社長BLOG

読みたい記事を探す

月別アーカイブ

【終活セミナー講師を務めてきました!】

今年初の終活セミナー

皆さんこんにちは。

 

昨日、「みちの会」という、北海道開発局の退職者の方々の会様主催のセミナーにお呼ばれし、終活のお話をさせていただきました。

 

なんでも、当社のホームページやボクのブログを見て問い合わせ頂いたようで、ありがたい限りです。

会場はトーヨーホテルさんで、32名様の出席がありました。

また、セミナー終了後、懇親会も出席させていただきました。

今回の皆さんは、一度退職されていて、第二の職場で活躍されている方、悠々自適な生活を送られている方様々でしたけれども、皆さん元気元気!でした。

今回は1時間という短い時間でありましたので、終活全般の、概要的なお話をさせていただきました。

終活で一番大事なこととは

遺言や相続、エンディングノート、お寺さんのこと、お墓のこと、終末期医療、そしてお葬儀……それぞれに共通して大事なことは、やはり「生前の意思を遺すこと」です。

中でも、お寺さんのことやお墓のことに関する「承継問題」….

「承継問題」が発生しそうであれば、今の自分たちの代で道筋をつけておく方がよろしいかと思います。

終活は皆さんそれぞれ違います

懇親会の席では、色んな質問がありました。

そこで感じたのは、「終活」はそれぞれ皆さんの事情によって一人一人違うもの、ということです。

皆さんそれぞれ生い立ちや歩んできた人生、そして家族構成など、違って当然なんですよね。

今回も、ボク自身の実例を話させていただきました。

やはり実際にあった話だと皆さん興味を持って聞いてくれます。

 

セミナーでお話をさせていただくのも大事であると思っていますが、皆さんが個別に相談したいこと、不明なことがあれば、喜んで対応させていただきますので、どうぞお気軽にお問い合わせくださいね。

そうそう、今回は新たな試みとして、終活に特化したチラシと、ボク自身の略歴を紹介したチラシを用意しました。

短い時間のセミナーでは、「知っていただくこと」に限界があります。

ご自宅に戻られてからでも役に立つような、そんな資料を随時増やしていきます。

 

さて、終活の目的とは、「人生の幕引き準備ではなく、安心して余生を生きるため」のものです。そのために大事なこと…それは「自分の想いを残すこと」です。

皆さんはご家族に伝えていますか??

大切なことはちゃんと伝えましょうね。

また、講師の依頼があれば喜んでさせていただきますので、お気軽にお声かけください!

 

【女性や小さなお子さんがいても安心な斎場を目指して】

こんにちは。

旭川で葬儀社を営んでおります、(株)弘善社の太田弘文です。

当社では、「葬儀」を軸として、皆さんの「終活」の支援を行なっております。

少しずつ、分かりやすく、旭川の終活事情についてお話ししていきますので、皆さんのお役に立てれば幸いです。

 

 

さて、年始の会議において、

「当社のやっていることをもっと知ってもらおう」

「当社の取り組みをもっと知ってもらおう」

 

と社員さんに向けてお話ししました。

当社の目指す方向性の一つに、「女性や、小さなお子さんがいても安心な斎場を」というのがあります。

当社では以前から取り組んでいることではあるのですが、皆さんにまだまだ知られてないことも多いのです。

そこで、少しご紹介したいと思います。

 

<チャイルドルーム~小さなお子さんがいても安心>

小さなお子さんを連れて葬儀に参列し、ぐずりだしちゃった経験はありませんか?

お子さんのおむつ替えスペースに悩んだ経験はありませんか?

小さいお子さんが長い葬儀に耐えられなくて泣き出してしまうことはよくあります。

また、控え室でもお子さんの居場所がなかったり……

小さいお子さんはじっとしているのが苦手ですよね。

葬儀場は小さいお子さんにとって、居心地の良い場所ではありません。

そんな時、チャイルドルームをお使いください。

また、実はウチの斎場、「旭川市こんにちは赤ちゃんステーション」にも登録しているんです。

ママさんの負担が少しでも軽くなりますように……

 

<控え室~アメニティも充実>

急遽斎場に泊まることになったけど….タオルや歯ブラシの持ち合わせがない、ということはありませんか?

