社長BLOG

読みたい記事を探す

月別アーカイブ

終活と「意思を残すこと」〜エンディングノート

「終活」とは?

こんにちは。

旭川で葬儀社を営んでおります、(株)弘善社の太田弘文です。

当社では、葬儀を軸として、皆さんの「終活」の支援を行なっております。

少しずつ、分かりやすく、旭川の終活事情についてお話ししていきますので、皆さんのお役に立てれば幸いです。

 

さて、「終活」ですね。

数年前からよく聞く「終活」ですが、終活とは、「人生の終焉に向けて行う活動」のことです。

その活動全てが「終活」と言えます。

エンディングノートを書くことなんかも、終活の一環と言えるでしょう。

終活の目的

最近になって認知されてきた「終活」ですが、「最期のことを考えるなんて縁起が悪い」とか「考えるにはまだ早い」とか考える方も多いですよね。

でも….

終活の目的って、人生の幕引き準備ではなく、今後をより豊かに生きることなんです。

 

こんな理由で終活する人が増えている

終活に興味を持たれる理由は様々です。

・金銭的な部分で子供達に頼ることができない

・子供達が旭川ではなく、遠くに住んでいてあてにできない

・残された家族に負担をかけたくない

・老後や死後の不安をなくしたい

・一人暮らしだから、もしもの時が不安

・自分の考えを整理して、家族に伝えておきたい

皆さんどれかは当てはまるのではないでしょうか?

また、皆さんの周囲で、同じように悩まれている方も多いかもしれません。

繰り返しになますが、終活とは「終わりを考える」ことではなく、「今をどう生きるか」を考えることです。

元気な今だからこそ、自分のための「終活」を始めませんか。

 

エンディングノートとは?

エンディングノートをご存知の方も多いですよね。

実際に目にした方、あるいは購入してみた方、実際に書いてみた方、購入したものの書くまで至っていない方など、様々だと思います。

 

エンディングノートの目的

エンディングノートを書く目的とは、終活の目的とそのままイコールだと思っています。

つまり、「今後の人生をよりよく生きるため」に「生前の意思を残すこと」です。

そのためには、まず自分がどんな考えなのか、伝えたいことは何なのか、書き出す必要がありますよね。

昔はエンディングノートなんてありませんでした。

親と同居していたから、子は親の思いをなんとなく分かっていたし、親も子になんとなく伝えていたんです。

今は核家族が当たり前。息子さんや娘さんが遠方に住んでいる(旭川に住んでいない)ケースも多いし、市内に住んでいても同居していないケースも多い。

 

だからこそ、ノートに残す必要があるのです。

 

次回はエンデイングノートの選び方や書き方をご紹介しますね。

最後までお読みいただき、ありがとうございます。