こんにちは。(株)弘善社の太田弘文です。

世界各地で感染が拡大している新型コロナウイルス感染症により、お亡くなりの皆様に謹んでお悔やみ申し上げますとともに、引き続き闘病中の皆様に心よりお見舞い申し上げます。

当社では、新型コロナウイルスの感染拡大防止の観点から、ご遺族様、ご会葬者様、関係先等の皆様の安全・安心を第一に考え、政府主導に基づいた葬儀内容の対応を実施しています。

さて、当社では、以下の点に留意しつつお葬式の提案をしております。

 

身内だけの小さい家族葬対応

・親族のみや、親しい人たちだけの少人数でのご葬儀もご利用いただけます。

・広めの会場にて、ご会葬者同士の距離を離した状態で着席いただいております。

 

付き添いなしの直接安置も可能

・斎場への搬送から直接安置も行います。ご家族が一緒に宿泊しなくても対応可能です。

 

お食事関係など個別料理提供対応

・「3つの密」を避けるため、会食を御膳やお弁当などに変更することができます。

 

感染予防策の徹底 

・式場、控室、ロビーなど、各所の消毒を徹底しています。また従業員の手洗い、手指の消毒を徹底しています。

・式場内は常に換気を行っています。

・式場入口には据え置き型検温計及び消毒液を設置しております。

・マスクをお忘れになった方に対して、受付での無償配布

(従業員はマスク着用にて対応させていただきますことをご了解くださいませ)

 

コロナ禍でのお葬式のあり方

さて、「お葬儀のやり方は変わったの?」「どんなお葬儀ができるの?」「注意すべきことは?」とご質問を受けるケースが増えてきました。感染予防策については上記の通りなのですが、お葬式の形式については、以下のように執り行うことが増えてきました。

家族葬でも広い会場を使う

式場内における感染予防策として、間隔を広く開けた椅子の配置をしております。今までは家族葬は小ホールで執り行うことが殆どでしたが、今は中ホールで間隔を開けつつ家族葬を執り行うことが多くなっています。

着席形式ではなく随時のお参りへ

今までは通夜や葬儀の時間に合わせ参列し、読経の間は着席状態でお参りするのが一般的でしたが、今は開式前に時間を区切って自由にご焼香できる時間を設け、一般会葬者の方はその時間帯に随時お参りいただく、ということが多くなりました。式への参列はご家族ご親戚だけに限定するやり方です。

新型コロナ陽性者の方は、北海道全体で見ると鈍化したとはいえ増加傾向にあり、引き続き予断は許さない状況であります。

今後の斎場運営にあたりまして、ご家族の皆様・ご会葬者の皆様には今しばらくご不便とご迷惑をおかけいたしますこと、お詫び申し上げます。

 

さて、当社では事前相談を随時受け付けております。

コロナ禍でのお葬儀について聞きたい方

家族葬、1日葬について聞きたい方

ご自宅に安置するのが難しく、斎場安置ご希望の方

もぜひご相談申し上げます。

葬儀の説明や事前相談のみならず、終活に不安な方、館内をご覧になりたい方、ぜひお越しくださいませ。

日程の都合が合わない方でも、随時事前相談を受け付けております。また、お電話でのご説明、お伺いしてのご説明、資料請求も随時受け付けておりますので、ぜひご連絡くださいね。