社長BLOG

読みたい記事を探す

月別アーカイブ

NEW

【直葬〜お弔いの心や想いを忘れずに】

こんにちは。

旭川で葬儀社を営んでおります、(株)弘善社の太田弘文です。

当社では、葬儀を軸として、皆さんの「終活」の支援を行なっております。

少しずつ、分かりやすく、旭川の葬儀・終活事情につい情報発信しております。皆さんのお役に立てれば幸いです。

 

さて、12月に入って直葬の依頼が連続9件ありました。一日一件直葬を施行させていただいている計算です。

ここまで直葬が続くのは、当社でも初めての経験です。

ここで、直葬について、あらためて考えてみました。

 

 

直葬とは?

一切の儀式、つまりお通夜や葬儀・告別式を省略し、火葬のみを行う葬儀のことです。呼び方は違いますが、火葬式も同じと捉えて間違いないでしょう。

 

なぜ直葬なのか?(直葬が増える背景)

葬儀意識の変化、つまり従来の葬儀の形にこだわらない方が増えてきたのかな、と思います。

また、費用的な事情や身寄りが無いなどの様々な事情により、直葬を選択する方も多いです。

 

直葬の流れ

一般的なお葬式では、ご逝去されて1日~2日時間をおき、通夜、そして葬儀を行います。ご家族ご親戚はもとより、故人とゆかりのあった参列者の方を招いて行います。

一方、直葬はご逝去後、ご遺体を安置したのち出棺、火葬となります。

法律によりご遺体は逝去後24時間経過しないと火葬できませんので、直葬と言えども、ご逝去されて直ぐに火葬できる訳ではありません。

ご逝去されてからご自宅、もしくは当社斎場に御安置し、次の日に荼毘に付す(火葬する)ケースが多いです。

 

直葬の問題点

全て省略されたお見送りのため、十分なお別れが出来なかったと感じることがあるかもしれません。

なぜ直葬にするのかをご家族やご親戚でよく考えてみる必要があると思います。

また、遺骨は最終的にどのように弔うのか、を予め考えておく必要があります。

お付き合いのあるお寺さんがある場合は、理解を得ておかないと、宗教的儀式を省いた直葬を行ったことにより関係を損なう可能性があります。場合によっては、お寺さんへの納骨を断られるケースもありますので、事前に相談しておくようにしましょう。

また、葬儀には、故人を想う人々がお別れをする場、という意味合いもあります。

お別れに参加できなかった人々がどんな思いを持つのかということも考慮してみても良いかもしれませんね。

 

直葬の費用

一般的な葬儀に比べて、費用、時間、労力を最小限に抑えることができます。

祭壇やお食事、香典返し、引き物など諸々省略することが多いからです。

お寺さんを呼んで家族葬を行う場合は100万円前後かかるのに対し、直葬の場合は20万円前後で行うことができます。

葬儀社の中には異常な低料金(例えば10万円で直葬を行えます、など)と宣伝しているところもあるようですが、その金額に必要な物品が含まれておらず、追加料金が発生することもあるため、注意が必要です。

 

まとめ

事前に家族間、親族間での話し合いが大事だと思います。なぜ直葬にするのか、問題は起こらないか、ぜひ話し合ってみてくださいね。

また直葬といえども、やり方は様々です。希望や要望がございましたらお伝えください。

故人様の最後の、一度きりのお見送りであることには変わりません。一番大事なのはお見送りするご家族のお弔いの心や想いであると思います。

当社では、ご家族の方が心から納得するお見送りをお手伝いさせていただきますので、ぜひご相談くださいね。

ビューイング葬〜故人様を中心としたお葬式のご提案

こんにちは。

旭川で葬儀社を営んでおります、(株)弘善社の太田弘文です。

当社では、葬儀を軸として、皆さんの「終活」の支援を行なっております。

少しずつ、分かりやすく、旭川の葬儀・終活事情につい情報発信しております。皆さんのお役に立てれば幸いです。

 

さて、弘善社で提案しております、「ビューイング葬」についてご紹介させていただきます。

 

ビューイング葬とは……弘善社が提案する、故人様を中心に据えた新しいお葬式の「カタチ」です。

 

 

その特徴としては….

大切な故人様とできる限り近くにいてお別れができることです。

故人様を安置したお柩を中央へ配置し、ご家族やご会葬者の方々が故人様を囲むように行うお葬式です。

祭壇の花はお棺の周りを囲むように配置し、故人のお顔を常時見ることができます。

 

 

故人様を近くに感じながら、ゆったりと在りし日を想いながら時を共に過ごしませんか?

