サービス案内SERVICE

弘善社の思いHEART

お葬儀を施行させていただくことを通じて、終活に関わる不安なことを解消するお手伝いをするのが私たちの目的です。
お葬儀に関する「不安」を「安心」に

お葬儀を施行させていただくだけが私たちの仕事ではありません。お葬儀にまつわる「不安」を「安心」に。

お葬式の前のことも、あとのことも

お葬儀のことを考えると、お葬式以外のことも不安になりますよね。地元のよきパートナーとして、永いお付き合いを大切にしていきます。

まじめに誠実に

お葬儀の全ての過程において、まじめさを大事にし、ご遺族様の信頼に対して誠実に対応させていただきます。

弘善社が大事にしたいこと(葬儀の特徴)FEATURE

安心できる葬儀

「不安」や「わからないこと」ってたくさんありますよね。私たちが考える「安心できるお葬儀」というのは、ご遺族が安心していただける人間が施行するお葬儀だと考えています。ご家族の不安というのは、大抵は漠然としがちですよね。その漠然としたものは伝えにくいものです。 なかなかお葬式のイメージが湧かなかったりします。また、宗教的な言葉が出てくると、余計にわかりにくくなりますよね。
弘善社では、ご遺族様が言語化しにくい要望や不安なことを、お話を伺う中で汲み取り、提案をさせていただきます。
ご家族様に寄り添って信頼されるよう日々精進しながら、仕事にあたっております。

こだわりの葬儀

ご家族様の希望に沿った施行を心掛けています。大切な人を大切に送る。そんなお葬儀を目指しています。
ご家族様の希望を汲んだ提案をさせていただくに、「故人様はどんな考えであったのか」「故人様はどんなお人柄であったのか」「ご家族様はどんな希望なのか」など様々な想いを私たちにお聞かせ下さい。
御逝去されてからお葬式まで、時間に限りはありますが、限られた時間の中で、納得いくまでお話を聞かせていただきます。

適正な価格を

勧誘営業はしておりません。斎場は1カ所だけです。過度な営業経費はかかっておりません。
このメリットを活かした良心的な適正価格でお葬儀を施行させていただきます。

弘善社が考える「終活」END OF LIFE PLANNING

葬儀社がなぜ終活?と思われるかもしれません。しかし、お葬儀の事を考える、ということは広い意味で「終活」を考えることなのだと考えております。
終活で大事な事とは、何でしょうか….?終の住処、終末期医療、遺言、相続、お寺さんのこと、お墓のこと、そしてお葬儀。共通して言えるのは、「生前の意思を遺すこと」なのですね。
「お葬儀」自体は、してしまうとそこで形式としてはお終いです。ですが、形式としてのお葬儀を終えてから皆様の大切なご家族には、すべきことがいくつかあるのです。皆様がいつか迎えるその時になってご家族が慌てたり困ったりしないために、今のうちから「安心」していただくために。弘善社は葬儀を中心に「終活」を考え、全力でサポートさせていただきます。

よくあるご質問QUESTION

家族葬ってどんな葬儀ですか?

・はっきりとした定義はありません。本当に数人での家族葬もあれば、故人様からみて、お子さん、お孫さん、ご兄弟を含めたご親戚でのご葬儀、あるいは故人様の友人・知人まで会葬される家族葬もあります。

家族葬でいくらぐらいかかるのですか?

・上記の通り、家族葬といえどもひとくくりには出来ません。また、人数によって変わる部分も多いです。詳細をお聞かせ下されば大まかな金額を提示できますので、是非お問い合わせくださいませ。

自宅に安置できないのですが...

・当社の斎場に「安置室」をご用意しておりますので、斎場でのご安置が可能です。

夜中でも対応してくれるのでしょうか?

・当社は24時間体制で対応させて頂きますので、どうぞご安心下さい。

お寺さんを紹介してくれますか?

・檀家のお寺さんがなければ、当社にてご紹介させていただきます。

仏教以外のお葬式もしてくれるのですか?

・キリスト教、神式など全宗旨対応しております。

弘善社の会員制度に入らないとダメなのでしょうか?

・そんなことはございません。会員以外でも是非お声かけ下さいませ。

他の葬儀社の会員制度に入っているのですが?

