社長BLOG

読みたい記事を探す

月別アーカイブ

NEW

直葬(火葬式)も心を込めて〜火葬式でもご要望に合わせられます。

皆さんこんにちは。

 

以前、直葬(火葬式)について記事を書きました。(2018.12.8 「直葬〜お弔いの心や想いを忘れずに」)

「直葬とは?」「直葬が増える背景」「直葬の流れ」「直葬の問題点」「直葬の費用」などを書いてみたのですが。

今回はもうちょっと掘り下げて書いてみたいと思います。

 

●火葬式を選択する背景

火葬式を選択する背景から考えてみたいと思います。それぞれのご家庭でそれぞれの事情があるのですが、

・費用的に抑えたい

・身寄りがない

・葬儀をしなくても良いと考える

などが多いのかな、って思います。

様々な事情があろうかと思います。火葬式の良い所も勿論ありますが、デメリットもあるものです。以下のことをぜひお考えください。

 

●火葬式の問題点

・全て省略されたお見送りのため、十分なお別れができなかったと感じることがある。

・故人と過ごせる時間はそんなに多くはない。

もう少し細かく説明しますね。

 

①親族の理解を得る必要がある 

火葬式は、多くの方がイメージされる一般的な葬儀とは異なります。そのため、後日トラブルにならないように、家族間の理解だけではなく、親族に対して火葬式を行う旨をしっかりと伝え、理解を得ておくのが無難です。

まずはどんな葬儀、どんなお見送りをするのか、事前に家族だけではなく親族間で話し合った方が良いでしょう。

②参列を希望される方への配慮が必要

火葬式は基本的に身内のみで行うため、葬儀に参列できなかったことを悔やまれる方がいるかもしれません。また「ご逝去されたという事実」はいずれ知れてしまうものです。後日どのようにお知らせするのかを考えておいた方が良いでしょう。

③菩提寺へ納骨できない可能性がある

一般的に、菩提寺がある場合は、仏教の考えに基づいた葬儀を行い、仏弟子になった証として戒名を授けられます。ですので火葬後に戒名をもらおうとしても、お寺さんに断られるケースがあります。

菩提寺には火葬式を行うことを事前に伝え、理解を得ておかないと、宗教的儀式を省いた直葬を行ったことにより関係を損なう可能性があります。場合によっては、菩提寺への納骨を断られるケースもありますので、事前に相談しておくようにしましょう。

今後のお付き合いのことも念頭に入れておいた方が良いですね。

 

●弘善社の考える「火葬式」とは

当社では、火葬式でも儀式の一つとして捉え、心のこもった「お見送り」を心掛けております。

火葬式といえどもご家族の想いは多種多様。ご要望もあろうかと存じます。火葬式を行うにしても、事前にお気軽にご相談ください。

火葬式のメリットもありますが、同時にデメリットもあります。弘善社では、起こりうる問題に対して、アドバイスさせていただきます。

 

●火葬式でもご要望に合わせられます

お通夜、葬儀を行わない、シンプルな形式の「火葬式」ですが、限られた時間の中でも、ご家族の要望に合わせて手配できるものもございます。

・読経の手配

「お通夜、葬儀の読経までは希望しないが、出棺前の読経だけはお願いしたい…」とのご希望があれば、当社にてお寺さんを手配させていただくことも可能です。

・その他、火葬場でのお食事や、お香典返しなどを別途手配することも可能です。

 

●「一日葬」(ワンデイセレモニー)のご提案

「故人様と過ごす時間をゆっくりもうけたい」「家族だけではない他の親戚も集まりたい」と希望される方も多いです。

火葬式で行った場合、お別れの時間が短いため、「見送った実感が湧かない」と感じる方も多いように思います。

「一日葬」とは、お通夜を行わず、火葬と同日に葬儀を行う葬儀のことです。本来2日間かけて葬儀を行うものを一日で行うので、節約できる費用も多いです。また、ご高齢のご家族への身体的負担や、遠方から来られるご親戚の負担も軽減できることが特徴です。

「通夜、葬儀の2日間の葬儀ではスケジュール的に難しい」「でも火葬式では寂しい気持ちも…」とお考えの方は、ぜひ「一日葬」をご検討してみてはいかがですか?