当社の斎場控え室にはお風呂が完備しております。

ボディソープ、シャンプーはもちろん、タオルや歯ブラシも常備しております。

お通夜の後も、ゆったり過ごすことができますよ。

 

<お化粧室~朝の身だしなみを整えたい>

朝の身支度をしている中で……顔を洗いたいし、歯も磨きたいけど洗面台がない!ということはありませんか?

 

朝の身だしなみ、特に女性の方は大変です。

当社の控え室には洗面台が一台あります。が、朝はどうしても混み合うもの。

控え室の洗面台とは別に、「お化粧ルーム」に洗面台が5台ありますので、混雑も少ないんですよ。

これで朝の準備も安心ですね。

式前の身だしなみをしっかり整えることができますよ。

 

<お着替え室~気兼ねなくお着替えできます>

喪服に着替えたいけど、控え室では着替えられないし……

しょうがなくお手洗いで着替えをされた経験はありませんか?

 

女性の方は周りを気にすることなくお着替えや身支度をしたいですよね。

当社の斎場では、控え室とは別のお部屋にお着替え室を用意しております。

また必要であれば着付け専門のスタッフを手配いたしますので、和装へのお着替えもしっかりサポートできますよ。

 

いかがでしたか?

女性目線、小さなお子さんがいるママさんの目線で、当社の「女性や、小さなお子さんがいても安心な斎場を」の視点で取り組んでいる部分をお伝えしてみました。

今後、斎場施設だけではなく、サービス面においても女性目線、ママ目線のサービスを展開していく予定ですので、ご期待くださいね!

【葬儀セミナー:葬儀マナーの基礎を知る会 開催します!】

こんにちは。

旭川で葬儀社を営んでおります、(株)弘善社の太田弘文です。

当社では、「葬儀」を軸として、皆さんの「終活」の支援を行なっております。

少しずつ、分かりやすく、旭川の終活事情についてお話ししていきますので、皆さんのお役に立てれば幸いです。

 

 

さて、来月2月5日(火曜日)に当社斎場(弘善社中央斎場)にて、ミニセミナーを開催致します!

 

前回は

「香典袋の書き方は?御霊前?御仏前?」

「キリスト教の時はどうしたらいいの?」

「お焼香の作法って何回がいいの?」

「お線香立てる宗派と寝かせる宗派あるよね?」

「数珠の正しい持ち方って?」

などの内容をご説明させていただきました。

思った以上の多くの方にご参加いただき、ありがたい思いでした。

さて、今回のテーマは、

「お葬式の服装〜避けたほうが良いものとは?」

「お葬式での失敗ごと〜失敗事例から学ぼう」

というテーマでお話ししたいな、って思っております。

・暑い日は半袖シャツでいいの?

・黒い靴ならなんでもいいの?

・スカートではなくパンツスーツでもいいの?

・アクセサリ、って着けたらダメなの?

そんなギモン、ありませんか?

また、皆さんから当日、質問もお受けしたいと思いますので、お葬儀に関するギモン、終活に関するギモンなどなど、素朴なギモンを解決できる場にしたいと思います!

 

また斎場見学会も同時に行います。

 

わかりやすくお役に立つ内容にしたいな、と思いますので、どうぞお気軽にお越しくださいね。

 

お申し込みは、☎︎54-1059  弘善社 太田までお願い致します!

【弘善社の終活〜ボクらのできることをあらためて考える】

こんにちは。

旭川で葬儀社を営んでおります、(株)弘善社の太田弘文です。

当社では、「葬儀」を軸として、皆さんの「終活」の支援を行なっております。

少しずつ、分かりやすく、旭川の葬儀・終活事情について情報発信しております。皆さんのお役に立てれば幸いです。

 

社員さんに向けた年頭の話

さて、年も明けて月曜日。本格的な2019年のスタートですね。

僕らも年頭会議を行い、今後の社内での方向性などを話し合いました。

その後、社員皆さんに個人個人の目標を提出してもらい、また僕個人の目標も社員さんに伝えました。

僕個人の目標というのは、そのまま会社の目標になってしますのですが、その中の一つに、「弘善社でできることを知ってもらう」というのがあります。

 

我々は葬儀社ですから、葬儀全般のサービスの充実はもちろん行うのですが、それだけでは十分ではないと考えています。

葬儀だけではなく、それにまつわるサービスを全般的にできるように。

そんなことを考えるのです。

 

弘善社の考える終活とは?

