社長BLOG

読みたい記事を探す

月別アーカイブ

一日葬とは?〜時間と費用を抑えたい方は一考してみては?

みなさんこんにちは。旭川の終活応援葬儀社、弘善社の太田です。

今回は「一日葬」についてお話ししたいと思います。

メリットやデメリットも含めて詳しくご説明させていただきますね。

 

一日葬とは?

通夜を行わず、葬儀・告別式から火葬までを一日で行う式のことです。

一般的なお葬儀では、通夜を行い、翌日に葬儀・告別式を行います。

2日間かけて行う一般的なお葬儀に対して、一日葬は通夜を省略し、葬儀・告別式のみ行う儀式です。

通夜を行わないということ以外は一般的なお葬式と同じです。

・火葬式(直葬)のみではしのびない

・費用や時間を抑えたいがお寺さんの読経はしてもらいたい

などの理由で一日葬を選択される方が多いようです。

また、通夜日の儀式を行わないため、お時間の取れない方や体力的な負担を軽減したい方にお勧めできます。

儀式自体は一日ですが、前日は式場にてご家族だけでお過ごしいただく、ということも可能なので、儀式よりもご家族での最後の時間を大切にしたい、という方にもお勧めです。

 

家族葬や火葬式との違いってなに?

一日葬は通夜を省略し、儀式を簡略化したものであるので、ご家族中心の葬儀になることが多いです。

ゆえにご家族中心で行う一日葬は「家族葬」であり「一日葬」であると言えます。

また、簡略化された葬儀としては「火葬式」というものがあります。

火葬式と一日葬は、シンプルな葬儀形式という点では同じです。

しかし火葬式とは、儀式を行わず火葬のみを行う葬儀のことをいいます。

(火葬式ではお寺さんを呼ばないことが多いですが、お寺さんに来ていただき心を込めたお見送りをすることは可能です)

火葬式については過去のブログをご覧くださいね。

(↓過去ブログのリンクです↓)

●直葬(火葬式)も心を込めて〜火葬式でもご要望に合わせられます。

●葬儀のあり方を考える〜色々な葬送があってもいいですよね。

●直葬〜お弔いの心や想いを忘れずに。

 

事前に考えておくこと

「一日葬」というのは比較的新しい葬儀の形であると思います。それゆえ、参列してくれた方々が戸惑う可能性があります。

また、仏教式では通夜を含めた葬儀の儀式を大切にしている宗派ですので、お寺さんによっては受け入れられてもらえない可能性があります。

故人様の生前の意思やご家族様の考えはもちろん重視されるものですが、周りのご親戚の方々やお寺さんに対して、事前に一日葬で行いたい旨をお話しして了解をいただいておくのが望ましいでしょう。

 

一日葬の流れ

一日葬の流れにつきましては通常の葬儀とそれほど変わりません。

しかし通常通夜日に行っている事を葬儀日にしなければならないため、その内容量が多く、忙しいことが予想されます。

事前に流れを把握しておくことでスムーズな対処ができるでしょう。

葬儀の流れや起こりうるお仕事については打ち合わせの段階でご説明させていただきますので、ご安心ください。

故人やご家族の希望があれば、忌憚なくお話しくださいね。

一日葬は、葬儀自体は一日ですが、前日から式場に入り、ゆったりとした空間でご家族で過ごすことも可能です。

 

一日葬のメリットデメリット

費用面のメリットデメリット

一般的な葬儀と比較して、節減できる部分があります。

通夜がないので、夕食や宿泊される方の寝具、さらに次の日の朝食も省略できます。

また、会場使用料も、半額とまではいかないでしょうが軽減できると思います。

しかし祭壇や儀式に関わるもの(お棺やお骨箱など)は一日葬でも変わりません。

一日葬だからといって葬儀費用がきっかり半額になるわけではないことに注意しましょう。

 

労力面のメリットデメリット

労力的(体力的)に負担を軽く済むこともあります。

通夜日の負担がないので、葬儀にかける時間が一般的な葬儀に比べ短くて済みます。

しかし一般的に通夜日に決定する事項を、予め決めておかなければなりません。例えば

・火葬場で召し上がる昼食の数を予め決定しなければならない

・焼香順位、弔電読上順序を予め決定しなければならない

・香典返しの数を予め決定しなければならない

などです。

 

通夜葬儀を一日で行うから色々大変

参列者の立場から一日葬を考えるとどうでしょうか?

一般的な葬儀であれば、通夜か葬儀のどちらかに参列できれば良いのですが、一日葬だとその日しか参列できないことになり、日中忙しい人には参列の都合がつきにくいと思うかもしれません。

逆にご家族ご親戚だけで行う場合には向いている、とも言えます。

 

一日葬を選ぶ目的を今一度考えてみましょう

上記の通り、一日葬には大きなメリットもある一方、デメリットも少なからず存在します。

儀式自体は一日ですが、葬儀前日は式場にてご家族だけでお過ごしいただくということも可能です。

儀式よりもご家族での最後の時間を大切にしたい、という方にもお勧めなのですが、その場合費用的な節減は期待ほどできないかもしれません。

また、二日かけて行う儀式を一日で終わらせるということは、やはり大変な部分もあり、こちらも期待ほど労力の軽減にならない可能性もあります。

お葬式には、故人様との最後のお別れの時間です。一日で終えてしまうと心の整理がつきにくい、ということも考えられます。

 