当社の費用の部分やホームページも修正する予定です。「火葬式」についてより分かりやすく提案できるようにいたしますので、ご期待下さいね。

葬儀事前相談〜さて何を相談しよう?

皆さんこんにちは!

先日のご案内の通り、4月15日に当社斎場におきまして葬儀事前相談を開催させていただきました。

SNSで告知をしたところ、知人のSさんが来てくれました!

知人のSさん。 Sさんとは色々な繋がりがあり、ご縁を感じています。

葬儀の事前相談といっても、相談内容は様々です。

Sさんはボクと同年代。まだ若いです。

なので、お話しの内容は「葬儀」というよりも「終活」のお話をさせていただきました。

 

具体的に言うと、

「生前しておいたほうがよいこと」

「逝去後にしなければならないこと」の二つです。

 

「生前にしておいたほうがよいこと」については、過去ブログ記事「ご逝去される前に、事前にある程度考えておいたほうがよいこと」を参照してくださいね。

 

とはいっても、やはりそれぞれ皆さんの事情によって、考えるべきことは違いますよね。

具体的には、家族構成、檀家寺の有無、納骨先の有無などによって事情は変わってくるのです。

特に大事なのは「家族構成」だと思います。

 

ご夫婦だけの世帯、あるいは子どもがいても同居していなく、遠方に住んでいる世帯。

それは「おひとりさま」予備軍と言えるのです。

ボク自身、おひとりさまには「おひとりさま専用の終活」があると考えています。

 

伴侶に先立たれ、もし一人になった時。

元気なうちは良いのです。

 

もし、足腰が弱くなってきたら…

もし、判断能力に衰えがでてきたら…

身の回りの世話は自分で出来るでしょうか?

家事やお買い物や炊事洗濯…

自分で出来なければ、誰にお願いしますか?

 

それらを考えるのが「おひとりさまの終活」です。

(おひとりさまの終活についてはまた後日ブログにしたいと思います)

 

さて、今回お話していて思ったのは、終活の目的は

「亡くなることを考えることではなく、生きている今をよりよく生きること」

を考える事だと改めて感じました。

と言う事で、Sさん、どうもありがとうございました!

またきて下さいね~

いよいよ新学期〜PTA始動です!

みなさんこんにちは!

小中学校の新学期が始まって約一週間ですね。

来年で開校40周年を迎える校舎です。

4人いる子どもの3番目、長男が今年小五になりました。

去年からPTA役員をお手伝いさせていただいております。

 

今日は会社にて朝礼を終わらせた後、一日じゅう小学校にいました。
参観日からの学年懇談→PTA総会→PTA五役会そして最後は校長室にて談話でした。

校長先生直筆のポスター。素晴らしいです。 校長先生自らコーヒーを淹れて下さいました。

 

もろもろ打ち合わせざんまいでしたが、「学校のことを考える」ということは「子どもたちのみならず地域のことを考える」ことだと思うのです。

子どもたちのため、地域のため。

先生方や父兄のみなさん、そして地域の方々や地域の企業さん、皆さんと手を取り合いながら、良い方向に進めればなぁ、と思った充実した1日でした。

あさひかわ新聞に掲載されました!〜ボク自身や弘善社の想いを知ってもらうこと

みなさんこんにちは!

 

先日、4月9日発行のあさひかわ新聞さんにボクのことが掲載されました。

 

「地場に生きる企業人駅伝」というコーナーです。

なんでも経営者の方を中心に、地場企業の方々を次々にタスキを渡すように紹介していくコーナーだとか。

ボク自身も、経営者仲間でありエクスマ塾同期である、治部玲那さん(株式会社ナインプラス代表取締役)から紹介を受けました。

さて、記事にもありますが、ボクらの仕事は「葬儀社」ではありますが、葬儀のことだけを考えていたのではご遺族様の要望に添えないと思っています。

葬儀後のお困りごとや生前の準備など、葬儀以外のことでも悩むことってありますよね。

そんなお悩み事の解決、いわゆる「終活」のサポートが肝要だと考えています。

 

そして終活のサポートをするにあたって、何より大事なことはご遺族様との信頼関係だと思っています。

信頼関係があってこその終活や葬儀の相談の依頼があると思うんですよね。

だからこそ、このブログやSNSで、ボク自身や弘善社の「想い」や「考え」や「やっていること」を知ってもらう。認知してもらう。そして信頼してもらう。

それが大事だと思うのです。

(あっボクのツイッターフェイスブックをぜひご覧くださいね!)

