ボクのブログでたまに発信する「エクスマ」。

「エクスマ」についてはリンクを参照してもらうと致しまして。

「エクスペリエンス・マーケティング」の名の通り、ビジネスセミナーではありますが、その根幹は「人柄を大事に」「つながりを大事に」という、社会や人間関係において最も大事なことを学ぶことのできる場だと思っています。

 

それにしても、エクスマに触れるのは4ヶ月ぶりでした。

久しぶりにエクスマ塾91期の同期メンバーにも会うことができました。

去年卒業したエクスマ塾91期の同期メンバーと。 12人中6人が集まることができました。

 

それでも久しぶり感がないのはSNSのおかげです。

しばらくぶりにエクスマに触れると、学び始めた当初の初心に戻れます。

師匠の藤村先生の仰ることの根幹はいつも同じ。

考え方は変わっても、根幹の部分は変わらない。そんな気がします。

 

「才能がある人より、人柄のいい人がビジネスで成功しやすくなります。どんなに才能があっても、人を上から見下すような人、他人の好き嫌いがある人は、結局孤独になります。孤独な人が成功する時代ではありません。」

 

「自分のことだけを考える人、あるいは自分たちの利益だけを考える会社などは社会の流れから浮いていきます。自分、会社がそれぞれ持っている良いところを広く社会のために役立てていこうと思うことが大事。そういう人や会社には必ず仕合わせが返ってくる」

 

「僕たち大人は、若者の希望にならなければ。安定じゃなく、好きなこと。利益じゃなく、楽しいこと。そういう若者も増えているように思える。とてもいい流れです。若い人たちに期待して応援しましょう。」

 

僕らはエクスマを学びながらも生き方を学んでいる。いつもそう思います。

さて、来月5月から始まるエクスマ北海道塾はまだ空席があるようです。

ご興味のある方はいかがですか?