 

 

家族葬から一般層まで、ご会葬者30名ほどの家族葬から、100名未満の一般層まで対応できます。

各宗派問わず対応できます。無宗教形式、仏式、キリスト式などに対応できます。

 

我々は「ご家族様の想い」を大切にしたいと考えております。

ぜひ要望や希望をお聞かせくださいね。

平成30年11月施行 T様アンケート〜こちらこそ感謝です!

こんにちは。

旭川で葬儀社を営んでおります、(株)弘善社の太田弘文です。

当社では、葬儀を軸として、皆さんの「終活」の支援を行なっております。

少しずつ、分かりやすく、旭川の葬儀・終活事情につい情報発信しております。皆さんのお役に立てれば幸いです。

 

さて、アンケートのご紹介です。

 

11月に旭川市にお住まいのT樣のお葬儀を施行させていただきました。

T様の知人の紹介で当社に依頼してくださいました。

ご紹介していただく「繋がり」は、大変ありがたく感じます。

ご家族ご親戚の皆さんにとりましてもあたたかくお見送りできたと大変ご満足いただけたようで、その旨をアンケートにしたためて下さいました。

内容を少し抜粋してご紹介させていただきます。

 

葬儀の事前準備については、

「知人の紹介であんしん弘善の会会員となり、大まかなことを聞いていたので不安が少なかった」

 

担当者の対応については、

「素晴らしい。葬儀に関する知識が豊富でした。」

 

祭壇については、

「想像していたアットホームなイメージの祭壇でした。」

 

そのほか、

「葬儀社にとっては年回数百回の内の一回かも知れない葬儀も、家族にとっては何十年に一回の葬儀です。『家族の想いに応える』『心のこもったお葬儀に』という貴社の方針は本当にその通りだと思います。」

「葬儀内容についても、家族の(場合によってはわがままな)リクエストにも応えていただけることは本当にありがたいです」

「社長さんの想いが社員の方にも伝わっていることがよく分かりました」

「葬儀終了後、四十九日法要やお寺への対応、公的機関への届出等々のさまざまなアドバイスまでいただき、またお花まで届けていただき、本当に感謝しています」

また、「家族葬向けの祭壇のパターンがもっとあれば良いですね。」

との意見も頂戴しました。

 

T様、大切な家族を亡くされたなかで、こうして私どもへの言葉を綴っていただきましたこと、心から感謝致します。ありがとうございました。

私たちの施行で少しでも心穏やかになられましたら幸いでございます。

アンケートのご協力、誠にありがとうございました。

ミラサポ専門家登録しました!

ようやく旭川も本格的な雪ですね。

こんにちは。

旭川で葬儀社を営んでおります、(株)弘善社の太田弘文です。

当社では、葬儀を軸として、皆さんの「終活」の支援を行なっております。

少しずつ、分かりやすく、旭川の終活事情についてお話ししていきますので、皆さんのお役に立てれば幸いです。

 

さて、先日、ミラサポに専門家登録(講師登録)しました。

ミラサポって、初めて聞いた方もいるかもしれません。

ミラサポとは、「中小企業庁委託事業として中小企業・小規模事業者の未来をサポートするサイト」のことです。

中小企業庁が2013年にミラサポを開始し、無料の会員登録をすれば、経営者や専門家と情報交換したり、専門家の派遣を要請することができる、という制度です。

ミラサポでできることはいくつかあります。

 

●全国の事業者・専門家などが参加する「ミラサポコミュニティ」で交流ができる

●ビジネスの成功をサポートする便利で実用的なツールが使える

専門家の派遣が受けられる(年間3回まで)

各種補助金のエントリーがミラサポのサイト内から簡単にできる

幅広いオススメのビジネス情報が得られる

 

最大のメリットとしては、「年3回まで専門家を無料で派遣申請できる」ことでしょう。

当社も、何回か申請し、専門家に来ていただきアドバイスをもらったことがあります。

ボクたち企業側からすると、無料で講師に来ていただき、アドバイスしてもらうことができるのです。

 

ボクが今回、専門家登録をしたのにはいくつか理由があります。

 