・特に問題になることはございません。お困りのことがございましたら、お問い合わせ下さいませ。

お知らせNEWS

NEW

直葬(火葬式)も心を込めて〜火葬式でもご要望に合わせられます。

皆さんこんにちは。

 

以前、直葬(火葬式)について記事を書きました。(2018.12.8 「直葬〜お弔いの心や想いを忘れずに」)

「直葬とは?」「直葬が増える背景」「直葬の流れ」「直葬の問題点」「直葬の費用」などを書いてみたのですが。

今回はもうちょっと掘り下げて書いてみたいと思います。

 

●火葬式を選択する背景

火葬式を選択する背景から考えてみたいと思います。それぞれのご家庭でそれぞれの事情があるのですが、

・費用的に抑えたい

・身寄りがない

・葬儀をしなくても良いと考える

などが多いのかな、って思います。

様々な事情があろうかと思います。火葬式の良い所も勿論ありますが、デメリットもあるものです。以下のことをぜひお考えください。

 

●火葬式の問題点

・全て省略されたお見送りのため、十分なお別れができなかったと感じることがある。

・故人と過ごせる時間はそんなに多くはない。

もう少し細かく説明しますね。

 

①親族の理解を得る必要がある 

火葬式は、多くの方がイメージされる一般的な葬儀とは異なります。そのため、後日トラブルにならないように、家族間の理解だけではなく、親族に対して火葬式を行う旨をしっかりと伝え、理解を得ておくのが無難です。

まずはどんな葬儀、どんなお見送りをするのか、事前に家族だけではなく親族間で話し合った方が良いでしょう。

②参列を希望される方への配慮が必要

火葬式は基本的に身内のみで行うため、葬儀に参列できなかったことを悔やまれる方がいるかもしれません。また「ご逝去されたという事実」はいずれ知れてしまうものです。後日どのようにお知らせするのかを考えておいた方が良いでしょう。

③菩提寺へ納骨できない可能性がある

一般的に、菩提寺がある場合は、仏教の考えに基づいた葬儀を行い、仏弟子になった証として戒名を授けられます。ですので火葬後に戒名をもらおうとしても、お寺さんに断られるケースがあります。

菩提寺には火葬式を行うことを事前に伝え、理解を得ておかないと、宗教的儀式を省いた直葬を行ったことにより関係を損なう可能性があります。場合によっては、菩提寺への納骨を断られるケースもありますので、事前に相談しておくようにしましょう。

今後のお付き合いのことも念頭に入れておいた方が良いですね。

 

●弘善社の考える「火葬式」とは

当社では、火葬式でも儀式の一つとして捉え、心のこもった「お見送り」を心掛けております。

火葬式といえどもご家族の想いは多種多様。ご要望もあろうかと存じます。火葬式を行うにしても、事前にお気軽にご相談ください。

火葬式のメリットもありますが、同時にデメリットもあります。弘善社では、起こりうる問題に対して、アドバイスさせていただきます。

 

●火葬式でもご要望に合わせられます

お通夜、葬儀を行わない、シンプルな形式の「火葬式」ですが、限られた時間の中でも、ご家族の要望に合わせて手配できるものもございます。

・読経の手配

「お通夜、葬儀の読経までは希望しないが、出棺前の読経だけはお願いしたい…」とのご希望があれば、当社にてお寺さんを手配させていただくことも可能です。

・その他、火葬場でのお食事や、お香典返しなどを別途手配することも可能です。

 

●「一日葬」(ワンデイセレモニー)のご提案

「故人様と過ごす時間をゆっくりもうけたい」「家族だけではない他の親戚も集まりたい」と希望される方も多いです。

火葬式で行った場合、お別れの時間が短いため、「見送った実感が湧かない」と感じる方も多いように思います。

「一日葬」とは、お通夜を行わず、火葬と同日に葬儀を行う葬儀のことです。本来2日間かけて葬儀を行うものを一日で行うので、節約できる費用も多いです。また、ご高齢のご家族への身体的負担や、遠方から来られるご親戚の負担も軽減できることが特徴です。

「通夜、葬儀の2日間の葬儀ではスケジュール的に難しい」「でも火葬式では寂しい気持ちも…」とお考えの方は、ぜひ「一日葬」をご検討してみてはいかがですか?

当社の費用の部分やホームページも修正する予定です。「火葬式」についてより分かりやすく提案できるようにいたしますので、ご期待下さいね。

葬儀事前相談〜さて何を相談しよう?

皆さんこんにちは!

先日のご案内の通り、4月15日に当社斎場におきまして葬儀事前相談を開催させていただきました。

SNSで告知をしたところ、知人のSさんが来てくれました!

