善社は葬儀を中心に「終活」を考え、全力でサポートさせていただきます。

よくあるご質問QUESTION

家族葬ってどんな葬儀ですか?

・はっきりとした定義はありません。本当に数人での家族葬もあれば、故人様からみて、お子さん、お孫さん、ご兄弟を含めたご親戚でのご葬儀、あるいは故人様の友人・知人まで会葬される家族葬もあります。

家族葬でいくらぐらいかかるのですか?

・上記の通り、家族葬といえどもひとくくりには出来ません。また、人数によって変わる部分も多いです。詳細をお聞かせ下されば大まかな金額を提示できますので、是非お問い合わせくださいませ。

自宅に安置できないのですが...

・当社の斎場に「安置室」をご用意しておりますので、斎場でのご安置が可能です。

夜中でも対応してくれるのでしょうか?

・当社は24時間体制で対応させて頂きますので、どうぞご安心下さい。

お寺さんを紹介してくれますか?

・檀家のお寺さんがなければ、当社にてご紹介させていただきます。

仏教以外のお葬式もしてくれるのですか?

・キリスト教、神式など全宗旨対応しております。

弘善社の会員制度に入らないとダメなのでしょうか?

・そんなことはございません。会員以外でも是非お声かけ下さいませ。

他の葬儀社の会員制度に入っているのですが?

・特に問題になることはございません。お困りのことがございましたら、お問い合わせ下さいませ。

お知らせNEWS

NEW

当社斎場にてセミナーを行います!〜喪主になったらどうしよう??

みなさんこんにちは。終活応援葬儀社の(株)弘善社の太田です。

夏がぶり返したような陽気ですね。

皆さん体調に留意されて穏やかにお過ごしくださいね。

 

さて8月19日(月)に、当社斎場にてセミナーを開催致します。

今回のテーマは

「喪主になったらどうしよう??その不安をスッキリ解消するセミナー」

です。

 

葬儀に参列したことはあっても、喪主の立場になったことがある人、って案外少ないのではないでしょうか?

 

喪主のお仕事は…実は葬儀前から始まっています!

介護、終の住処、延命治療、そしてお葬式のこと、お寺さんのことなど、兄弟間で話し合わなければならないことって沢山あります。

兄弟間に於いて、長男が喪主を務めることが多いですが。長男だからといって自分だけで全て決める、というのは避けたほうが良いです。

喪主の役割とは…兄弟の「先導役」ではなく、「調整役」であるべきなんです。

 

セミナー終了後は、ご希望の方には個別に事前相談も承ります。

事前相談をしておくと…

・現時点での見積もりがわかる

・終活において何を準備しておくとよいかわかる

・お葬式の流れがわかる

・スタッフや会社、斎場の雰囲気がわかる

などのメリットがあります。

 

葬儀社さんに相談、ってなかなか足が向かないですよね。

事前相談に行ったら、そこで契約をしなくてはいけない、と思っていませんか?

いえいえ大丈夫です!

そんなことはありません。

事前相談のタイミングは「思い立った時」「気になった時」がイチバンです。

これまでの相談会参加者の方を意見をお伺いすると、

 

「両親が入院している。母の体調が悪化しているので今のうちに準備できることを知りたくて参加しました。何から始めればいいのかがわかり安心しました」

「うちは子供がいないので、その場合どんなことを考えておくべきか知りたかったです。費用面も今から少しずつ準備したいと思ったので、知ることができてよかったです」

 

との感想をいただいております。

どうぞお気軽に、お誘い合せの上お越しください。

ご連絡は電話(0166ー54ー1059)もしくはメール(h-ohta@kouzensya.co.jp)にご連絡くださいね。

 

<セミナー日程>

・8月19日(月)

・13:00~14:00

・個別事前相談:14:00~

 

※次回のセミナー&相談会は9月22日(日)を予定しています。

毎月斎場にてセミナーや相談会などのイベントを開催していますので、HPをチェックしてくださいね。

NEW

一日葬とは?〜時間と費用を抑えたい方は一考してみては?