 

さて、次回のタスキは、ボクの高校の同級生であり、終活関連、葬儀終了後の手続き関連でいつもお世話になっている、エヌエスジー行政書士事務所の曽木敦子さんをご紹介いたしました。

曽木さんのブログも大変役に立つ情報ばかりですので、どうぞご覧くださいね。

グリーフについて考える

先日、シニアライフカウンセラー養成講座の講師を務めてきました。今回は上級講座だったのですが、その中で「グリーフ」のお話しをさせていただきました。

cocodeからみた風景。まだ残雪が多いです。

 

「グリーフ」

聞きなれない言葉ですよね。

今回はグリーフの意味とそれにまつわることをお話しいたします。

 

グリーフワークとグリーフケア

 

グリーフ(grief)とは、「深い悲しみ」の意味です。大切な人やものを失うことによって生まれてくる、その人なりの自然な反応や感情、プロセスのこと。

「グリーフワーク」は、深い悲しみに陥った人が立ち直るまでに行う心の作業。喪の作業。癒しの作業のことです。

「グリーフケア」は、悲しみや不安にある人に対して心から配慮して係わること。

葬儀は遺族の心の深い悲しみを思いやり、グリーフワークに役立つものと解釈されています。このためには死別によって引き起こされる悲しみはどんなものかを知る必要があります。死別の「悲嘆のプロセス」と言われるものをご説明しますね。

 

<死別の悲嘆のプロセス>

亡くなる人と深い愛情関係に結ばれていた家族、あるいは、突然の死に出会った家族が、死と対面して起こるプロセスは次のように理解されています。

①第一段階 衝撃

ショックを受けて取り乱す人、あるいはショックによって現実感覚が一時麻痺状態に陥る人がいます。表面的には平静ですが、内面ではショックを受けており、平静状態と呆然状態が交互に現れる例もあります。

②第二段階 否認

死亡の事実そのものを認めず、きっとどこかに生きていると思い込んでいたり、あるいは、死亡の事実は一応客観的に認識してはいるものの、主観的にはまだ生きているという想いが行き来している状態です。

③第三段階 パニックや怒り

自分が制御できなくなりパニック状態に陥ったり、あるいは理不尽で不当な運命に対して激しい怒りが生じます。この怒りを抑制したり、内にとどめておくと、怒りは反転して自分に向かい、事故破壊に陥ったり、心身の健康を損なったりする危険があります。

また、周囲の人々や死者に対して敵意の感情を抱いたり、死者に対する自分の過去の行為を悔い、「あんなことしなければよかった」「ああすればよかった」と罪の意識に苛まれることがあります。

④第四段階 抑鬱と精神的混乱

空想の中で死者がまだ生きていると思い込んで、そのように実生活でも振る舞ったり、孤独感に襲われて人間嫌いになったり、気が沈んで引きこもってしまったりします。また、やる気を失い、何をしていいかわからない状態になることがあります。

⑤第五段階 死別の受容

辛い現実を見つめ、死の事実を受け入れようとし、ユーモアや笑いを取り戻すことにより、悲しみから立ち上がる状態です。

もちろん、全ての人がこれらの段階をそのまま辿るとは決まっていません。また、言葉で「悲しみ」と表現しても、死別の悲しみの現れ方は多様です。しかもこれは死別に出会った人が陥る自然な心理状態であって、決して病気ではないということを理解する必要があります。人の死とは、愛する人にとって心を揺り動かすほどの大変な出来事なのです。