まとめ

参列者がご家族や近親者のみという場合であれば、一日葬を執り行うことで様々な負担を軽減することができるでしょう。

その一方、弔問に訪れる方が多くいる場合は、参列者の日程調整が難しいことに加え、葬儀後の弔問への対応等を考えると、一般的な葬儀を執り行なった方が良い場合もあります。

状況や条件に合わせた葬儀を執り行うようにしましょう。

また、葬儀は故人様とのお別れの儀式という側面がありつつも、故人様と過ごす最後の時間でもあります。

メリットがある一方でメリットもあります。何を重視し何を省略するのかという事を、ご家族やご親戚とよく話し合い、納得した葬儀の形式を選ぶのが大切ですよね。

 

ご不明な点や聞きたいことがございましたら、ご遠慮なくお問い合わせくださいませ。

どうか皆様にとってよいお葬式ができますように。

新聞のお悔やみ欄〜お悔やみを出されるか迷っている皆さんへ

皆さんこんにちは。

終活応援葬儀社の太田弘文です。

今回は「新聞のお悔やみ欄」についてお話ししたいと思います。

「お悔やみ欄」とは故人様の訃報と葬儀・告別式の場所を一斉にお伝えするために新聞に掲載する記事のことです。

現在、家族葬が主流になり、広くお知らせすることが少なくなりましたが、それでも「訃報をお伝えする」というのは大事なことです。

今回は、お悔やみ欄への掲載方法や費用などについて、逆にお悔やみ欄へ掲載しない方法、そしてお悔やみ欄のメリットデメリットについてご説明します。

※お悔やみ欄についての解釈、取り扱いについては地域差があります。ここでは北海道におけるお悔やみ欄について、そして主に北海道新聞様への掲載を例にご説明します。

 

お悔やみ欄とは

お悔やみ欄とは、故人の訃報と通夜、葬儀等の情報を載せる新聞紙の掲載欄のことです。

我々が目にする地方紙の場合は、その都道府県に在住している地域の方々の訃報が掲載されます。そのため、故人の関係者が新聞のお悔やみ欄をみて、葬儀の日程や場所を確認し参列するケースが多いです。

 

新聞へのお悔やみ欄の掲載方法

葬儀社経由で道新、朝日、読売、毎日など各紙に手配します。

いまだに勘違いされがちなのですが、死亡届を提出したら自動的に掲載されるわけではありません。

あくまでご遺族の意向を確認の上で、葬儀社が手配します。

 

掲載しない方法

お悔やみ欄は、紙面へ掲載することで訃報を一度に大勢の関係者に伝えることができますが、それは逆に言えば、関係者を除いた不特定多数の方々にも個人情報が伝わることを意味します。

そのため、個人情報を紙面へ掲載したことが原因で、ご遺族が想定外のトラブルに巻き込まれる危険性も最近では否定できません。(お悔やみ欄を悪用した詐欺など)

お悔やみ欄には、故人の訃報の他、喪主の氏名・住所が掲載され、葬儀会場や日時も記載されます。

そのため、後日この情報を手掛かりに、喪主になった人が悪質な業者から執拗な勧誘を受けることもあります。

また、葬儀会場やスケジュールを掲載することで、家族が留守になる時間帯が把握され、空き巣被害に遭う危険性もあります。

このような危険性もあることから、自宅のセキュリティに不安のあるご家庭は、故人の訃報や葬儀関係の情報を、お悔やみ欄へ掲載したくない場合もあるでしょう。

 

葬儀終了で掲載する方法

上記のようなトラブルを避けるため、葬儀を済ませた後「葬儀終了」として掲載するというお知らせの方法もあります。

この場合は参列に来てくださいという呼びかけではなく、故人様が亡くなった事と葬儀が既に終わっている事を知らせる目的で掲載するケースが多いです。

掲載の有無はご遺族が判断することです。

事前に葬儀社へお悔やみ欄の掲載をしない旨を伝えておくこともできますし、葬儀終了の掲載の場合も葬儀社で手配できますので、お気軽にご相談くださいね。

 

死亡広告(黒ワク広告)との違い

お悔やみ欄と似た訃報の掲載方法に「死亡広告(黒ワク広告)」というものがあります。こちらも同様に新聞紙面に掲載することで、大勢の故人の関係者へ向けて訃報を伝える効果があります。ただし、双方を比較すると次のような違いがあります。

 

<掲載料>

・お悔やみ欄:無料

・死亡広告:上川版で8万円~(全道版であれば30万~)

※行数によって変動します

<掲載の連絡先>

・お悔やみ欄:葬儀社が各新聞社に申し込み

・死亡広告:広告代理店が各新聞社に申し込み

※広告代理店は葬儀社が手配できます。

<閲覧性>

・お悔やみ欄:新聞の中ほどにあるので、見逃す可能性が高い

・死亡広告:テレビ欄の裏側の下段にあり(北海道新聞の場合)、比較的目立ちやすい。

 

