こんにちは。

旭川で葬儀社を営んでおります、(株)弘善社の太田弘文です。

当社では、「葬儀」を軸として、皆さんの「終活」の支援を行なっております。

少しずつ、分かりやすく、旭川の葬儀・終活事情について情報発信しております。皆さんのお役に立てれば幸いです。

 

さて、当社の斎場ですが、平成15年に斎場がオープンして15年が経過しました。

設備関係の修繕をしながら、綺麗さを保つよう手をかけています。

当社の清掃は、業者さんに任せるのではなく、ほぼ自分たちで行なっております。

自分たちでできることは自分たちで、という思いと、清掃しながら修繕箇所も発見できるので、やはり全て業者さん任せにしたくはない、という思いもあります。

 

ところで、斎場選びのポイント、っていくつかあると思うんですけど、皆さんはどのように選びますか?

 

<斎場を選ぶにあたって多い理由>

○自宅が近い

○そこの葬儀社の会員だから

 

と言う理由が多いのかな、って思います。

それは決して間違いではないのですが、ちょっと待ってください。

ボクが重視して欲しいポイントは、また別にあるのです。

それは、

 

・ホスピタリティ

・火葬場が近いこと

・安置場所の有無

・駐車場の大きさ

などなんです。

ボクの妻の手作りのオブジェです①

 

<ボクが重視して欲しいこと>

○ホスピタリティ

 

斎場の施設の中で、葬儀式場(実際にお通夜・葬儀を行う部屋)を重視される方が少なくありません。町内会館や地域の住民センターはもとより、葬儀社さんの斎場でもそのようなことが見受けられます。

でも、実際に葬儀式場にいる時間というのは、お通夜1時間、葬儀1時間の合計2時間しかいないんです。

それよりも、控室、食堂、お着替えをされる部屋、ロビーなどで過ごす時間が圧倒的に多いのです。

ということは、そこで過ごす時間を快適に過ごせるか、ということを重視してほしいな、と思うのです。

ボクの妻の手作りのオブジェです②

 

○火葬場が近いこと

旭川の火葬場(旭川聖苑と言います)って、どこにあるかご存知ですか?

旭川の火葬場は東旭川にあります。旭山動物園の右側に行ったところ、と言えばイメージし易いでしょうか?

現在、旭川市における葬儀の読経開始時刻は、午前9時が一般的です。常時稼動の火葬炉は13炉です。

旭川聖苑は事前予約制ではなく到着順の火葬です。ということは、14番目以降の火葬はどうなるかというと..….1番目の方が終わるまで待たなければならないのです。

現在死亡者数の増加により、1日あたり20件以上の火葬も珍しくありません。

例えばその日旭川市内で20件の火葬があり、市内の各斎場が同じ9時読経開始で到着順の火葬だとすれば….

近い斎場の方が早く到着する(つまり待たされない)のは明白ですよね?

「火葬場から近いこと」をお勧めする理由はもう一つあります。

皆さんが火葬場に行く時の霊柩バスですが、タクシーと同じように距離によって料金が違うのです。

ということはやはり近い方がいいですよね。

ちなみに当社の斎場は、比較的火葬場から近いですよ!

ボクの妻の手作りのオブジェです③

 

○安置場所の有無

かつては病院でご逝去された後、ご自宅に連れて帰り御安置するのが一般的でした。

ただ現在は様々な理由により、ご自宅に安置しない(できない)場合が多いです。

(ご近所に知られたくない、部屋が狭い、玄関が狭くお棺が入らない、施設入所時に自宅を処分してしまった等)

そこで病院から斎場に直接入られる場合が増えているのですが、全ての斎場で対応してくれるとも限らないのです。

ですので、

 

・斎場に安置場所はあるのか?

・24時間体制で受け入れてくれるのか?

 

は事前に確認されておいたらよろしいかと思います。

当社の斎場は24時間体制で受け入れ可能です。

 

○駐車場の大きさ

クルマ社会の旭川では、ひとり一台でお参りに来ることが多いです。家族葬といえどもご親戚のおクルマが20台以上になることも珍しくありません。一般葬ならなおさらです。

数台しか止められない斎場ならば駐車に苦労しますよね?

 

さて、いかがでしたでしょうか?

ボクが特に重視してほしいと思うのは、やはり「ホスピタリティ」つまり「おもてなしの心」です。

通夜・葬儀の2日間といえども、ご家族の方が安心してゆったりできる斎場が良いですよね。

もし葬儀のご相談をされるのであれば、斎場も見学させてもらったらいいと思います。

当社の斎場も随時見学を受け付けておりますので、お気軽にご連絡くださいね。