<悲嘆の処理に失敗する危険>

多くの人は葬儀、四十九日、百か日、一周忌という喪のステージ(段階、場面)を踏むにつれて、悲しみの状態を乗り越えて、日常生活に復帰できる状態になります。かつての喪のステージは、死別した遺族の心情に合致したからこそ受け入れられたシステムだったと言えるかもしれません。

しかし、全ての人がこうした辛い悲しみの営みを無事通過できるとは限りません。悲しみを無理に抑制することにより、心身に異常をきたして心身症に陥ったり、いつまでも悲しみの状態にとどまったり、あるいは自己破壊から自殺衝動に走ったりする危険性があります。

その兆候は、悲しみ、怒り、敵意を一切表現しなかったり、異常な寡黙状態に陥ったり、重篤な睡眠障害に陥ったり、自尊心が失われたり、罪意識をもつ対象が死者以外のものにまで広がったりすることに表れます。こうした状態に陥った場合、精神科医などの専門家の診療を受ける必要があります。

<ケアの原則>

①事実を見つめる

「早く忘れなさい」「がんばって」「しっかり」という言葉は避けたほうがよいと言われています。励ましているのではなく、負担が大きくなります。悲しみのある人に、悲しい事実を忘れることを強いるのは、一般にマイナスになります。むしろ悲しい事実をみつめる事が大切です。

悲しみの状態を理解してあげることが必要です。

②話を聞く(傾聴)

同じ目線にたって聞く。アドバイスではない。無理にはしない。

悲しみのある人に大切なのは、説教したり、助言したりすることではありません。同じ目線に立って、その人の想いを静かに聞いてあげることです。しかし、無理して話をさせることは逆効果になることもあります。相手が話ししたいときに、その人の想いを吐き出させ、怒りに対しても遮るのではなく、その怒りを発散させる事が必要です。

③悲しみを避けない

葬送に関することで言えば、死者に会わせない、火葬場に行かせない等というのは、配慮ではなく現実を受け入れられなくなる結果になることもあります。

子供を交通事故で亡くした親に、かわいそうだからと傷ついた子供に会わせない、あるいは残酷すぎるからと火葬場にいかせない、などというのは周りの配慮から出る行動ですが、時折、これが逆効果になり、死の現実をなかなか受け入れられない結果になることがあります。

本人が望むのであれば、遮らず、辛い現実であっても対面させる事が大切です。親を亡くした子供にも「長い旅行に出た」「お星様になった」と現実をあいまいにして説明するのではなく、子供が真実を知ることを望むなら「死亡した事実」をきちんと説明すべきです。

親を失った子供は、死の悲しみを論理的に表現できないことがあります。しかし感情としては理解しており、不安・悲しみが行動などに様々な形で現れ、情緒が不安定になったり、暴力的になったり、落ち着きを失ったりします。注意して見守る必要があり、悲しみを表現させる努力が必要です。

④事務的処理の負担をかけない

負担になるなら代行する。しかし無理に引き離すとマイナスになる。

もし死後の事務的な処理が煩雑で、負担になるようでしたら、周囲の人が代行して、その人の気持ちの負担を軽減してあげることは大切なことです。しかし、もしその人が、それをすることを心から望むならば、代行を申し出ることがあっても、無理矢理その仕事から引き離すことはマイナスになることがあります。

⑤笑うこと、休息は不謹慎ではない

本人が自然に行うことであれば必要なことです。

悲しみにある人が通夜や葬儀の場で他人の冗談に笑っても、疲れて休息を取っても「不謹慎である」と非難してはいけません。本人が自然に行うことであれば、悲しみというストレスには、笑い、ユーモア、休息は必要なことである、と理解すべきです。

⑥一人にしない

孤独感が強い、周りの人に敵意を抱く、そんな状態のとき大切なことは気をつけて側にいてあげることです。監視するのではなく、その人の側に静かに寄り添ってあげることが必要です。

⑦自分の悲しみの体験を分かち合う

ケアする人が、家族の死に出会った体験を持っているのであれば、自分の体験した悲しみを思い起こし、その気持ちを大切にして相手に接することで、しばしば共感しあうことができます。また、そうした体験の無い人も自分の場合のことを想像して、その立場で接すると良いでしょう。

 

※葬儀はグリーフケアの機能があると言われます。それは葬儀のもち方、係わる者の態度が適切だったときです。反対にグリーフワークを阻害することもあります。

※いわゆる直葬など何もしない葬儀の場合や本人の希望の形と、家族や親しい人の希望する形が違う場合、残された人々が死をきちんと受け入れることができるのか、心配な部分があります。

 

いかがでしたか?

