皆さんこんにちは。

先日、札幌で同業者の会議と研修会がありました。

研修会の内容は「働き方改革」についてでした。

 

葬儀社全般の「働き方」に対する意識は、決して高いとは言えません。

今回の「働き方改革関連法案」についても、何か抜け道はないか、と言いだす人もいたりします。

業界の団体なら、本来は率先して「働き方」を考えならなければならない、と思うのですが…

 

葬儀社は365日、24時間体制が「当たり前」という意識が今でも根強くあります。

その「葬儀社だから当たり前」という意識に甘んじている部分はあると思うのです。

「葬儀社だから休みが不定期」とか、「葬儀社だから休めない」とか…

当社でも年々少しずつ改善していますが、まだまだ十分とは言えません。

 

ちなみに、今回の関連法案では、

・時間外労働の上限規制の導入

・有給休暇5日の取得義務化

がよく記事にされております。

 

しかし個人的に思うのは、本当の働き方改革とは「皆が働きやすい環境を整えること」では?と感じます。

今の少子高齢化を起因とする働き手の減少という傾向を考えると、多様な働き方があってもよいと思うのです。

これは雇用形態(正社員・アルバイト)だけの話ではありません。

一人の人間が複数の会社に所属したり、会社に所属する一方で個人事業主として働いてもよいと思います。

また、働くことが大好きで、1日10時間働きたい人もいるでしょう。逆に3時間だけ働きたい人もいるでしょう。

そんな働き方を許容する社会が求められているのでは?と思います。

 

どちらにしても、「働き方」を考える転換期に来ているのは確かだと思うのです。

 

今日は私の独り言のようなブログになってしまいました。

最後までお読みくださり、ありがとうございます。