出すか出さないか?~掲載を迷った時は

掲載にあたっては、確かにメリットデメリット両方あります。

掲載を迷った時は、掲載する事をオススメしています。理由は以下の通りです。

 

過去に葬儀を出した家は、お悔やみ欄をよく見ます。

これは葬儀を経験された方ならお分かりだと思うのですが、葬儀を出した後、お悔やみ欄をよく見てしまいます。

お悔やみ欄を眺め、気に掛かる名前があれば香典帳を見返して、自分たちの葬儀の時にお香典をいただいた方ではないかとチェックするのです。今でもお悔やみ欄は近隣の人、町内会、友人知人にとっては重要な情報源なのです。

香典をいただいたのであればお返ししなければ、という「不義理があってはならない」という思いですね。

 

故人の交友関係を完全に把握していないのであれば、掲載した方がいいかも知れません。

ご家族の皆様が、故人様の交友関係を完全に把握していれば良いのですが、息子さんや娘さんが遠方に住んでいると、交友関係について知らないことが意外に多いものです。

かつての職場関係の繋がりやご近所の友人たち、ご町内での活動、趣味の仲間たちなど。

掲載をしないことによって連絡が行き届かなく、不義理をしてしまう可能性があれば、掲載して広くお知らせする方が良いかも知れませんね。

 

掲載しない方が良い場合とは?

我々の方から「掲載を見送っては」とアドバイスする場合もあります。

上記の通り、お悔やみ欄の掲載にあたっては故人の住所が記載される訳ですが、現住所が故人宅ではないケースもあるのです。例えば故人が長年住んでいた自宅を処分し、施設に入所した場合などです。

施設の住所でお悔やみ欄を掲載すると、「名前は知っている〇〇さんだけど、住所が違うなぁ…同姓同名の人かしら」というケースも考えられますし、あるいはそこの住所に後日弔問に行ったとしても、施設に故人のご家族がいるわけではありません。(施設の職員の方も困惑するかもしれません)

ですので、故人様とそこの住所の関連性が薄いのであれば、掲載を見送っても良いかもしれませんね。

まとめ

いかがでしたか?

故人の訃報を関係者に伝える場合、現在では電話連絡やメールやSNSによる方法もありますが、大勢の方々へ一度に伝えるためには限界があります。

そのため、新聞紙面への掲載で一度に多数の関係者に訃報を伝えられることは、遺族として非常に助かります。

ただし、一方で故人の訃報に関係する掲載方法によっては、個人情報が特定され遺族が予想外のトラブルに巻き込まれる危険性も否定できません。遺族はこの危険性も踏まえて、お悔やみ欄へ掲載するかどうかを良く話し合って判断しましょう。

故人に想いを寄せて

お世話になった人

その方とは20年来のお付き合いでした。

その方は、もともと学校の先生で最終的には校長先生まで勤められた教員一筋の立派な方でした。

退職後は町内会長をはじめ、市民委員会や地域神社の奉賛会、お祭りの実行委員会など、地域の活動に尽力されていた方でした。

 

当社とも長い付き合いがあったのですが、その方は大変顔の広い方でしたので、生前から「自分の葬儀の時は、申し訳ないけど弘善社さんにお願いできない。教え子がいるA葬儀社にお願いする予定なんだ。」という話を何度か聞かされていました。

ボクとしても、それは十分承知していたので、「気を遣われなくても大丈夫ですよ。当社に依頼されなくてもいいんです。そこの葬儀社さんにお願いしてあげてくださいね」とお話ししていました。

 

先日、その方が急逝されました。

ボクは新聞のお悔やみ欄で知りました。

 

でも葬儀を施行していたのは、生前話してした「A葬儀社」ではない別のB葬儀社でした。

後日その時の葬儀について聞く機会がありました。

さぞ多くの人がお参りにきた、大きな葬儀だったであろうと思っていたら、会葬者もそんなに多くはなく、かつての同僚であった先生方、縁のある地域の方のお参りも少なかったのこと。

極め付きは葬儀委員長が何の所縁もない、葬儀社手配の委員長だったということ。

 

それが故人の望んだ「お見送り」なのか?

その方と当社は長いお付き合いでした。

ただ、その方のお子さん方とは面識がないので、もしかしたらご家族の意向でB葬儀社に依頼され、そのようにされたのかも知れません。

 

ただしかし。

 

生前、縁のあった方はお参りに来てどう思ったであろうか?

そもそも縁のあった方々に連絡は行き届いていたのか?

それが故人の望んだ「お見送り」であったのか?

 

勝手ながらそのように思ったのです。

これはボクの仮定でしかありませんが、もし、故人の生前の功績、活動、人となり、交友範囲を知っていたならば、そうはならなかったと思うのです。

離れて暮らしているお子さんたちがそんな故人の普段の活動、日常を知っていたならば、そうはならなかったと思うのです。

ボクら弘善社に依頼していれば、と言っているわけでは決してありません。

 

だだ、ボクらならご家族に少しでもアドバイスできたのに。

故人様のことを少しでもお伝えできたのに。

 

そんな風に思うのです。

今はただただ故人のご冥福をお祈りするばかりです。

大変お世話になりました。ありがとうございます、K先生。

事前相談会を行います〜モヤっとした「不安」を「安心」に!

