社長BLOG

読みたい記事を探す

月別アーカイブ

NEW

ボク自身も多くの気づきが! 〜シニアライフカウンセラー初級講座の講師を勤めてきました!

みなさんこんにちは。
終活応援葬儀社の 弘善社 太田です。

先日8月17日、18日の日程で開催されました、「シニアライフカウンセラー養成講座」の講師を勤めてきました。

会場は旭川市宮前にある、おなじみのcocodeです。

 

今回は初級の講義でした。
私の受け持ちは、
「終活と逝去後手続」

「葬儀・遺言トラブル事例」

「エンディングノート」

の3コマです。

今回は再受講の方も多く、中には上級まで受けられた方も復習のために再受講された方もおりました。

基本的にテキスト通りに進めますので、講義の内容の変化というのはあまりないのですが、法改正があった場合は随時お伝えしているようにしています。

実は今年、民法の相続規定が40年ぶりに改正されました。

(詳しくは政府広報のリンク先をご覧ください→政府広報オンライン

葬儀社の立場から思う「気になる改正点」としては、以下の部分です。

<遺産の分割前に被相続人名義の預貯金が一部払戻し可能に>
改正前には、生活費や葬儀費用の支払、相続債務の弁済など、お金が必要になった場合でも、相続人は遺産分割が終了するまでは被相続人の預貯金の払戻しができないという問題がありました。そこで、このような相続人の資金需要に対応することができるよう、遺産分割前にも預貯金債権のうち一定額については、家庭裁判所の判断を経ずに金融機関で払戻しができるようにしました。
(こちらも詳しくはリンク先をご覧ください→そのほかの改正点

今迄ですと故人の預貯金口座は、死亡によって凍結されていたんですね。凍結を解除するには相続人全員の同意が必要でした。
それが緩和されています。
今回の改正により、葬儀代金やお仏壇、お墓の費用など、取り急ぎ必要なお金もある程度は故人の口座から引き出せるようになりました。

 

話が変わりますが。
講義の中でもお話ししたのですが、ここ最近のボクのテーマは、
「おひとりさまの終活」と
「高齢化社会・少子化社会・人口減社会でボクらができること」
の二つについて取り組んでいます。
(「おひとりさまの終活」については、過去のブログ記事を参照してくださいね。↓↓)

●おひとりさまの終活①〜あなたの面倒はどなたがみてくれますか?

●おひとりさまの終活②〜元気な今のうちに意思を残そう!

●おひとりさまの終活③〜意思を残す手段とタイミング

 

現在、旭川市の人口は34万人を切っています。
全国の死亡者数のピークは2040年と言われていますが、その時の旭川市の人口は、25万人前後と予想されています。
20年後は今よりもマイナス9万人です。

どんな社会になっているのか、どんな生活をしているのか予想もつかないですが、決して悪いことばかりではないと思うんですよね。
ボクらの子供たち世代のためにも、将来を見据え、今ボクらの立場でできることを模索している最中です。

さて、講座の話に戻りますが、
いつも思うのは受講者の皆さんにとっては、「良い話を聞けた」だけではダメなんですよね。

あくまで「シニアライフカウンセラー」という、教え導く方々を養成する講座です。

セミナーや勉強会とは違った、より実務的で役に立つ講義をしなければ、と再認識しました。

9月5日、9月6日には中級講座も開催されます。

僕自身も充分に準備をし、講義に臨みたいと思います!

安全運転管理者講習に学ぶこと〜安全運転のメリット

みなさんこんにちは。
終活応援葬儀社の太田弘文です。

 

今日は安全運転管理者講習 でした。

年に一回この時期に行われるこの講習ですが、受講する度にもうこの時期が来たかと一年の早さを感じます。

この講習は、読んで字のごとくなんですが、事業所の安全運転、事故防止が目的で行われる講習です。

 

経費節減の視点

さて最近思うのは、事業所において最大の経費節減は、「安全運転」&「無事故無違反」ではないか、ということです。

どこの事業所でも経費節減に取り組みますよね。当社も例外ではないです。

光熱費に始まりボールペン1本まで、涙ぐましい節約をするのですが、そんな努力がクルマをちょっとぶつけただけで吹き飛んでしまうという…

軽微な事故でも修理代が結構かかるし、重大な事故なら会社を揺るがしかねないのです。

 