ボク自身は、グリーフとは、「心の在りよう」「亡くなった事実に対する捉え方」だと思うのです。

「亡くなった」ことは事実。

でも事実に対して、捉え方は人それぞれ千差万別です。たとえ家族間であっても同じとは限りません。そしてその捉え方は「全て正しい」のです…。

ケアをしようとするならば、まずそこを認識しなければならないと思います。

そして一番大事なのは、アドバイスをすることではなく、「傾聴」することだと思います。

グリーフは最終的には本人が本人の力で解決しなければなりません。であれば、傾聴してあげて、アドバイスを求められればそこで初めてアドバイスしてあげる。

そんなスタンスが大事なのかな、って思います。

平成31年3月葬儀施行 K様アンケート

こんにちは。

旭川で葬儀社を営んでおります、(株)弘善社の太田弘文です。

当社では、「葬儀」を軸として、皆さんの「終活」の支援を行なっております。

少しずつ、分かりやすく、旭川の葬儀・終活事情について情報発信しております。皆さんのお役に立てれば幸いです。

 

さて、アンケートのご紹介です。

 

3月に旭川市にお住まいのK樣のお葬儀を施行させていただきました。

K様のご親戚も当社で施行させていただいております。

 

実は打ち合わせの中でご親戚は少ないとのお話しでしたが…

お問い合わせの電話や弔問の方が多く、お葬儀も予想以上に来られるのでは、と判断し、ご家族と相談の上、香典返しやお食事の数を増やさせていただきました。

予想通りご親戚や会葬者の方が多く、当社のアドバイスが喜ばれたのですが、それ以上に沢山の方々にお参りをいただけたことを喜んでおられたのが印象的でした。

 

ご家族ご親戚の皆さんにとりましてもよりよいお見送りできたと大変ご満足いただけたようで、その旨をアンケートにしたためて下さいました。

内容を少し抜粋してご紹介させていただきます。

 

ご葬儀を経験されての感想としては、

「隅々まで行き届き、こちらの質問にもアドバイスをいただきました。本当にお世話になりました。ありがとうございます。」

 

葬儀全般を通じてのご感想・ご意見については、

「無理を言って写真撮影までお願いしましたが、おかげさまで記念に残りました。ありがとうございます。」

などのお言葉をいただきました。

 

K様、大切な家族を亡くされたなかで、こうして私どもへの言葉を綴っていただきましたこと、心から感謝致します。ありがとうございました。

私たちの施行で少しでも心穏やかになられましたら幸いでございます。

アンケートのご協力、誠にありがとうございました。

葬儀や終活の不安はありませんか?〜事前相談会を行います!

こんにちは。

旭川で葬儀社を営んでおります、(株)弘善社の太田弘文です。

当社では、「葬儀」を軸として、皆さんの「終活」の支援を行なっております。

少しずつ、分かりやすく、旭川の葬儀・終活事情について情報発信しております。皆さんのお役に立てれば幸いです。

 

さて、4月15日(月)に事前相談会を開催させていただきます!

 

 

これまで、「葬儀の基礎を知る会」や終活講師として各種セミナーでお話しさせていただきましたが、そのような会やセミナーって、ボクが一方的に話ししがちなんですよね。

また、皆さん質問があっても時間の都合上聞きたいことを全部聞けなかったり、あるいは他の皆さんも居られるので質問しにくかったりしたのではないかと思います。

 

また、事前相談しておくと、

・だいたいの金額がわかる

・お葬式の流れがわかる

・準備をしておいた方が良いものがわかる

・スタッフや斎場の雰囲気がわかる

などのメリットもあります。

 

今回の事前相談会は、完全に個別相談として承ります。

今まで聞きにくかったこと、ぜひ聞いてみたいことがあれば、お気軽にお越しくださいね。

「何を聞けばいいのか、それがわからない」「具体的なイメージがわからない」と言う方もぜひお越しください。

葬儀全般のこと、終活全般のこと、なんでもご相談ください!