みなさんこんにちは。

ここ数日はムシムシしてますね。

皆さん体調に留意されてください。

 

さて7月28日(日)に、当社斎場にて「葬儀事前相談会」を開催致します。

 

「葬儀費用節約の仕方」をテーマにお話をさせていただき、併せて実際のお葬式で提供されるお昼ごはんの試食会を行います。

事前相談をしておくと…

 

・現時点での見積もりがわかる

・終活において何を準備しておくとよいかわかる

・お葬式の流れがわかる

・スタッフや会社、斎場の雰囲気がわかる

 

などのメリットがあります。

 

葬儀社さんに相談、ってなかなか足が向かないですよね。

事前相談に行ったら、そこで契約をしなくてはいけない、と思っていませんか?いえいえ大丈夫です!そんなことはありません。

事前相談のタイミングは「思い立った時」「気になった時」がイチバンです。

これまでの相談会参加者の方を意見をお伺いすると、

 

「両親が入院している。母の体調が悪化しているので今のうちに準備できることを知りたくて参加しました。何から始めればいいのかがわかり安心しました」

「うちは子供がいないので、その場合どんなことを考えておくべきか知りたかったです。費用面も今から少しずつ準備したいと思ったので、知ることができてよかったです」

 

との感想をいただいております。

 

また、終了後ご希望の方には無料で個別相談も受け付けております。

どうぞお気軽に、お誘い合せの上お越しください。

お食事の数の掌握をしたいので、事前に申し込みくださると助かります。

ご連絡は電話(0166ー54ー1059)もしくはメール(h-ohta@kouzensya.co.jp)にご連絡くださいね。

 

<相談会日程>

・7月28日(日)

・試食会:11:00~11:30

・葬儀費用節約のお話:12:00~12:30

・個別相談:12:30~

ご遺体を運ぶ自動車のこと〜霊柩車、搬送車、寝台車の違いとは?

故人様をお運びする自動車といえば、多くの方がイメージするのは金色の大きな屋根のついた霊柩自動車ではないでしょうか?

霊柩自動車にも様々な種類があり、また、寝台車や搬送車と呼ばれる車もおよそ同じ役割を担っています。それぞれの車にはどんな違いがあるのでしょうか?

私たち葬儀社でも混同してしまうその違い、霊柩運送事業のことも併せてまとめてみました。

 

霊柩車は「青ナンバー」です。

まず霊柩運送事業についてお話しします。

「霊柩運送事業」とは、「貨物自動車運送事業法」に基づいて、一般貨物自動車運送事業として国土交通大臣から許可を受けた事業者だけが行うことができる許可制の事業です。

ということは、対価をいただいた上での白ナンバーの自家用車での遺体搬送は、道路運送法に規定された営業類似行為の禁止に抵触し、違法行為となるんですね。

さて、青ナンバーのクルマって、皆さんどんなクルマをイメージするでしょうか?

バスやタクシー、トラックなどを想像しますよね。

青ナンバーのクルマは「貨物自動車運送事業(主にトラック)」と「旅客自動車運送事業(主にバス、タクシー)」に大まかに分かれます。つまり「貨物」と「旅客」、言い換えると「モノを運ぶのか」と「ヒトを運ぶのか」の違いです。

さて霊柩車の運行は、実は「霊柩運送事業」という独立したものではありません。上記の通り、「貨物運送事業法に基づいて」つまり貨物運送事業の一部として捉えられているのです。

 

何をお運びした対価として料金をいただいているのか

ということは、霊柩車はヒトをお運びして対価をいただいている(いわゆる旅客)ではないということなんです。残念ながら民法上はご遺体は生きている人間と同じ扱いではありません(ただし私たちは尊厳を最大限重視します)。

また旅客であれば2種免許が必要ですが、霊柩運送事業は2種免許が必須ではありません。(しかし2種免許保持者は結構多いです)

 

霊柩車、搬送車、寝台車の違いとは?

ご遺体をお運びする車でありながら、呼び方が違うのは混乱してしまいますよね。

霊柩車は、葬儀式場から火葬場まで故人様をお連れする車です。皆さんの多くは金色の屋根のついた「宮型霊柩車」

をイメージする方が多いと思います。

金色の屋根のついた宮型霊柩車。 実は地方によって形が微妙に違うものもあるんですよ。

「宮型霊柩車」以外にも、黒い革張りの「洋型霊柩車」というものがあります。

後部が黒い革張りの洋型霊柩車。 これもいろいろ種類があって、ものすごく長い車体のものや、黒ではなく真っ白の霊柩自動車もあります。

最近は葬儀を家族葬で行うことが多くなり、その結果宮型霊柩車や洋型霊柩車は仰々しいからと、使われる機会が少なくなってきました。

寝台車や搬送車は、故人様やご家族を、病院からご自宅、ご自宅から葬儀式場までお運びする車のことです。

搬送車はワンボックス型やバン型のものが主流です。

呼び方は違いますが、実態として寝台車と搬送車は同じ意味合いで使われていると思います。

(地方によって、あるいは葬儀社さんによって同じ車なのに呼び方が違ったりもします)

今現在は霊柩車で火葬場に行く機会が減ったので、この搬送車(寝台車)で火葬場に行く機会も増えました。

 

霊柩バスとは?