今まで終活関連のセミナー講師を務めておりましたが、報酬はいただかないか、あるいは若干のお土産程度が多かったんですね。

セミナー講師が本業ではないですし、依頼先が地域包括支援センターや各種高齢者向け施設など、半公共的な所が多かったせいもあります。

ボク自身も、ボクの考えや当社の取り組みなどを少しでも広められれば、と思っていたので、特に謝礼については気にしてはいませんでした。

ただ、先日当社斎場でのミニセミナーを開催した際に、地方の方から「ぜひウチの近くでもやってもらいたい」とのお問い合わせが何件かあったので、遠方の方でも依頼しやすいようにと、登録したのです。

これまでは、セミナー講師に来てもらいたくても、謝礼や交通費が出せない事情で遠慮して頼めない部分が少なからずあったと思うのです。

ミラサポ経由の依頼なら交通費も報酬もミラサポで負担してくれます。

結果、遠方に伺いやすくなったし、また相手方も依頼しやすくなったのでは?と思っています。

 

ということで、ご興味のある方、専門家に来てもらいたい方は、まずは会員登録から始めてみませんか?

お問い合わせは「ミラサポ」もしくは「あさひかわ商工会」までお願いします。

 

また、終活関連のセミナー講師の依頼があれば喜んでさせていただきますので、お気軽にお声かけくださいね。

エンディングノート〜買っただけで満足してはダメですよ?

こんにちは。

旭川で葬儀社を営んでおります、(株)弘善社の太田弘文です。

当社では、葬儀を軸として、皆さんの「終活」の支援を行なっております。

少しずつ、分かりやすく、旭川の終活事情についてお話ししていきますので、皆さんのお役に立てれば幸いです。

 

<エンディングノートの選び方>

エンデイングノートの目的については、前回お話ししました。

「今後の人生をよりよく生きるため」「生前の自分の意思を残すこと」でしたね。

 

さて皆さん….もしかしたら実際に購入し、書いたことがある方もいるかもしれません。

あるいは書店で手に取って、その時は買うのを止めた方、買ってはみたものの買っただけの方もいるかもしれません。

なぜ書くのを躊躇されるのか?あるいは買ったも書くのを躊躇されるのか?

 

エンデディングノートって、結構立派なんですよね。分厚くて。

そして、開いてみると書く項目が沢山ある。

結果、書くのが億劫になるのではないでしょうか。

 

エンディングノートの目的って、「生前の自分の意思を伝えること」です。

 

であればですね、ぶっちゃけたところ、どれでも良いんですよね。

なので、

好きなものを選んでください!

以上です!

 

と乱暴に申し上げましたが、本屋さんに行くと、色々ありますよね。

厚さも色々、お値段も色々…

選ぶのに迷ってしまいます。

あとでお話ししますが、エンディングノートって、何回も何回も書き直しをするものです。

途中で気が変わったり、追加で書き足したりするものなんですね。

なので、最初は薄くて余白の多いノートが良いと思います。

あとは「使い勝手」ですね。

自分のことを多く書きたい方は、書き込み欄に余裕があるものを、逆に文章を書くのが苦手な方はチェックを入れる項目がメインのノートがオススメです。

 

<エンディングノートの書き方>

上に書いた通り、エンデイングノートは「一回書いてお終い」ではありません。

一回書き上げても5年後、10年後には状況や気持ちが変わっていることもあるでしょう。最初から完璧を目指さず、気持ちを楽にして取り組んでよいのです。

では、ポイントをいくつか。

 

・時間をかけて書いてみましょう

いっぺんに書き上げなくてもいいですし、また最初のページから書き始めなくてもよいのです。書きやすい所から少しずつ。

 

・手書きしましょう

パソコンソフトのエンディングノートもあるようです。しかし、パソコンだと保存先を失念してしまったり、うっかり消去してしまったり、家族がアクセスできなかったりします。

 

・希望や要望には理由を添える

「家族葬を希望する」と書くならば、その理由も添えて欲しいのです。

 

ともすると家族は、「どうしても家族葬でしなければならない」とノートに残された要望に固執しがちです。

なので、「なぜ家族葬を希望するのか」と理由も添えて欲しいのです。

 

・記入箇所を変更するときは

上記の通り、手書きがオススメです。追加・変更も自由にできます。

ただ、変更する場合、追加する場合は、日付も書いておきましょう。

 

エンディングノートは何度も書き直すものです。最初からよいものはできません。

 

また…..一番大事なことは、

「買っただけで満足せず、とりあえず書いてみること」です!