企業責任の視点

ひとたび交通事故を起こすと、いくつかの責任が発生します。

・刑事責任(法令違反による刑罰)

・民事責任(損害賠償)

・行政上の責任(免許取消など)

・社会的責任(信用の低下)

金銭的なことは保険でまかなえたりもしますが、それは責任のごく一部をカバーするものでしかありません。

今日の企業活動において、クルマは欠かすことのできないものです。

ゆえに社会に対して危険や迷惑をかけないよう、「安心・安全」な運転を心がけなければ、と思うのです。

安全運転は環境にも優しいですしね。^ – ^

これまで以上に社内全体で「安全運転」を心がけたいと思います。

知ってもらう事の重要性〜知られることがスタートライン

昨日まで東京に出張しておりました。

私が所属している全国霊柩自動車協会の広報委員会出席のためです。

「広報委員会」ってことですから、「知ってもらう」ための役割の委員会です。

今回もホームページや会報についての議論がなされました。

さて、会議の中で感じたのは、「知ってもらうこと」の重要性です。

 

何を知ってもらうのか

一般企業においては、最終的には「仕事が増える」「売上が増える」ことが最終的な目的ですよね。

特に新規のお客様から注文をもらうためには、まずは「こんな会社なんだ」と興味を持ってもらい、そしてその会社のことを知ってもらうのが大事だと思うんです。

具体的にいうと、その会社の「想い」や「考え」、「取り組み」や「やっていること」そして「商品」を知っていただくてはならないと思います。

そしてわたくし個人的には、社長である私自身がどんな人間なのか、どんな想いで仕事をしているのか、そういうことも知っていただければ、と考えています。

 

なぜ知ってもらうのか

「おいしい料理なのになぜお客さんが増えないんだろう」

「いい商品があるのになぜ売れないんだろう」

そう考える経営者さんは多いと思います。

おいしいお料理、素晴らしい商品があれば、お客さんの方から来ていただけると思ってはないでしょうか?

だけどそのお料理、その商品、果たしてお客さんに知られているでしょうか?

知られていなければ「無い」のと同じなのです。

今の世の中、良い商品、良いサービスであふれています。

皆さんも普段生活されていて、商品・サービスに不満足を感じることはあまりないのではないでしょうか。

ということは、商品やサービスで差別化を図るのは難しい、ということです。

 

知ってもらうこと

実は私たちの仕事でもあてはまることなのです。

「心のこもった温かなお葬儀」をすれば当社に依頼してくれる方が増える、とは言い切れないのです。

そして、「葬儀」というのは、「欲しい商品」ではありません。

 

・できればやりたくない、避けたいこと

・でもどうしていいかわからない

・何から手をつければいいのかわからない

・金額もわからない

・何がわからないかがわからない

 

それに対する不安を解消するのはもちろん大事で、情報発信もするのですが、それと同時に

 

・弘善社の想い、考え、取り組みなどを知ってもらうこと。

・もっというなら社長である私自身の想いや考えを知ってもらうこと。

 

知ってもらって興味を持っていただいた上で、皆さんが葬儀や終活に対して考えた時に、不安に思った時に弘善社や太田弘文を思い出して下されば。

 

「そういえば弘善社ってあったな」

「社長ってこんな人だったな」

「ちょっと聞いてみようかな」と。

ということで….

これからもホームページやブログ、SNSで情報発信していきますので、ご興味があればご覧くださいね。

ツイッター:https://twitter.com/ohta_kouzensya

フェイスブック:https://www.facebook.com/hirohumi.ohta.kouzensya

フューネラルビジネスフェアに行って来ました〜葬儀業界の考えなければならないこと

みなさんこんにちは。

先日、パシフィコ横浜で開催されておりました、「フューネラルビジネスフェア」に行ってきました。

葬儀社さんや関連業者さんのための、大きな展示会です。

毎年この時期に開催されるこの展示会、10数年ぶりに行くことができました。

毎年行きたい行きたいと思いながらなかなか来れなかったこの展示会、時代の流れや葬祭業界の展望などを間近に感じることができました。

ご遺族さまへ提案するお骨箱やお棺など、多種多様なアイテムがたくさんあったのですが、ボクの目を引いたのがweb+クラウドサービスを用いたシステムです。

 

例えばですね…

知人の訃報を知った時に、皆さんは何をどうするでしょうか?