霊柩バスとは、バス型の霊柩車です。バスの後部または横の部分にお柩を載せる部分があるバスのことです。

北海道や東北地方では馴染みのある霊柩バスですが、全国的にみると珍しい形態のようですね。

雪深い地方では、複数の車に分乗して火葬場まで移動する手間を省き、安全に火葬場まで移動するためバス型の霊柩車が発達したようです。

車体後部または横の部分にお柩を入れられるよう改造したのが霊柩バスです。

 

豆知識~自家用車でご遺体をお運びしてもいいの?

実は自家用車でお運びしても問題ありません。また、代金をもらわなければ白ナンバー車で搬送しても問題ないのです。

ただし、病院から発行された「死亡診断書」は必ず携行しましょう。

お運びしている最中に警察に止められると、「なぜ遺体を運んでいるのか」と事件性が疑われることがあるからです。

 

さて、いかがでしたか?

普段の日常生活には馴染みのない霊柩車。少しでも知っていただけたら幸いです。

そうそう、「一般社団法人 霊柩自動車協会」という団体もあるんですよ。(当社も加盟しております)

併せてご参考まで。

葬儀相談会を行います〜「不安」を「安心」にしませんか?

みなさんこんにちは。

今日は暖かい初夏の陽気ですね。

 

さて、6月25日(火)に、当社斎場にて「葬儀相談会」を開催致します。

 

「葬儀費用節約の仕方」をテーマにお話をさせていただき、併せて試食会を行います。

事前相談をしておくと…

 

・現時点での見積もりがわかる

・何を準備しておくとよいかわかる

・お葬式の流れがわかる

・スタッフや会社、斎場の雰囲気がわかる

 

などのメリットがあります。

 

葬儀社さんに相談、ってなかなか足が向かないですよね。

事前相談に行ったら、そこで契約をしなくてはいけない、と思っていませんか?いえいえ大丈夫です!そんなことはありません。

事前相談のタイミングは「思い立った時」「気になった時」がイチバンです。

これまでの相談会参加者の方を意見をお伺いすると、

 

「両親が入院している。母の体調が悪化しているので今のうちに準備できることを知りたくて参加しました。何から始めればいいのかがわかり安心しました」

「うちは子供がいないので、その場合どんなことを考えておくべきか知りたかったです。費用面も今から少しずつ準備したいと思ったので、知ることができてよかったです」

 

との感想をいただいております。

今回の試食のお弁当は、当社で仕出しをお願いしているナインさんのお弁当を提供させていただく予定です。

(お食事代として1000円承ります)

また、終了後ご希望の方には無料で個別相談も受け付けております。

どうぞお気軽に、お誘い合せの上お越しください。

お食事の数の掌握をしたいので、事前に申し込みくださると助かります。

ご連絡は電話(0166ー54ー1059)もしくはメール(h-ohta@kouzensya.co.jp)にご連絡くださいね。

 

<相談会日程>

・6月25日(火)

・試食会:11:00~11:30

・葬儀費用節約のお話:12:00~12:30

・個別相談:12:30~

直葬(火葬式)も心を込めて〜火葬式でもご要望に合わせられます。

皆さんこんにちは。

 

以前、直葬(火葬式)について記事を書きました。(2018.12.8 「直葬〜お弔いの心や想いを忘れずに」)

「直葬とは?」「直葬が増える背景」「直葬の流れ」「直葬の問題点」「直葬の費用」などを書いてみたのですが。

今回はもうちょっと掘り下げて書いてみたいと思います。

 

●火葬式を選択する背景

火葬式を選択する背景から考えてみたいと思います。それぞれのご家庭でそれぞれの事情があるのですが、

・費用的に抑えたい

・身寄りがない

・葬儀をしなくても良いと考える

などが多いのかな、って思います。

様々な事情があろうかと思います。火葬式の良い所も勿論ありますが、デメリットもあるものです。以下のことをぜひお考えください。

 

●火葬式の問題点

・全て省略されたお見送りのため、十分なお別れができなかったと感じることがある。

・故人と過ごせる時間はそんなに多くはない。

もう少し細かく説明しますね。

 

①親族の理解を得る必要がある 

火葬式は、多くの方がイメージされる一般的な葬儀とは異なります。そのため、後日トラブルにならないように、家族間の理解だけではなく、親族に対して火葬式を行う旨をしっかりと伝え、理解を得ておくのが無難です。

まずはどんな葬儀、どんなお見送りをするのか、事前に家族だけではなく親族間で話し合った方が良いでしょう。

②参列を希望される方への配慮が必要

火葬式は基本的に身内のみで行うため、葬儀に参列できなかったことを悔やまれる方がいるかもしれません。また「ご逝去されたという事実」はいずれ知れてしまうものです。後日どのようにお知らせするのかを考えておいた方が良いでしょう。

③菩提寺へ納骨できない可能性がある

一般的に、菩提寺がある場合は、仏教の考えに基づいた葬儀を行い、仏弟子になった証として戒名を授けられます。ですので火葬後に戒名をもらおうとしても、お寺さんに断られるケースがあります。