 

<エンディングノートの管理>

 

さて、ノートには自分の希望や要望の他に、家族への想いも書きますよね。

最終的に家族に読んでもらうためのものですが、書いている途中に読まれるのは気がひけるし、第一恥ずかしいですよね。

ノートは重要な個人情報もあるため、ノートの保管先には十分な注意が必要です。

とは言っても分かりにくい所に隠しておくと、発見されず、せっかくの希望が叶わないことにもなります。

 

ご家族に読まれなければ意味がないので、「ノートを書いている」という事実は伝えておきましょう。また、どの辺に保管している、ということも伝えておきましょうね。

 

ぴっぷエクスマ〜「世界観の表現」とは?

こんにちは。

旭川で葬儀社を営んでおります、(株)弘善社の太田弘文です。

当社では、葬儀を軸として、皆さんの「終活」の支援を行なっております。

少しずつ、分かりやすく、旭川の終活事情についてお話ししていきますので、皆さんのお役に立てれば幸いです。

 

 

昨日は比布町の「ぴっぷエクスマ化プロジェクト」に参加せせていただきました。

「ぴっぷエクスマ化プロジェクト」とは、エクスペリエンスマーケティング(通称エクスマ)を推進する藤村正宏が、2年間に渡って比布町にコンサルティングしているプロジェクトなんです。

ここで、「エクスマ」って初めて聞く方も多いかもしれませんので、少し説明を。

藤村正宏氏の提唱している、「モノ」ではなく、「体験」を売る視点のマーケティング手法のことです。

 

ちょっと長いので、通称「エクスマ」と呼ばれています。

ボク自身、2年前から「エクスマ」の考えに感銘を受け、日頃からセミナーに参加したり、先生の著書を読んだりして学びを深めています。

ボク自身もエクスマ塾の塾生ということで、ご縁をいただき今回も参加をさせていただきました。

本当は10月まででお終いのこのセミナー。

11月、12月は追加公演となり、しかも無料!で参加できるという太っ腹なセミナーです。

さて、今回は山形県米沢で「鈴の宿 登府屋旅館温泉宿」という温泉宿を経営されている遠藤直人さんと、兵庫県にてVMD(ビジュアルマーチャンダイジング)という「魅せ方を軸にした伝え方」のコンサルをされている「株式会社 ライトハウス」代表の藤井雅範さんのお二人がゲスト講師でした。

その内容は….

通常の講義に加えて落語と演劇!

……圧巻でした。

「好きなことの表現」「世界観の表現」とはこういうことかと感嘆しました。

落語や演劇自体はもちろん楽しく面白いものでしたが、その根底には、自分自身の「世界観の表現」があると思うのです。

ビジネスに置き換えると、チラシやホームページやブログ、SNSで表現することも、その会社や社長さんの「想い」や「考え」…

 

ボクたちの会社やボク自身の

「想い」

ボクたちの会社やボク自身の

「考え」

ボクたちの会社やボク自身の

「取り組み」

ボクたちの会社やボク自身の

「できること」

 

つまり「世界観の表現」だと思うのです。

そして更にそれらを知っていただくこと。

藤村先生が今回のセミナーで我々に伝えたいことも、「自分なりの世界観を表現しよう!」『そしてそれを知ってもらおう」ということなのかなと、改めて思いました。

ボクたち弘善社も、

「葬儀」を核として「終活」全般をお手伝いできる会社に

 

そんな想いをもっともっと皆さんに知ってもらいたいな、と思いました。

今回も良い気づきがあった今回のエクスマ。

次回(12月15日)も楽しみです。

ミニセミナー「葬儀マナーの基礎を知る会」を開催しました!

ようやく旭川も雪が積もりましたね。

こんにちは。

旭川で葬儀社を営んでおります、(株)弘善社の太田弘文です。

当社では、葬儀を軸として、皆さんの「終活」の支援を行なっております。

少しずつ、分かりやすく、旭川の終活事情についてお話ししていきますので、皆さんのお役に立てれば幸いです。

 

さて、本日、当社斎場でのミニセミナー「葬儀の基礎を知る会」が無事終了しました。

 

社員さんやボクのカミさんにも手伝ってもらい、感謝感謝です。

今回は、当社斎場の存在をご近所さんにもまだまだ知られていないのでは?

と思いチラシのポスティングをメインに告知をしてみました。

もちろん、フェイスブックやツイッターでの告知も実施しました。

 

結果、ボクの友人の方々や、ポスティングチラシを見てきてくださったご近所の方々、人づてに聞いて来て下さった方々などのご参加をいただきました。

また、チラシを見て事前相談に来て下さった方もおりました。

セミナーの内容としては、今回はお焼香の作法遺影写真の準備など、基礎的なお話をさせていただいたのと、斎場見学もさせていただきました。

今回、ポスティングをご近所に行いましたが、セミナーに来られないまでも、我々の存在を知っていただくことはできたのではないかと思います。

集客やセミナーの内容、社内での取り組み方…様々な課題が見つかりました。

次回は来年2月5日に予知しております。

今回の反省を踏まえ、次回はより充実したセミナーにしたいと思いますので、どうぞよろしくお願いします!

