昨日は社員全員での全体会議を行いました。

なんたって新しい年度!

 

お仏花についても協議しました!

先月まで社員さんひとりひとりと面談をさせていただきました。そこで個別に話を聞くことができ、良い時間をもうけることができました。

さて、今回の全員での全体会議の目的は…今後の課題に対する意思統一です。

私が喫緊の課題と捉えているのが、「社員教育」です。

「弘善社の良いところ」「弘善社の価値」と聞かれた時に、私は即座に「社員さん一人一人の存在です」と答えられます。

当社は葬儀社です。一つの葬儀を施行させていただき、その対価としてお金をいただいております。

決して「モノを売る」お仕事ではありません。

ということは、弘善社を信用、信頼していただく、もっと言うならば葬儀の担当をさせていただく当社社員を信用、信頼してもらって、お葬儀を施行しお金をいただいているのです。

と言うことはやはり

 

弘善社の価値=社員さん一人一人の総力なのです。

 

社員さん一人一人の能力向上、底上げこそが最も力を入れなければならないことなのです。

また、会社の目標達成には社員さんの協力、さらには目指す方向を一つにする意思統一が大事だと思うんですよね。

社長である私一人では成し遂げられないのです。

当然社員さんの協力が必要であるともお話ししました。

 

さて、間も無く平成という時代が終わり、令和の時代ですね。

時代が変化しても、私たちが取り組むべきこと、ご遺族の方々に寄り添い葬儀を行うことは不変です。

これからも旭川市で必要とされる葬儀社でありたいと思いました。