モヤモヤしたお悩みをこの機械に解消しませんか?

 

・4月15日(月)13:00~15:00

・場所:弘善社中央斎場(永山8条1丁目1-6)

 

・個別に相談されたい方

・葬儀について聞きたい方

・終活について聞きたい方

・ボクとお話ししてみたい方

絶賛募集中です!

 

※事前にご連絡いただければありがたいです。

 

どうぞ宜しくお願いします!

新年度の全体会議を行いました〜意思統一が大事ですよね!

昨日は社員全員での全体会議を行いました。

なんたって新しい年度!

 

お仏花についても協議しました!

先月まで社員さんひとりひとりと面談をさせていただきました。そこで個別に話を聞くことができ、良い時間をもうけることができました。

さて、今回の全員での全体会議の目的は…今後の課題に対する意思統一です。

私が喫緊の課題と捉えているのが、「社員教育」です。

「弘善社の良いところ」「弘善社の価値」と聞かれた時に、私は即座に「社員さん一人一人の存在です」と答えられます。

当社は葬儀社です。一つの葬儀を施行させていただき、その対価としてお金をいただいております。

決して「モノを売る」お仕事ではありません。

ということは、弘善社を信用、信頼していただく、もっと言うならば葬儀の担当をさせていただく当社社員を信用、信頼してもらって、お葬儀を施行しお金をいただいているのです。

と言うことはやはり

 

弘善社の価値=社員さん一人一人の総力なのです。

 

社員さん一人一人の能力向上、底上げこそが最も力を入れなければならないことなのです。

また、会社の目標達成には社員さんの協力、さらには目指す方向を一つにする意思統一が大事だと思うんですよね。

社長である私一人では成し遂げられないのです。

当然社員さんの協力が必要であるともお話ししました。

 

さて、間も無く平成という時代が終わり、令和の時代ですね。

時代が変化しても、私たちが取り組むべきこと、ご遺族の方々に寄り添い葬儀を行うことは不変です。

これからも旭川市で必要とされる葬儀社でありたいと思いました。

新しい年度スタートです!

皆さんこんにちは。

 

今日から新年度ですね。気分も新たに、皆さん良いスタートをしたのではないでしょうか。

当社は6月決算なので、特に新しいことが始まるわけではないのですが、年度始めの企業様も多いと思います。

当社では、年末の12月に立てた今年の目標の、4半期の「振り返り」をすることが会社にとっても社員さんにとっても大切な作業であります。

 

今日は鷹栖神社さんにお朔日参りにも行ってきました。

4月ですが雪の多い鷹栖神社さんです。

3月のお礼と4月の家内安全、社内安全を祈願してきました。

 

さて、新しい元号が発表されましたね。

「令和」

 

素晴らしい元号です。

なんでも万葉集から採用されたとか。

慣れるのに時間がかかるかもしれませんが、徐々に浸透していくのでしょうね。

 

さて、皆さんにとって「平成」はどんな時代でしたか?

個人的にはあっという間の「平成」だった気がします。

ボクにとって「平成」は…

 

平成元年は高校生の時でした。

まだバブルの時代です。

高校生でしたので、バブルを実感することはあまりなかったですが、大学に入学し、4年生の就職状況を見聞きすると、平成の頭は良い時代だったのかもしれません。

 

それから31年。

結婚もして、子供4人に恵まれました。

平成は「停滞の時代」と言われるそうですが、あくまで皆さんそれぞれの「捉え方」ですよね。

 

事実は一つ。捉え方はさまざまなのです。

新しい年度も「令和」の時代も、変化が多い時代に違いないでしょう。

ワクワクで変化を楽しみながら穏やかに過ごしたいものです。