日時や会場を知ったならば、交通経路を調べ、遠方なら近隣の宿泊施設を調べ、お花の注文ができる花屋さんを調べ、お参りに行けなければ弔電の手配をして…

などなど、調べたり注文したり手配したり、なおかつそれは電話だったりファックスだったりと、一つづつ時間と手間がかかるものですよね。

 

でも、最初の訃報にそれらの情報が全てQRコードで網羅されてたとすればいかがでしょうか?

その訃報がメールなりメッセンジャーなりラインで共有できたとすれば?

全てカード決済できたとすれば?

 

これらのことは、お参りに行く人のみならず、知らせる側の喪主さんや我々葬儀社にもメリットのあることなのです。

一般の方々にとって、葬儀は心理的にも体力的にも大変なことです。

少しでも心理的負担軽減になれば何よりだと思うのです。

そのためのより良いサービスが提供できるよう、我々も考えてゆかねば、と感じました。

弘善社の「母の日」〜伝えたいのは感謝の気持ち

こんにちは。

 

明日は母の日ですね。

当社ではこれまで永くお世話になった方々へ毎年カーネーションの鉢植えをプレゼントしています。

今年は140鉢ほどお届けいたします。

鉢植えに添えるカードも作成いたしました!

当社では、永くお世話になった方々に対して、「母の日のカーネーション」以外に「お誕生日のお花」のお届けもしています。ご夫婦ならそれぞれのお誕生日にお届けしています。

 

また、年末には、「お正月のお花」もお届けしたりしています。

ということは、多い御宅ですと、年に4回お届けしていることになります。

実はこのお花のお届け、以前は純然たる当社の感謝の気持ちでお届けしていましたが、今は「見守り」の要素も入っていたりします。

(弘善社の「見守り」についてはコチラ

 

年に何度もお伺いしていると、ボクたちのことも信頼していただけますし、遠方に住んでいる息子さん娘さんにも信頼されていたりします。

なので、止めるわけにはいかないのです!

 

今年も皆さんに喜んでいただけますように~

ランチ会やります!

皆さんこんにちは。

令和最初のブログです。

書類関係に「令和」と書く機会があるごとに、元号が変わった実感が湧いてくる今日この頃です。

 

さて、以前より当社で斎場見学会や事前相談会をやっておりました。

当社の斎場を見てもらいたい、葬儀のことを知ってもらいたい、終活のことを知ってもらいたい、というのが目的であるのですが。

各種イベントの目的をもっと突き詰めて言うと、弘善社の取り組みを知ってもらいたい、さらに言うならば、弘善社の社長のことを知ってもらいたい、というところに行き着くわけです。

 

と言うことで、弘善社の社長であるボクを知っていただきたく、ランチ会を開催いたします!

今回は、弘善社のコンサルであり、人材育成とツームワークづくりのコーチングを本業としSNSセミナーなども開催している妹の太田恵美氏も参加します。

 

・日時:5月19日(日)12:00~14:00

・会場:居酒屋ダイニング pocher(ポシェ)

旭川市2条通7丁目ヨシタケビル2号館1階

ポシェさんのランチをいただきたい方

・太田兄妹とお話ししたい方

・楽しいことが好きな方

・旭川や旭川近郊を盛り上げていきたい方

・その上でちょっとだけビジネスの話をしたい方

 

もちろん、ボクの本業のお葬儀や終活のお話を聞きたい方でも結構ですよ!

・美味しいランチをいただきながら、楽しくお話ししませんか?

 

参加のお申し込みは、

h-ohta@kouzensya.co.jp にご連絡くださいね。

どうぞ宜しくお願いします!