みなさんこんにちは。旭川の終活応援葬儀社、弘善社の太田です。

今回は「一日葬」についてお話ししたいと思います。

メリットやデメリットも含めて詳しくご説明させていただきますね。

 

一日葬とは?

通夜を行わず、葬儀・告別式から火葬までを一日で行う式のことです。

一般的なお葬儀では、通夜を行い、翌日に葬儀・告別式を行います。

2日間かけて行う一般的なお葬儀に対して、一日葬は通夜を省略し、葬儀・告別式のみ行う儀式です。

通夜を行わないということ以外は一般的なお葬式と同じです。

・火葬式(直葬)のみではしのびない

・費用や時間を抑えたいがお寺さんの読経はしてもらいたい

などの理由で一日葬を選択される方が多いようです。

また、通夜日の儀式を行わないため、お時間の取れない方や体力的な負担を軽減したい方にお勧めできます。

儀式自体は一日ですが、前日は式場にてご家族だけでお過ごしいただく、ということも可能なので、儀式よりもご家族での最後の時間を大切にしたい、という方にもお勧めです。

 

家族葬や火葬式との違いってなに?

一日葬は通夜を省略し、儀式を簡略化したものであるので、ご家族中心の葬儀になることが多いです。

ゆえにご家族中心で行う一日葬は「家族葬」であり「一日葬」であると言えます。

また、簡略化された葬儀としては「火葬式」というものがあります。

火葬式と一日葬は、シンプルな葬儀形式という点では同じです。

しかし火葬式とは、儀式を行わず火葬のみを行う葬儀のことをいいます。

(火葬式ではお寺さんを呼ばないことが多いですが、お寺さんに来ていただき心を込めたお見送りをすることは可能です)

火葬式については過去のブログをご覧くださいね。

(↓過去ブログのリンクです↓)

●直葬(火葬式)も心を込めて〜火葬式でもご要望に合わせられます。

●葬儀のあり方を考える〜色々な葬送があってもいいですよね。

●直葬〜お弔いの心や想いを忘れずに。

 

事前に考えておくこと

「一日葬」というのは比較的新しい葬儀の形であると思います。それゆえ、参列してくれた方々が戸惑う可能性があります。

また、仏教式では通夜を含めた葬儀の儀式を大切にしている宗派ですので、お寺さんによっては受け入れられてもらえない可能性があります。

故人様の生前の意思やご家族様の考えはもちろん重視されるものですが、周りのご親戚の方々やお寺さんに対して、事前に一日葬で行いたい旨をお話しして了解をいただいておくのが望ましいでしょう。

 

一日葬の流れ

一日葬の流れにつきましては通常の葬儀とそれほど変わりません。

しかし通常通夜日に行っている事を葬儀日にしなければならないため、その内容量が多く、忙しいことが予想されます。

事前に流れを把握しておくことでスムーズな対処ができるでしょう。

葬儀の流れや起こりうるお仕事については打ち合わせの段階でご説明させていただきますので、ご安心ください。

故人やご家族の希望があれば、忌憚なくお話しくださいね。

一日葬は、葬儀自体は一日ですが、前日から式場に入り、ゆったりとした空間でご家族で過ごすことも可能です。

 

一日葬のメリットデメリット

費用面のメリットデメリット

一般的な葬儀と比較して、節減できる部分があります。

通夜がないので、夕食や宿泊される方の寝具、さらに次の日の朝食も省略できます。

また、会場使用料も、半額とまではいかないでしょうが軽減できると思います。

しかし祭壇や儀式に関わるもの(お棺やお骨箱など)は一日葬でも変わりません。

一日葬だからといって葬儀費用がきっかり半額になるわけではないことに注意しましょう。

 

労力面のメリットデメリット

労力的(体力的)に負担を軽く済むこともあります。

通夜日の負担がないので、葬儀にかける時間が一般的な葬儀に比べ短くて済みます。

しかし一般的に通夜日に決定する事項を、予め決めておかなければなりません。例えば

・火葬場で召し上がる昼食の数を予め決定しなければならない

・焼香順位、弔電読上順序を予め決定しなければならない

・香典返しの数を予め決定しなければならない

などです。

 

通夜葬儀を一日で行うから色々大変

参列者の立場から一日葬を考えるとどうでしょうか?