菩提寺には火葬式を行うことを事前に伝え、理解を得ておかないと、宗教的儀式を省いた直葬を行ったことにより関係を損なう可能性があります。場合によっては、菩提寺への納骨を断られるケースもありますので、事前に相談しておくようにしましょう。

今後のお付き合いのことも念頭に入れておいた方が良いですね。

 

●弘善社の考える「火葬式」とは

当社では、火葬式でも儀式の一つとして捉え、心のこもった「お見送り」を心掛けております。

火葬式といえどもご家族の想いは多種多様。ご要望もあろうかと存じます。火葬式を行うにしても、事前にお気軽にご相談ください。

火葬式のメリットもありますが、同時にデメリットもあります。弘善社では、起こりうる問題に対して、アドバイスさせていただきます。

 

●火葬式でもご要望に合わせられます

お通夜、葬儀を行わない、シンプルな形式の「火葬式」ですが、限られた時間の中でも、ご家族の要望に合わせて手配できるものもございます。

・読経の手配

「お通夜、葬儀の読経までは希望しないが、出棺前の読経だけはお願いしたい…」とのご希望があれば、当社にてお寺さんを手配させていただくことも可能です。

・その他、火葬場でのお食事や、お香典返しなどを別途手配することも可能です。

 

●「一日葬」(ワンデイセレモニー)のご提案

「故人様と過ごす時間をゆっくりもうけたい」「家族だけではない他の親戚も集まりたい」と希望される方も多いです。

火葬式で行った場合、お別れの時間が短いため、「見送った実感が湧かない」と感じる方も多いように思います。

「一日葬」とは、お通夜を行わず、火葬と同日に葬儀を行う葬儀のことです。本来2日間かけて葬儀を行うものを一日で行うので、節約できる費用も多いです。また、ご高齢のご家族への身体的負担や、遠方から来られるご親戚の負担も軽減できることが特徴です。

「通夜、葬儀の2日間の葬儀ではスケジュール的に難しい」「でも火葬式では寂しい気持ちも…」とお考えの方は、ぜひ「一日葬」をご検討してみてはいかがですか?

当社の費用の部分やホームページも修正する予定です。「火葬式」についてより分かりやすく提案できるようにいたしますので、ご期待下さいね。

グリーフについて考える

先日、シニアライフカウンセラー養成講座の講師を務めてきました。今回は上級講座だったのですが、その中で「グリーフ」のお話しをさせていただきました。

cocodeからみた風景。まだ残雪が多いです。

 

「グリーフ」

聞きなれない言葉ですよね。

今回はグリーフの意味とそれにまつわることをお話しいたします。

 

グリーフワークとグリーフケア

 

グリーフ(grief)とは、「深い悲しみ」の意味です。大切な人やものを失うことによって生まれてくる、その人なりの自然な反応や感情、プロセスのこと。

「グリーフワーク」は、深い悲しみに陥った人が立ち直るまでに行う心の作業。喪の作業。癒しの作業のことです。

「グリーフケア」は、悲しみや不安にある人に対して心から配慮して係わること。

葬儀は遺族の心の深い悲しみを思いやり、グリーフワークに役立つものと解釈されています。このためには死別によって引き起こされる悲しみはどんなものかを知る必要があります。死別の「悲嘆のプロセス」と言われるものをご説明しますね。

 

<死別の悲嘆のプロセス>

亡くなる人と深い愛情関係に結ばれていた家族、あるいは、突然の死に出会った家族が、死と対面して起こるプロセスは次のように理解されています。

①第一段階 衝撃

ショックを受けて取り乱す人、あるいはショックによって現実感覚が一時麻痺状態に陥る人がいます。表面的には平静ですが、内面ではショックを受けており、平静状態と呆然状態が交互に現れる例もあります。

②第二段階 否認

死亡の事実そのものを認めず、きっとどこかに生きていると思い込んでいたり、あるいは、死亡の事実は一応客観的に認識してはいるものの、主観的にはまだ生きているという想いが行き来している状態です。

③第三段階 パニックや怒り

自分が制御できなくなりパニック状態に陥ったり、あるいは理不尽で不当な運命に対して激しい怒りが生じます。この怒りを抑制したり、内にとどめておくと、怒りは反転して自分に向かい、事故破壊に陥ったり、心身の健康を損なったりする危険があります。

また、周囲の人々や死者に対して敵意の感情を抱いたり、死者に対する自分の過去の行為を悔い、「あんなことしなければよかった」「ああすればよかった」と罪の意識に苛まれることがあります。

④第四段階 抑鬱と精神的混乱

空想の中で死者がまだ生きていると思い込んで、そのように実生活でも振る舞ったり、孤独感に襲われて人間嫌いになったり、気が沈んで引きこもってしまったりします。また、やる気を失い、何をしていいかわからない状態になることがあります。

⑤第五段階 死別の受容

辛い現実を見つめ、死の事実を受け入れようとし、ユーモアや笑いを取り戻すことにより、悲しみから立ち上がる状態です。

もちろん、全ての人がこれらの段階をそのまま辿るとは決まっていません。また、言葉で「悲しみ」と表現しても、死別の悲しみの現れ方は多様です。しかもこれは死別に出会った人が陥る自然な心理状態であって、決して病気ではないということを理解する必要があります。人の死とは、愛する人にとって心を揺り動かすほどの大変な出来事なのです。