 

【末広・東鷹栖地域包括支援センター様主催 終活セミナー!】

ようやく旭川も雪が降り始めましたね。

こんにちは。

旭川で葬儀社を営んでおります、(株)弘善社の太田弘文です。

当社では、葬儀を軸として、皆さんの「終活」の支援を行なっております。

少しずつ、分かりやすく、旭川の終活事情についてお話ししていきますので、皆さんのお役に立てれば幸いです。

 

 

昨日11月20日(火)に、「末広・東鷹栖地域包括支援センター」様主催の「終活セミナー」の講師を務めてきました。

 

東鷹栖公民館に、約40名の方にお集まりいただきました。

2年ほど前から最近は終活セミナーの講師を依頼されることが多くなってきております。セミナーを聞いてくださった方からご紹介いただくことも多く、そんな繋がりが有難いですよね。

地域包括支援センター様主催の終活セミナーも各地でお声かけくださり、東旭川・千代田から始まり、豊岡、春光・春光台、そして今回は末広・東鷹栖でお招きいただきました。

さて、今回は120分とそこそこ長丁場!

「終活とは?」「エンディングノート」「遺影写真」「遺言」「相続」「生前整理」「お寺さんのこと」「納骨先のこと」などを重点に絞った形でお話しさせていただきました。

 

また、途中に遺言や相続のクイズを出したりして、皆さんに参加いただきながらのお話しも出来ました。

 

我々が実際に葬儀を施行する中で、ご家族から聞いた話や、これまでセミナーで質問のあった話など、実例を元にお話しをしたのですが、やはり実際にあった話だと皆さん興味を持って聞いてくれます。

 

総じて皆さん大変熱心に聞いていただきました。

 

終活の目的とは、「人生の幕引き準備ではなく、安心して余生を生きるため」のものです。そのために大事なこと…それは「自分の想いを残すこと」です。

皆さんはご家族に伝えていますか??

大切なことはちゃんと伝えましょうね。

また、講師の依頼があれば喜んでさせていただきますので、お気軽にお声かけくださいね。

【「バカと付き合うな」 読了!】

こんにちは。

旭川で葬儀社を営んでおります、(株)弘善社の太田弘文です。

当社では、葬儀を軸として、皆さんの「終活」の支援を行なっております。

少しずつ、分かりやすく、旭川の終活事情についてお話ししていきますので、皆さんのお役に立てれば幸いです。

 

さて、ボクの数少ない趣味の一つが読書なのですが、今後少しずつ自分が読んだ本をご紹介していきたいと思います!

 

今年は個人的に落合陽一さん、堀江貴文さん、西野亮廣さんの本を多く読みました。

この「バカと付き合うな」は堀江さん、西野さんの共著なので、読まないわけにはいきません!

 

さて、この本で表現されている「バカ」ですが……

結局全員みんな全て「バカ」ということなんですね。

 

「バカ」を自覚し、思考し、行動するすることが大事であると。

そして我々人間の「在り方」にも触れています。

「時代が日進月歩の進化、あるいは変化しているにも関わらず、なぜ人間のあり方はそう変わらないのか?」

そんな問い掛けがされています。

バカな人の行動は否定しているものの、「こういう人間はダメだ」って、個人を全人格的に否定するような言葉は使われていません。

 

「お前は変われる。バカな部分もある、だけれどもそれは変えられるものだ、諦めるな。」

「行動すれば、世の中は変えられる」

「お前も変わる。社会も変わる。」

 

ボクが感じた、お二人の言いたい「バカ」とは…

「固定観念に縛られている人」

「しがらみや常識に縛られている人」なのかな、って思いました。

固定観念を持つぐらいならいいと思うのです。それに縛られてしまうと、あるいはそれを他人にまで影響を及ぼしてしまうとダメなんでしょうね。

 

「お前バカだなぁ」って言ってくれる人。

わざわざそう言ってくれる人の言葉の裏に愛情を感じることってありますよね。

最後は堀江さん、西野さんの愛情を感じました。

 

そう。これは愛に満ち溢れた本です。