現在、「葬儀をしなければ」という意識は、以前に比べて希薄化してきているように思います。

考えてみると、多くの葬送儀礼は、宗教問わず「慣習」の部分が多いのですね。

どうしても必要な葬送の手続きとは、死亡届を提出し、火葬し、お骨を埋葬する。それだけです。

 

最近、業界紙で「薄葬化」という言葉を耳にしました。

葬儀に対する意識が希薄化している、という意味です。かつてのように、「手厚く死者を弔う」という時代ではなくなってきたように思います。葬儀そのものの存在価値が問われているとも感じます。

では、お葬式そのものがなくなるかといえば、そうではないと思います。

葬儀とは、必ず故人との何らかの関わりがある人が集まる場縁づくりの場であるからです。

僕らは「価値ある葬儀」を考え続け、また提案し発信し続けて行かなければならないと考えています。

「価値ある葬儀」を語る上で、葬祭事業者の果たすべき役割は、今後ますます高まっていく(重要になっていく)と思っています。

また、葬儀以外の終活でも。

今、あらためて終活のことを考えています。

僕らが提案できること、お手伝いできることを洗い出しています。

 

 

弘善社の提案できる終活とは?

僕らは葬儀社ですから、葬儀全般はもちろん全てできます。

それ以外に…..終活関連で、もっともっとできることがあると思っているのです。

終活は色々な切り口があります。

ライフステージにおいては生前考えること、葬儀の時に考えること、逝去後に考えること、という切り口。

項目においては、事務的・法的な手続きのこと、宗教的なこと、という切り口。

また、家族構成や年代、居住地などの事情によっても違うでしょう。

まさに多種多様で一括りにできないないものが終活なのです。

今後、いくつかの終活関連サービスを展開しようと思います。

 

大切なのは、残す方も残される方も、家族みんながよかったと言えること

そのサポートができるように。

これからも弘善社は終活を考え続けます。

【年始に思うこと〜猪突猛進で頑張ります!】

こんにちは。

旭川で葬儀社を営んでおります、(株)弘善社の太田弘文です。

当社では、「葬儀」を軸として、皆さんの「終活」の支援を行なっております。

少しずつ、分かりやすく、旭川の葬儀・終活事情について情報発信しております。皆さんのお役に立てれば幸いです。

 

 

今日から仕事始めでした。

年始は社員さんに向けて「年始会議」をさせていただくのですが、会議の直前まで、何を話すか、何を伝えるか考えあぐねていました。

というより、何を話すか迷っていました。

 

目標や課題はあります。

それらを伝えるのももちろん大事なのですが、それよりも、会議が終わった直後、社員さんが「よし今年も頑張ろう!」と思ってもらうのが大事だと考えていたのです。

 

結局、去年の実績の報告、今年の目標などをお話ししたのですが。

でも伝えたいことはそういうことではない。

 

結果、シンプルに、

 

・社長(自分自身)の決意、覚悟

・目標達成には社員さんの協力が必要

・だからよろしく頼むね!

 

そんなことを伝えさせていただきました。

 

現在、お葬儀に対する意識は「薄葬化」と呼ばれています。

かつてのように、「死者を手厚く弔う」という時代ではなくなっていてきます。

葬儀そのものの存在価値が問われる時代。

「葬儀をしなければ」という意識は以前に比べて希薄化しているのです。

では、葬祭事業者が必要なくなるかといえば、そうではありません。

むしろ、お弔いを語る上で、供養を考える上で、我々葬祭事業者の果たすべき役割、我々に求められる役割、我々が皆さんにお手伝いできることは、今後ますます高まっていくと思うのです。

今日の会議で、社員さんに「当社の良さ」を発表してもらいました。それぞれの意見や考えがあり、大変有難い思いでありました。同時に嬉しくもありました。

 

ボクの仕事は、そんな弘善社の良さを、あらゆる手段を使って皆さんに知ってもらうことだと思っています。

我々の「想い」「考え」「できること」を知っていただくために、これからも発信し続けます。

 

さて実はボク今年、年男です。

亥年生まれらしく、猪突猛進、突き進んで頑張ります。

皆さんも良い年でありますように!

