みなさんこんにちは。旭川の終活応援葬儀社、弘善社の太田です。

今回は「一日葬」についてお話ししたいと思います。

メリットやデメリットも含めて詳しくご説明させていただきますね。

 

一日葬とは?

通夜を行わず、葬儀・告別式から火葬までを一日で行う式のことです。

一般的なお葬儀では、通夜を行い、翌日に葬儀・告別式を行います。

2日間かけて行う一般的なお葬儀に対して、一日葬は通夜を省略し、葬儀・告別式のみ行う儀式です。

通夜を行わないということ以外は一般的なお葬式と同じです。

・火葬式(直葬)のみではしのびない

・費用や時間を抑えたいがお寺さんの読経はしてもらいたい

などの理由で一日葬を選択される方が多いようです。

また、通夜日の儀式を行わないため、お時間の取れない方や体力的な負担を軽減したい方にお勧めできます。

儀式自体は一日ですが、前日は式場にてご家族だけでお過ごしいただく、ということも可能なので、儀式よりもご家族での最後の時間を大切にしたい、という方にもお勧めです。

 

家族葬や火葬式との違いってなに?

一日葬は通夜を省略し、儀式を簡略化したものであるので、ご家族中心の葬儀になることが多いです。

ゆえにご家族中心で行う一日葬は「家族葬」であり「一日葬」であると言えます。

また、簡略化された葬儀としては「火葬式」というものがあります。

火葬式と一日葬は、シンプルな葬儀形式という点では同じです。

しかし火葬式とは、儀式を行わず火葬のみを行う葬儀のことをいいます。

(火葬式ではお寺さんを呼ばないことが多いですが、お寺さんに来ていただき心を込めたお見送りをすることは可能です)

火葬式については過去のブログをご覧くださいね。

(↓過去ブログのリンクです↓)

●直葬(火葬式)も心を込めて〜火葬式でもご要望に合わせられます。

●葬儀のあり方を考える〜色々な葬送があってもいいですよね。

●直葬〜お弔いの心や想いを忘れずに。

 

事前に考えておくこと

「一日葬」というのは比較的新しい葬儀の形であると思います。それゆえ、参列してくれた方々が戸惑う可能性があります。

また、仏教式では通夜を含めた葬儀の儀式を大切にしている宗派ですので、お寺さんによっては受け入れられてもらえない可能性があります。

故人様の生前の意思やご家族様の考えはもちろん重視されるものですが、周りのご親戚の方々やお寺さんに対して、事前に一日葬で行いたい旨をお話しして了解をいただいておくのが望ましいでしょう。

 

一日葬の流れ

一日葬の流れにつきましては通常の葬儀とそれほど変わりません。

しかし通常通夜日に行っている事を葬儀日にしなければならないため、その内容量が多く、忙しいことが予想されます。

事前に流れを把握しておくことでスムーズな対処ができるでしょう。

葬儀の流れや起こりうるお仕事については打ち合わせの段階でご説明させていただきますので、ご安心ください。

故人やご家族の希望があれば、忌憚なくお話しくださいね。

一日葬は、葬儀自体は一日ですが、前日から式場に入り、ゆったりとした空間でご家族で過ごすことも可能です。

 

一日葬のメリットデメリット

費用面のメリットデメリット

一般的な葬儀と比較して、節減できる部分があります。

通夜がないので、夕食や宿泊される方の寝具、さらに次の日の朝食も省略できます。

また、会場使用料も、半額とまではいかないでしょうが軽減できると思います。

しかし祭壇や儀式に関わるもの(お棺やお骨箱など)は一日葬でも変わりません。

一日葬だからといって葬儀費用がきっかり半額になるわけではないことに注意しましょう。

 

労力面のメリットデメリット

労力的(体力的)に負担を軽く済むこともあります。

通夜日の負担がないので、葬儀にかける時間が一般的な葬儀に比べ短くて済みます。

しかし一般的に通夜日に決定する事項を、予め決めておかなければなりません。例えば

・火葬場で召し上がる昼食の数を予め決定しなければならない

・焼香順位、弔電読上順序を予め決定しなければならない

・香典返しの数を予め決定しなければならない

などです。

 

通夜葬儀を一日で行うから色々大変

参列者の立場から一日葬を考えるとどうでしょうか?

一般的な葬儀であれば、通夜か葬儀のどちらかに参列できれば良いのですが、一日葬だとその日しか参列できないことになり、日中忙しい人には参列の都合がつきにくいと思うかもしれません。

逆にご家族ご親戚だけで行う場合には向いている、とも言えます。

 

一日葬を選ぶ目的を今一度考えてみましょう

上記の通り、一日葬には大きなメリットもある一方、デメリットも少なからず存在します。

儀式自体は一日ですが、葬儀前日は式場にてご家族だけでお過ごしいただくということも可能です。

儀式よりもご家族での最後の時間を大切にしたい、という方にもお勧めなのですが、その場合費用的な節減は期待ほどできないかもしれません。

また、二日かけて行う儀式を一日で終わらせるということは、やはり大変な部分もあり、こちらも期待ほど労力の軽減にならない可能性もあります。

お葬式には、故人様との最後のお別れの時間です。一日で終えてしまうと心の整理がつきにくい、ということも考えられます。

 

まとめ

参列者がご家族や近親者のみという場合であれば、一日葬を執り行うことで様々な負担を軽減することができるでしょう。

その一方、弔問に訪れる方が多くいる場合は、参列者の日程調整が難しいことに加え、葬儀後の弔問への対応等を考えると、一般的な葬儀を執り行なった方が良い場合もあります。

状況や条件に合わせた葬儀を執り行うようにしましょう。

また、葬儀は故人様とのお別れの儀式という側面がありつつも、故人様と過ごす最後の時間でもあります。

メリットがある一方でメリットもあります。何を重視し何を省略するのかという事を、ご家族やご親戚とよく話し合い、納得した葬儀の形式を選ぶのが大切ですよね。

 

ご不明な点や聞きたいことがございましたら、ご遠慮なくお問い合わせくださいませ。

どうか皆様にとってよいお葬式ができますように。