一般的な葬儀であれば、通夜か葬儀のどちらかに参列できれば良いのですが、一日葬だとその日しか参列できないことになり、日中忙しい人には参列の都合がつきにくいと思うかもしれません。

逆にご家族ご親戚だけで行う場合には向いている、とも言えます。

 

一日葬を選ぶ目的を今一度考えてみましょう

上記の通り、一日葬には大きなメリットもある一方、デメリットも少なからず存在します。

儀式自体は一日ですが、葬儀前日は式場にてご家族だけでお過ごしいただくということも可能です。

儀式よりもご家族での最後の時間を大切にしたい、という方にもお勧めなのですが、その場合費用的な節減は期待ほどできないかもしれません。

また、二日かけて行う儀式を一日で終わらせるということは、やはり大変な部分もあり、こちらも期待ほど労力の軽減にならない可能性もあります。

お葬式には、故人様との最後のお別れの時間です。一日で終えてしまうと心の整理がつきにくい、ということも考えられます。

 

まとめ

参列者がご家族や近親者のみという場合であれば、一日葬を執り行うことで様々な負担を軽減することができるでしょう。

その一方、弔問に訪れる方が多くいる場合は、参列者の日程調整が難しいことに加え、葬儀後の弔問への対応等を考えると、一般的な葬儀を執り行なった方が良い場合もあります。

状況や条件に合わせた葬儀を執り行うようにしましょう。

また、葬儀は故人様とのお別れの儀式という側面がありつつも、故人様と過ごす最後の時間でもあります。

メリットがある一方でメリットもあります。何を重視し何を省略するのかという事を、ご家族やご親戚とよく話し合い、納得した葬儀の形式を選ぶのが大切ですよね。

 

ご不明な点や聞きたいことがございましたら、ご遠慮なくお問い合わせくださいませ。

どうか皆様にとってよいお葬式ができますように。

新聞のお悔やみ欄〜お悔やみを出されるか迷っている皆さんへ

皆さんこんにちは。

終活応援葬儀社の太田弘文です。

今回は「新聞のお悔やみ欄」についてお話ししたいと思います。

「お悔やみ欄」とは故人様の訃報と葬儀・告別式の場所を一斉にお伝えするために新聞に掲載する記事のことです。

現在、家族葬が主流になり、広くお知らせすることが少なくなりましたが、それでも「訃報をお伝えする」というのは大事なことです。

今回は、お悔やみ欄への掲載方法や費用などについて、逆にお悔やみ欄へ掲載しない方法、そしてお悔やみ欄のメリットデメリットについてご説明します。

※お悔やみ欄についての解釈、取り扱いについては地域差があります。ここでは北海道におけるお悔やみ欄について、そして主に北海道新聞様への掲載を例にご説明します。

 

お悔やみ欄とは

お悔やみ欄とは、故人の訃報と通夜、葬儀等の情報を載せる新聞紙の掲載欄のことです。

我々が目にする地方紙の場合は、その都道府県に在住している地域の方々の訃報が掲載されます。そのため、故人の関係者が新聞のお悔やみ欄をみて、葬儀の日程や場所を確認し参列するケースが多いです。

 

新聞へのお悔やみ欄の掲載方法

葬儀社経由で道新、朝日、読売、毎日など各紙に手配します。

いまだに勘違いされがちなのですが、死亡届を提出したら自動的に掲載されるわけではありません。

あくまでご遺族の意向を確認の上で、葬儀社が手配します。

 