今年一年、どうぞ宜しくお願い致します。

【年末に思うこと〜皆様に感謝!】

こんにちは。

旭川で葬儀社を営んでおります、(株)弘善社の太田弘文です。

当社では、「葬儀」を軸として、皆さんの「終活」の支援を行なっております。

少しずつ、分かりやすく、旭川の葬儀・終活事情について情報発信しております。皆さんのお役に立てれば幸いです。

 

さて、月末に忙しくなり、加えて降雪量も多く、除雪作業に追われる数日間でした。

31日になってようやく少しゆっくりできる時間ができました。

今日は年始に社員さんに向けてお話しすることや今年度の反省、業界紙の2019年展望などを読んでいました。

今年も色々なことがありました。
良いこともそうではないことも。
ここにきて思うのは、自分の身の周りに起きたことは全て「必然」だということです。

良いことも「必然」

そうではないことも「必然」

必然に起きたことをどう捉えるか?
良いように捉えるか、悪いように捉えるかは全て自分自身の「心の在りよう」だと思います。

去年から今年にかけて、「関係性」というテーマで取り組んできました。来年も継続しますが、さらに心の「在り方」「捉え方」について深く取り組んでみたいと思います。

本年も多くも皆様にご縁をいただきました。

そして皆様に助けていただいた一年でありました。

そのご縁全てに感謝感謝です。

来年も宜しくお願い致します。
皆さん良いお正月をお迎えください!

【家族葬体験談〜葬儀社の思う家族葬の良いところとそうとも言えないところ】

こんにちは。

旭川で葬儀社を営んでおります、(株)弘善社の太田弘文です。

当社では、「葬儀」を軸として、皆さんの「終活」の支援を行なっております。

少しずつ、分かりやすく、旭川の葬儀・終活事情について情報発信しております。皆さんのお役に立てれば幸いです。

 

さて、現在主流とも言える家族葬。

その体験談をまとめてみました。

 

<良かった、というご意見>

●前回はたくさんの人が来て大変だったが、今回は誰にも気を遣うことなく思い通りの葬儀が出来た。(喪主の妻)

●食事や返礼品などの費用を軽減できた。(施主男性)

●故人の入院が長かったので、近所付き合いもなく、また友人や同級生もすでに他界している方が多く、家族だけでおこなった。こぢんまりと家族だけで、温かい雰囲気のなか、お別れが出来た。(喪主男性)

 

<後悔した、というご意見>

●妹の希望通り家族葬で、新聞の「お悔やみ」に載せなかったが、後から色々な人が弔問にみえて、「なぜ知らせてくれなかった」と言われたりする度、いちいちお詫びと説明をするのが疲れます。いつまで続くのでしょうか。(喪主夫妻)

●来てもらうつもりがなかった親戚が、来ると言って来たり、お供えを出すと言ってきたり、私達の想いが伝わらず口論が絶えない中でお通夜を迎えました。結局、お通夜も葬儀も親戚には来て頂いたのですが、こんな事なら最初から家族だけでやると決めなければよかった。

●家族葬だから来なくていいと言ったのに、町内会長さんが近所の人のお香典を預かってきたり、後でお香典やお供えを持ってくる人がいて、その都度お返しを用意してお礼とお詫びに伺っています。(道外在住女性)

●ご近所に母が亡くなったことを伝えていないので、会う度にいつお話ししようかと悩んでいます。安否を気遣われる方には特に言い辛く、外に出ることが億劫になってしまいました。弟が家族葬でいいと言うし、私も定年退職して会社も関係無いからそれで良いとその時は思いましたが、普通に連絡しておけば良かったです。亡くなった母は何も悪いことをしていないのに、隠し続ける自分が非常に辛いです。(喪主男性)

●主人の携帯に、仲の良い友人からの着信やメールがあります。誰にも知らせていないから、生きていることにしていますが、いつまで嘘を続ければよいでしょうか。(喪主女性)

