先日ようやく「ボヘミアンラプソディ」を観に行ってきました。

Queenの名曲がそのまま題名になった映画です。

Queenは1973年にデビューしているので、ボクの生まれた年とほぼ前後します。

ということは、リアルタイムでは知らない訳なのですが、その数々の名曲は、聴いたことのあるものばかりです。

Queenのリードボーカル、フレディ・マーキュリーを中心とした内容の映画でした。

 

「Somebody to Love」がオープニング。

その時点でウルウルです。

 「Killer Queen」そして題名の「Bohemian Rhapsody」や「 We will Rock You」とファンではなくとも一度は聴いたことがある往年の名曲オンパレード!

かの有名なライブエイドの映像ではもうボロボロ(泣)……

 

印象に残ったのはフレディが自身の病気をメンバーに告白し、「I decide who I am!」と話すシーン。

「自分が何者かは自分で決める!」とは発症した病気のことに対する世間の見方のことのみならず、自身の出自(ペルシャ系インド人)からくる「覚悟」のように感じました。

 

 

さて、数日queenが頭から離れなくなり、サントラCDを買っちゃいました。

ちょっとケチって輸入盤を買ったのは内緒です!