 

エクスマライブに参加しました!〜生き方を学ぼう

ボクのブログでたまに発信する「エクスマ」。

「エクスマ」についてはリンクを参照してもらうと致しまして。

「エクスペリエンス・マーケティング」の名の通り、ビジネスセミナーではありますが、その根幹は「人柄を大事に」「つながりを大事に」という、社会や人間関係において最も大事なことを学ぶことのできる場だと思っています。

 

それにしても、エクスマに触れるのは4ヶ月ぶりでした。

久しぶりにエクスマ塾91期の同期メンバーにも会うことができました。

去年卒業したエクスマ塾91期の同期メンバーと。 12人中6人が集まることができました。

 

それでも久しぶり感がないのはSNSのおかげです。

しばらくぶりにエクスマに触れると、学び始めた当初の初心に戻れます。

師匠の藤村先生の仰ることの根幹はいつも同じ。

考え方は変わっても、根幹の部分は変わらない。そんな気がします。

 

「才能がある人より、人柄のいい人がビジネスで成功しやすくなります。どんなに才能があっても、人を上から見下すような人、他人の好き嫌いがある人は、結局孤独になります。孤独な人が成功する時代ではありません。」

 

「自分のことだけを考える人、あるいは自分たちの利益だけを考える会社などは社会の流れから浮いていきます。自分、会社がそれぞれ持っている良いところを広く社会のために役立てていこうと思うことが大事。そういう人や会社には必ず仕合わせが返ってくる」

 

「僕たち大人は、若者の希望にならなければ。安定じゃなく、好きなこと。利益じゃなく、楽しいこと。そういう若者も増えているように思える。とてもいい流れです。若い人たちに期待して応援しましょう。」

 

僕らはエクスマを学びながらも生き方を学んでいる。いつもそう思います。

さて、来月5月から始まるエクスマ北海道塾はまだ空席があるようです。

ご興味のある方はいかがですか?

いよいよ新学期〜PTA始動です!

みなさんこんにちは!

小中学校の新学期が始まって約一週間ですね。

来年で開校40周年を迎える校舎です。

4人いる子どもの3番目、長男が今年小五になりました。

去年からPTA役員をお手伝いさせていただいております。

 

今日は会社にて朝礼を終わらせた後、一日じゅう小学校にいました。
参観日からの学年懇談→PTA総会→PTA五役会そして最後は校長室にて談話でした。

校長先生直筆のポスター。素晴らしいです。 校長先生自らコーヒーを淹れて下さいました。

 

もろもろ打ち合わせざんまいでしたが、「学校のことを考える」ということは「子どもたちのみならず地域のことを考える」ことだと思うのです。

子どもたちのため、地域のため。

先生方や父兄のみなさん、そして地域の方々や地域の企業さん、皆さんと手を取り合いながら、良い方向に進めればなぁ、と思った充実した1日でした。

あさひかわ新聞に掲載されました!〜ボク自身や弘善社の想いを知ってもらうこと

みなさんこんにちは!

 

先日、4月9日発行のあさひかわ新聞さんにボクのことが掲載されました。

 

「地場に生きる企業人駅伝」というコーナーです。

なんでも経営者の方を中心に、地場企業の方々を次々にタスキを渡すように紹介していくコーナーだとか。

ボク自身も、経営者仲間でありエクスマ塾同期である、治部玲那さん(株式会社ナインプラス代表取締役)から紹介を受けました。

さて、記事にもありますが、ボクらの仕事は「葬儀社」ではありますが、葬儀のことだけを考えていたのではご遺族様の要望に添えないと思っています。

葬儀後のお困りごとや生前の準備など、葬儀以外のことでも悩むことってありますよね。

そんなお悩み事の解決、いわゆる「終活」のサポートが肝要だと考えています。

 

そして終活のサポートをするにあたって、何より大事なことはご遺族様との信頼関係だと思っています。

信頼関係があってこその終活や葬儀の相談の依頼があると思うんですよね。

だからこそ、このブログやSNSで、ボク自身や弘善社の「想い」や「考え」や「やっていること」を知ってもらう。認知してもらう。そして信頼してもらう。

それが大事だと思うのです。

(あっボクのツイッターフェイスブックをぜひご覧くださいね!)

 

さて、次回のタスキは、ボクの高校の同級生であり、終活関連、葬儀終了後の手続き関連でいつもお世話になっている、エヌエスジー行政書士事務所の曽木敦子さんをご紹介いたしました。

曽木さんのブログも大変役に立つ情報ばかりですので、どうぞご覧くださいね。