掲載しない方法

お悔やみ欄は、紙面へ掲載することで訃報を一度に大勢の関係者に伝えることができますが、それは逆に言えば、関係者を除いた不特定多数の方々にも個人情報が伝わることを意味します。

そのため、個人情報を紙面へ掲載したことが原因で、ご遺族が想定外のトラブルに巻き込まれる危険性も最近では否定できません。(お悔やみ欄を悪用した詐欺など)

お悔やみ欄には、故人の訃報の他、喪主の氏名・住所が掲載され、葬儀会場や日時も記載されます。

そのため、後日この情報を手掛かりに、喪主になった人が悪質な業者から執拗な勧誘を受けることもあります。

また、葬儀会場やスケジュールを掲載することで、家族が留守になる時間帯が把握され、空き巣被害に遭う危険性もあります。

このような危険性もあることから、自宅のセキュリティに不安のあるご家庭は、故人の訃報や葬儀関係の情報を、お悔やみ欄へ掲載したくない場合もあるでしょう。

 

葬儀終了で掲載する方法

上記のようなトラブルを避けるため、葬儀を済ませた後「葬儀終了」として掲載するというお知らせの方法もあります。

この場合は参列に来てくださいという呼びかけではなく、故人様が亡くなった事と葬儀が既に終わっている事を知らせる目的で掲載するケースが多いです。

掲載の有無はご遺族が判断することです。

事前に葬儀社へお悔やみ欄の掲載をしない旨を伝えておくこともできますし、葬儀終了の掲載の場合も葬儀社で手配できますので、お気軽にご相談くださいね。

 

死亡広告(黒ワク広告)との違い

お悔やみ欄と似た訃報の掲載方法に「死亡広告(黒ワク広告)」というものがあります。こちらも同様に新聞紙面に掲載することで、大勢の故人の関係者へ向けて訃報を伝える効果があります。ただし、双方を比較すると次のような違いがあります。

 

<掲載料>

・お悔やみ欄:無料

・死亡広告:上川版で8万円~(全道版であれば30万~)

※行数によって変動します

<掲載の連絡先>

・お悔やみ欄:葬儀社が各新聞社に申し込み

・死亡広告:広告代理店が各新聞社に申し込み

※広告代理店は葬儀社が手配できます。

<閲覧性>

・お悔やみ欄:新聞の中ほどにあるので、見逃す可能性が高い

・死亡広告:テレビ欄の裏側の下段にあり(北海道新聞の場合)、比較的目立ちやすい。

 

出すか出さないか?~掲載を迷った時は

掲載にあたっては、確かにメリットデメリット両方あります。

掲載を迷った時は、掲載する事をオススメしています。理由は以下の通りです。

 

過去に葬儀を出した家は、お悔やみ欄をよく見ます。

これは葬儀を経験された方ならお分かりだと思うのですが、葬儀を出した後、お悔やみ欄をよく見てしまいます。

お悔やみ欄を眺め、気に掛かる名前があれば香典帳を見返して、自分たちの葬儀の時にお香典をいただいた方ではないかとチェックするのです。今でもお悔やみ欄は近隣の人、町内会、友人知人にとっては重要な情報源なのです。

香典をいただいたのであればお返ししなければ、という「不義理があってはならない」という思いですね。

 

故人の交友関係を完全に把握していないのであれば、掲載した方がいいかも知れません。

ご家族の皆様が、故人様の交友関係を完全に把握していれば良いのですが、息子さんや娘さんが遠方に住んでいると、交友関係について知らないことが意外に多いものです。

かつての職場関係の繋がりやご近所の友人たち、ご町内での活動、趣味の仲間たちなど。

掲載をしないことによって連絡が行き届かなく、不義理をしてしまう可能性があれば、掲載して広くお知らせする方が良いかも知れませんね。

 

掲載しない方が良い場合とは?