●家族葬でおこなった為、ご近所の方もご遠慮いただきました。しかしこの後、母1人がこの家に残った後、ご近所の方との関係を考えると、ご近所のご厚意を断ってまで家族葬にこだわる必要は無かったと思います。(道外在住女性)

●家族葬は簡単で安上がりかと思ったら、持ち出しの出費が多かった。前回は香典で殆どの支払いが出来たのに、今回は会社からの香典も一切なしでした。(喪主男性)

●前回は、会社で忌引き休暇を取ることが簡単だったけれど、家族葬ですると言ったら診断書が必要とか、まるで嘘をついて休暇を取るような言い方をされた。母の時は大勢のお参りがあったのに、誰もいない寂しいお葬式にしたことが、子供として父に対して申し訳なく思う。義理姉の意見に従ってしまいましたが、こんな事になるとは思わなかったです。(喪主の弟)

●「近親者のみで執り行いました」と新聞に出した日に、近所の方や親戚が大勢やってきて、そんな可哀想な事をするなとか、色々お叱りを頂きました。(喪主男性)

●ほんの家族だけで行おうと思ったのに、孫や親戚が来るといってきかなくて、座る場所もなく、迷惑をかけてしまった。次回は広い所にします。(安置室利用 喪主女性)

●義理で来てもらうのも悪いし、本人の遺言だったから家族葬にしたのですが、そんなに悪いことをしたのでしょうか?親戚や兄弟は未だに反対しています。(喪主男性)

●後で会社から、社員の親が亡くなった時の規定(香典・手伝い・供物・焼香)を全て断っているので忌引き休暇を適用することは出来ないから、親戚の葬儀で休んだことにしておくと言われた。今思えば、会社から貰えるものは貰っておけばよかったかな。(喪主男性)

 

<家族葬だから・・・と言われた一般の方からの問い合わせ>

●うちの社員が、家族葬でするから、会社からのお参りもお供えもお断りすると言うのですが、本当に何も出さなくていいのでしょうか?いつも社員のお葬式には、必ずお参りに行っているのですが、これはどうゆう事なのでしょうか?

●最近、知り合いが亡くなって、家族葬でしたらしいけど、その人にも何十年かの人生があって、お知り合いもいたのにね。お別れできないなんて寂しいことです。

●私の家は普通にするけど、家族葬でした家には、私達もお参りに行ってないし、今父が亡くなった事を言っていいのか悪いのか、どうなのでしょう?

●遠い親戚で今亡くなった人からは、以前香典を頂いていますし年賀状も毎年頂いています。その家とは一通りお付き合いをしてきたつもりですが、息子さんや嫁さんは付き合いしない、ということでしょうか?

 

<相談者が誤解しがちな家族葬のイメージ>

①安い 

●食事やお返しが少ない分、確かに安くなります。しかし、お棺をはじめとする葬儀費用やお寺へのお礼は同じです。

※香典収入が少ない分、ご遺族の方の持ち出し分が多くなります。

※収支で考えると「安い」とは言い切れません。無理のないご予算でお考え下さい。

②簡単 

●家族葬のつもりが、普通になってしまうことがよくあります。経験のある方ほど、普通にイメージしているお葬式がわかりやすく。新しい言葉には抵抗があります。

●「呼ばれなかった」など、無碍に扱いを受けた印象は、簡単には修復できません。

③最近多い

●確かに以前より多いですが子に当たる方が親の葬儀を出す場合は、やはり少数派でしょう。

●ご高齢で家族の無い方や、その他色々なご事情の方も増えております。

 

さて、いかがでしたか?

現在主流ともなっている家族葬ですが、そのやり方は様々です。

ボクたちの考える、葬送における最も大事なことは「故人様を想う心」です。

「故人様を想う心」を念頭に考えていただければ、間違いのないお葬儀ができると思います。

皆さんはどんな葬送をお考えですか?どんなお見送りを希望されますか?

