皆さんこんにちは!

 

2月16日、17日の日程で、「シニアライフカウンセラー養成講座」の講師を務めてきました。

 

今回は初級講座。ボクの担当は「終活と葬儀後手続き」「葬儀」「エンディングノート」でした。

 

この講座の講師を務め始めてまる2年が経過しました。

ご縁をいただいた講師陣の皆さん、これまで受講していただいた皆様には感謝しかないです。

 

2年を通して思うこと……

それは「やはり葬儀社が葬儀だけを考えていてはダメなんだな」ということです。

葬儀とは生前と逝去後のちょうど間に位置するものですが、「生前に考えておくこと」「逝去後に考えなければならないこと」そして「ご家族に想いを残すこと」はそれぞれやはり大事なことなのです。

 

ならば葬儀社の立場としてお伝えすることが、ご家族のためになると、2年を通して確信しました。

これからもこの講座やセミナー、斎場での相談会・見学会を通して「ご家族に想いを残すこと」の大事さを伝えていきたいです。

 

それにしてもこういった「学びの場」は良いものですね。ボクは今回講師の立場でしたが、学ぶ側で場に参加することも大好きです。

学んでいただいた皆さんの活躍の場が広がればなぁ、なんて思いました。

 

3月は中級講座、4月は上級講座があります。連続受講してくださる方も多いかも知れません。

より良い講義ができるよう頑張ります!