我々の方から「掲載を見送っては」とアドバイスする場合もあります。

上記の通り、お悔やみ欄の掲載にあたっては故人の住所が記載される訳ですが、現住所が故人宅ではないケースもあるのです。例えば故人が長年住んでいた自宅を処分し、施設に入所した場合などです。

施設の住所でお悔やみ欄を掲載すると、「名前は知っている〇〇さんだけど、住所が違うなぁ…同姓同名の人かしら」というケースも考えられますし、あるいはそこの住所に後日弔問に行ったとしても、施設に故人のご家族がいるわけではありません。(施設の職員の方も困惑するかもしれません)

ですので、故人様とそこの住所の関連性が薄いのであれば、掲載を見送っても良いかもしれませんね。

まとめ

いかがでしたか?

故人の訃報を関係者に伝える場合、現在では電話連絡やメールやSNSによる方法もありますが、大勢の方々へ一度に伝えるためには限界があります。

そのため、新聞紙面への掲載で一度に多数の関係者に訃報を伝えられることは、遺族として非常に助かります。

ただし、一方で故人の訃報に関係する掲載方法によっては、個人情報が特定され遺族が予想外のトラブルに巻き込まれる危険性も否定できません。遺族はこの危険性も踏まえて、お悔やみ欄へ掲載するかどうかを良く話し合って判断しましょう。


葬儀の流れ

  • ご臨終(病院)
    死亡診断書を医師に作成してもらい、受け取って下さい。
  • 連絡・搬送
    葬儀社へ連絡。(当社は24時間体制です)
  • ご自宅
    斎場での御安置も可能ですので、ご希望の方はお申し付け下さい。
  • 打ち合わせ
    ・喪主様の決定 ・葬儀準備・日程については当社担当者にご相談下さい。
  • 湯灌・納棺
  • 式場へ移動
    故人を会場へご移動致します。
  • お通夜
    当社担当者と式前の打合わせを行います。
  • 葬儀・告別式
    当社担当者と式前の打ち合わせを行います。
  • 出棺
    喪主様はお見送りの方にご挨拶をします。
  • 火葬場
    火葬場祭壇にお供えする仏花・供物は当社にて手配致します。
  • 収骨
    骨上げは火葬場職員の指示に従って行います。
  • 骨上げ法要
    初七日、三十五日、四十九日の法要を取り越して行い、「忌中引き」と呼ばれる精進落としを行います。
  • ご自宅
    後飾り壇は当社にて準備致します。

弘善社では初めてでも安心、
葬儀のトータルサポートをご提供しますTOTAL SUPPORT

まずは「あんしん弘善の会」へご入会下さい。

葬儀に関することならなんでもお問い合わせください。
『目からウロコ!』『安心して納得』という声が、皆さまから本当にたくさん頂いております。

式場

ファミリー葬(家族葬)に、3会場をご用意しております。

安置室ございます

ご遺体は当社安置室へいつでもお受け致します。

送迎バス

ご利用ください。ご不便はおかけ致しません。ご町内の方々の送り迎え致します。


「葬儀役員代行」お手伝いさせていただきますNEWS

  • 葬儀委員長代行
  • 会 計
  • 接待・賄
  • 司 会
  • 受 付
※葬儀役員代行は有料サービスとなります。

中央斎場-交通アクセスACCESS

GoogleMap

斎場までご案内、便利なGoogleの地図機能

初めて当社の斎場にお越しの方、スマートフォンをお持ちであれば是非Googleの地図機能「Googleマップ」をご利用下さい。

Googleマップは現在位置から目的地までのルート検索はもちろん、回りの交通状況もリアルタイムで把握し、あなたをスムーズに斎場までご案内。音声ガイド機能も付属しているのでカーナビとしてもご利用いただけます。

Googleから「弘善社」を
キーワード検索後、地図機能を展開する
ストアから「Googlemap」アプリをダウンロード。
アプリから地図を展開する