<悲嘆の処理に失敗する危険>

多くの人は葬儀、四十九日、百か日、一周忌という喪のステージ(段階、場面)を踏むにつれて、悲しみの状態を乗り越えて、日常生活に復帰できる状態になります。かつての喪のステージは、死別した遺族の心情に合致したからこそ受け入れられたシステムだったと言えるかもしれません。

しかし、全ての人がこうした辛い悲しみの営みを無事通過できるとは限りません。悲しみを無理に抑制することにより、心身に異常をきたして心身症に陥ったり、いつまでも悲しみの状態にとどまったり、あるいは自己破壊から自殺衝動に走ったりする危険性があります。

その兆候は、悲しみ、怒り、敵意を一切表現しなかったり、異常な寡黙状態に陥ったり、重篤な睡眠障害に陥ったり、自尊心が失われたり、罪意識をもつ対象が死者以外のものにまで広がったりすることに表れます。こうした状態に陥った場合、精神科医などの専門家の診療を受ける必要があります。

<ケアの原則>

①事実を見つめる

「早く忘れなさい」「がんばって」「しっかり」という言葉は避けたほうがよいと言われています。励ましているのではなく、負担が大きくなります。悲しみのある人に、悲しい事実を忘れることを強いるのは、一般にマイナスになります。むしろ悲しい事実をみつめる事が大切です。

悲しみの状態を理解してあげることが必要です。

②話を聞く(傾聴)

同じ目線にたって聞く。アドバイスではない。無理にはしない。

悲しみのある人に大切なのは、説教したり、助言したりすることではありません。同じ目線に立って、その人の想いを静かに聞いてあげることです。しかし、無理して話をさせることは逆効果になることもあります。相手が話ししたいときに、その人の想いを吐き出させ、怒りに対しても遮るのではなく、その怒りを発散させる事が必要です。

③悲しみを避けない

葬送に関することで言えば、死者に会わせない、火葬場に行かせない等というのは、配慮ではなく現実を受け入れられなくなる結果になることもあります。

子供を交通事故で亡くした親に、かわいそうだからと傷ついた子供に会わせない、あるいは残酷すぎるからと火葬場にいかせない、などというのは周りの配慮から出る行動ですが、時折、これが逆効果になり、死の現実をなかなか受け入れられない結果になることがあります。

本人が望むのであれば、遮らず、辛い現実であっても対面させる事が大切です。親を亡くした子供にも「長い旅行に出た」「お星様になった」と現実をあいまいにして説明するのではなく、子供が真実を知ることを望むなら「死亡した事実」をきちんと説明すべきです。

親を失った子供は、死の悲しみを論理的に表現できないことがあります。しかし感情としては理解しており、不安・悲しみが行動などに様々な形で現れ、情緒が不安定になったり、暴力的になったり、落ち着きを失ったりします。注意して見守る必要があり、悲しみを表現させる努力が必要です。

④事務的処理の負担をかけない

負担になるなら代行する。しかし無理に引き離すとマイナスになる。

もし死後の事務的な処理が煩雑で、負担になるようでしたら、周囲の人が代行して、その人の気持ちの負担を軽減してあげることは大切なことです。しかし、もしその人が、それをすることを心から望むならば、代行を申し出ることがあっても、無理矢理その仕事から引き離すことはマイナスになることがあります。

⑤笑うこと、休息は不謹慎ではない

本人が自然に行うことであれば必要なことです。

悲しみにある人が通夜や葬儀の場で他人の冗談に笑っても、疲れて休息を取っても「不謹慎である」と非難してはいけません。本人が自然に行うことであれば、悲しみというストレスには、笑い、ユーモア、休息は必要なことである、と理解すべきです。

⑥一人にしない

孤独感が強い、周りの人に敵意を抱く、そんな状態のとき大切なことは気をつけて側にいてあげることです。監視するのではなく、その人の側に静かに寄り添ってあげることが必要です。

⑦自分の悲しみの体験を分かち合う

ケアする人が、家族の死に出会った体験を持っているのであれば、自分の体験した悲しみを思い起こし、その気持ちを大切にして相手に接することで、しばしば共感しあうことができます。また、そうした体験の無い人も自分の場合のことを想像して、その立場で接すると良いでしょう。

 

※葬儀はグリーフケアの機能があると言われます。それは葬儀のもち方、係わる者の態度が適切だったときです。反対にグリーフワークを阻害することもあります。

※いわゆる直葬など何もしない葬儀の場合や本人の希望の形と、家族や親しい人の希望する形が違う場合、残された人々が死をきちんと受け入れることができるのか、心配な部分があります。

 

いかがでしたか?