知人のSさん。 Sさんとは色々な繋がりがあり、ご縁を感じています。

葬儀の事前相談といっても、相談内容は様々です。

Sさんはボクと同年代。まだ若いです。

なので、お話しの内容は「葬儀」というよりも「終活」のお話をさせていただきました。

 

具体的に言うと、

「生前しておいたほうがよいこと」

「逝去後にしなければならないこと」の二つです。

 

「生前にしておいたほうがよいこと」については、過去ブログ記事「ご逝去される前に、事前にある程度考えておいたほうがよいこと」を参照してくださいね。

 

とはいっても、やはりそれぞれ皆さんの事情によって、考えるべきことは違いますよね。

具体的には、家族構成、檀家寺の有無、納骨先の有無などによって事情は変わってくるのです。

特に大事なのは「家族構成」だと思います。

 

ご夫婦だけの世帯、あるいは子どもがいても同居していなく、遠方に住んでいる世帯。

それは「おひとりさま」予備軍と言えるのです。

ボク自身、おひとりさまには「おひとりさま専用の終活」があると考えています。

 

伴侶に先立たれ、もし一人になった時。

元気なうちは良いのです。

 

もし、足腰が弱くなってきたら…

もし、判断能力に衰えがでてきたら…

身の回りの世話は自分で出来るでしょうか?

家事やお買い物や炊事洗濯…

自分で出来なければ、誰にお願いしますか?

 

それらを考えるのが「おひとりさまの終活」です。

(おひとりさまの終活についてはまた後日ブログにしたいと思います)

 

さて、今回お話していて思ったのは、終活の目的は

「亡くなることを考えることではなく、生きている今をよりよく生きること」

を考える事だと改めて感じました。

と言う事で、Sさん、どうもありがとうございました!

またきて下さいね~

いよいよ新学期〜PTA始動です!

みなさんこんにちは!

小中学校の新学期が始まって約一週間ですね。

来年で開校40周年を迎える校舎です。

4人いる子どもの3番目、長男が今年小五になりました。

去年からPTA役員をお手伝いさせていただいております。

 

今日は会社にて朝礼を終わらせた後、一日じゅう小学校にいました。
参観日からの学年懇談→PTA総会→PTA五役会そして最後は校長室にて談話でした。

校長先生直筆のポスター。素晴らしいです。 校長先生自らコーヒーを淹れて下さいました。

 

もろもろ打ち合わせざんまいでしたが、「学校のことを考える」ということは「子どもたちのみならず地域のことを考える」ことだと思うのです。

子どもたちのため、地域のため。

先生方や父兄のみなさん、そして地域の方々や地域の企業さん、皆さんと手を取り合いながら、良い方向に進めればなぁ、と思った充実した1日でした。


葬儀の流れ

  • ご臨終(病院)
    死亡診断書を医師に作成してもらい、受け取って下さい。
  • 連絡・搬送
    葬儀社へ連絡。(当社は24時間体制です)
  • ご自宅
    斎場での御安置も可能ですので、ご希望の方はお申し付け下さい。
  • 打ち合わせ
    ・喪主様の決定 ・葬儀準備・日程については当社担当者にご相談下さい。
  • 湯灌・納棺
  • 式場へ移動
    故人を会場へご移動致します。
  • お通夜
    当社担当者と式前の打合わせを行います。
  • 葬儀・告別式
    当社担当者と式前の打ち合わせを行います。
  • 出棺
    喪主様はお見送りの方にご挨拶をします。
  • 火葬場
    火葬場祭壇にお供えする仏花・供物は当社にて手配致します。
  • 収骨
    骨上げは火葬場職員の指示に従って行います。
  • 骨上げ法要
    初七日、三十五日、四十九日の法要を取り越して行い、「忌中引き」と呼ばれる精進落としを行います。
  • ご自宅
    後飾り壇は当社にて準備致します。

弘善社では初めてでも安心、
葬儀のトータルサポートをご提供しますTOTAL SUPPORT

まずは「あんしん弘善の会」へご入会下さい。

葬儀に関することならなんでもお問い合わせください。
『目からウロコ!』『安心して納得』という声が、皆さまから本当にたくさん頂いております。

式場

ファミリー葬(家族葬)に、3会場をご用意しております。

安置室ございます

ご遺体は当社安置室へいつでもお受け致します。

送迎バス

ご利用ください。ご不便はおかけ致しません。ご町内の方々の送り迎え致します。


「葬儀役員代行」お手伝いさせていただきますNEWS

  • 葬儀委員長代行
  • 会 計
  • 接待・賄
  • 司 会
  • 受 付
※葬儀役員代行は有料サービスとなります。

中央斎場-交通アクセスACCESS

GoogleMap

斎場までご案内、便利なGoogleの地図機能

初めて当社の斎場にお越しの方、スマートフォンをお持ちであれば是非Googleの地図機能「Googleマップ」をご利用下さい。

Googleマップは現在位置から目的地までのルート検索はもちろん、回りの交通状況もリアルタイムで把握し、あなたをスムーズに斎場までご案内。音声ガイド機能も付属しているのでカーナビとしてもご利用いただけます。

Googleから「弘善社」を
キーワード検索後、地図機能を展開する
ストアから「Googlemap」アプリをダウンロード。
アプリから地図を展開する