こんにちは。

旭川で葬儀社を営んでおります、(株)弘善社の太田弘文です。

当社では、「葬儀」を軸として、皆さんの「終活」の支援を行なっております。

少しずつ、分かりやすく、旭川の葬儀・終活事情について情報発信しております。皆さんのお役に立てれば幸いです。

 

さて、月末に忙しくなり、加えて降雪量も多く、除雪作業に追われる数日間でした。

31日になってようやく少しゆっくりできる時間ができました。

今日は年始に社員さんに向けてお話しすることや今年度の反省、業界紙の2019年展望などを読んでいました。

今年も色々なことがありました。
良いこともそうではないことも。
ここにきて思うのは、自分の身の周りに起きたことは全て「必然」だということです。

良いことも「必然」

そうではないことも「必然」

必然に起きたことをどう捉えるか?
良いように捉えるか、悪いように捉えるかは全て自分自身の「心の在りよう」だと思います。

去年から今年にかけて、「関係性」というテーマで取り組んできました。来年も継続しますが、さらに心の「在り方」「捉え方」について深く取り組んでみたいと思います。

本年も多くも皆様にご縁をいただきました。

そして皆様に助けていただいた一年でありました。

そのご縁全てに感謝感謝です。

来年も宜しくお願い致します。
皆さん良いお正月をお迎えください!