ボク自身は、グリーフとは、「心の在りよう」「亡くなった事実に対する捉え方」だと思うのです。

「亡くなった」ことは事実。

でも事実に対して、捉え方は人それぞれ千差万別です。たとえ家族間であっても同じとは限りません。そしてその捉え方は「全て正しい」のです…。

ケアをしようとするならば、まずそこを認識しなければならないと思います。

そして一番大事なのは、アドバイスをすることではなく、「傾聴」することだと思います。

グリーフは最終的には本人が本人の力で解決しなければなりません。であれば、傾聴してあげて、アドバイスを求められればそこで初めてアドバイスしてあげる。

そんなスタンスが大事なのかな、って思います。

旭川の火葬場について〜人生の最期に行くところ

皆様こんにちは。

今日は友引なんですけど、当社では出棺が2件ありました。

基本的に、友引日って火葬場はお休みなんですけど、事前申請すれば開業してくれるんです。

そんな火葬場ですが。

皆さん知らないことも多いと思います。

しかし、旭川市民ならば、もれなく人生の最期に行く場所なんですよね。

ということで、今回は旭川の火葬場についてお話ししてみたいな、と思います。

ロビーのオブジェ。幻想的な雰囲気です。

 

火葬場の概要

 

・旭川の火葬場の正式名称は、「旭川聖苑」と言います。平成12年から共用開始。

それまでは台場と永山に火葬場がありました。現在は、東旭川倉沼にある「旭川聖苑」の一箇所です。

 

・火葬炉は15基あります。ただし順繰りに火葬炉のメンテナンスをしており、15基フルに稼動していない時も多いです。1日の火葬件数は20件を超えることも多々あり、混み合うことも多い旭川聖苑ですが……

旭川市民34万人に対して火葬炉15基。多いと思います?少ないと思います?

ちなみに、札幌市の場合、人口196万人に対して火葬炉59基(里塚、山口二箇所合わせて)です。

1基あたりの人口比率で言うと、札幌市は旭川市の比ではないです…(札幌市の方が激混みです)

 

・実は旭川市外の人も使用可能です。火葬場の無い鷹栖町も旭川聖苑を使用しています。火葬場使用料は旭川市民は12,000円なのですが、旭川市外の方は24,000円となっております。

 

・火葬の順番はその日の到着順です。市役所に火葬の届けを提出した順ではないです。あくまで火葬当日の到着順なのです。

 

・では、16番目に到着するとどうなるのでしょう?1番目に火葬した方が終わらないと火葬できません。終わるまで待たされることもあります。ちなみに、16番目以降の火葬を、我々は「二番釜」と呼んでいます。

 

・「二番釜」になると、どうなるのでしょう?火葬や収骨が遅くなりますよね?葬儀式場に戻ってきてからの「還骨法要」も遅くなってしまうのです。「還骨法要」が遅くなると、お参りするお寺さんも大変ですし、何よりご遺族様が大変です。遠方から来ていたご親戚がいると、帰りが遅くなってしまうことも考えられます。

 

・なので、葬儀社としては、何としても1巡目(我々は「一番釜」と呼びます)を目指したいのです。各葬儀社さんも考えることは同じ。結果、市内の葬儀読経開始時刻は9時が主流になりました。(ひと昔前は10時読経開始が主流でした)

 

・と言うことで、各葬儀式場はどこも9時読経開始にするのですが…火葬は到着順です。火葬場から近い斎場と遠い斎場が同じ9時読経開始なら…近い斎場の方が有利ですよね。

 

・「火葬場から近い斎場」と言うのは、実は式場選びで重要なポイントです。ちなみに火葬場から近い斎場の有利なポイントはそれだけではなく、霊柩運賃も安く済むのです。(霊柩自動車はタクシーやバスと同じで距離に応じて料金が違います)

 

友引日の使用

 

・いわゆる六曜(大安、仏滅、先勝、先負、赤口、友引)は仏教の考えではありません。しかし、「友を引く」と言うことで、友引にお葬式を避ける傾向にあるのは現在でも変わりません。

 

・友引日は基本的に火葬場は休業です。

 

・しかしながら、友引にお葬式することも(数は少ないですが)あります。ですので、友引日でも、事前に申請すれば臨時開業してくれます。ただし、毎月第二友引日は必ず休業します。

 

保冷室について

 

・様々な事情で、「直葬」を希望される場合があります。

 

・「直葬」とは通夜や葬儀などの宗教儀式を行わない、火葬のみの葬儀形態ですが、ご逝去されて直ちに火葬できる訳ではありません。法律上、ご逝去されてかか24時間経過しないと火葬できないことになっているのです。そのため、直葬を希望されても、その日のうちに火葬することはできないので、どこかに安置する必要があります。

 

・葬儀社さんで斎場内に安置スペースを備えているところもありますが(当社斎場にもあります)、旭川聖苑にも「保冷室」と呼ばれる安置場所があります。

 

・保冷室使用料は1日2,000円。料金は格安ですね。ただし、保冷室安置までに「火葬許可証」が発行されていることが条件になります。

 

共同墓について

 

・旭川聖苑の敷地内に、「共同墓」の施設もあります。

・「共同墓」とは、お互いに知らない同士の複数人が一緒に納骨する場所のことです。お墓の面倒を見る人がいない場合や、お墓を建てる費用を出すのが困難な場合に選ばれてきました。

・近年では少子化が進み、お墓を守っていく子孫がいないケースが増えてきています(お墓の承継問題)。

 

さて、いかがでしたか?

市民ならば人生の最期に必ず行く場所でありますが、馴染みのない場所でもあると思います。

皆さんのお役に立てれば幸いです。