先ずはご希望やご要望をお聞かせくださいね。

 

【葬儀のあり方を考える〜色々な葬送があってもいいですよね】

こんにちは。

旭川で葬儀社を営んでおります、(株)弘善社の太田弘文です。

当社では、「葬儀」を軸として、皆さんの「終活」の支援を行なっております。

少しずつ、分かりやすく、旭川の葬儀・終活事情について情報発信しております。皆さんのお役に立てれば幸いです。

 

今週、こんなお葬儀がありました。

お寺さんを呼ばず、お通夜はご家族や友人の方が集まり会食をし、葬儀は出棺前にお棺に献花をしてお別れ。

祭壇は通常通り作って、お棺は皆さんが故人様のお顔を見えるように低い位置に安置して。

会場は、いつもなら椅子を並べるところを、テーブルを並べて、軽食や飲み物を振舞って。

そんなカタチのお葬式でした。

 

ご家族にとっては、故人を近くに感じつつ、ご親戚や友人の方と故人の思い出話を話しながら、ゆったりと故人を偲ぶ時間を過ごせたようです。

 

今年に入って、お葬儀に対する価値観の多様化について考えさせられることが多かったです。

それは、お葬儀の現場のみならず、終活セミナーや葬儀相談会をする中でも感じることがありました。

近年、家族や近親者だけで行う「家族葬」は、もはやそれが一般的な葬儀と言えるほど認知されていると感じます。

しかし、近年のお葬式に対する意識の変化はそれだけで十分説明できないのでは、と思います。

お葬儀のみならず、宗教者や埋葬に対する意識も確実に変わってきているように感じるのです。

 

従来でしたら宗教者がいないお葬儀はまず無かったですが、今は「火葬式(直葬)」や「お別れの会」や「偲ぶ会」などの形式があったり。

埋葬のカタチも、お墓や納骨堂の他に、合同墓や散骨、樹木葬など、色々な形式があります。

お葬儀の形もいろんな考在り方や考え方があっても良いと思います。

形式や祭壇やその他諸々。

 

そうはいっても、どんなお葬儀ができるのか、どんな形式でできるのか、費用はどれくらいなのか、わからないですよね。

ボクらとしては、ご家族様の要望に応えられるように、ご家族様に提案できるように、もっともっと研鑽を積んでいかなければ、と感じています。

 

価値観の多様化というのは、何を重視するか、ということ。

お葬儀に関していえば、家族がお葬儀に対して何を重視するのか、何を望んでいるのかに我々は敏感にならなければダメだと感じています。

 

ボクたちの考える、葬送における最も大事なことは「故人様を想う心」です。

「故人様を想う心」さえ忘れなければ、葬送の形は色々あっても良いのでは。

そんなことを年末に思いました。

 

皆さんはどんな葬送をお考えですか?どんなお見送りを希望されますか?

先ずはご希望やご要望をお聞かせくださいね。

 

平成30年12月葬儀施行 N様アンケート〜感謝の言葉をありがとうございます。

こんにちは。

旭川で葬儀社を営んでおります、(株)弘善社の太田弘文です。

当社では、「葬儀」を軸として、皆さんの「終活」の支援を行なっております。

少しずつ、分かりやすく、旭川の葬儀・終活事情について情報発信しております。皆さんのお役に立てれば幸いです。

 

さて、アンケートのご紹介です。

 

12月に旭川市にお住まいのN樣のお葬儀を施行させていただきました。

N様の友人の紹介で当社に依頼してくださいました。

ご紹介していただく「繋がり」は、大変ありがたく感じます。

ご家族ご親戚の皆さんにとりましてもあたたかくお見送りできたと大変ご満足いただけたようで、その旨をアンケートにしたためて下さいました。

内容を少し抜粋してご紹介させていただきます。

 

葬儀費用については、

「予想よりも安くすみました。」

 

担当者の対応については、

「丁寧に教えていただきました。」

 

スタッフ全般の対応については、

「皆さん暖かい対応でした。」

 

ご用意させていただいた祭壇については、

「好きな花もたくさんあって素晴らしかったです。」

 

斎場施設を利用してみて、については、

「行き届いたホテルのようで過ごしやすかったです。」

 

お料理全般については、

「お腹に優しい味付けで、暖かい汁物が嬉しかったです。」

 

そのほか、

「人生のうちで数えるほどしかない事で、頭が働かず、何を考えなければならないか、何をしなければならないかと……そんな状況に一から導いて下さり、大変感謝しています。終わってみれば、来て頂いた皆さんに失礼はなかったかと気をもむのですが……無事、母を送ってあげられたのかな、とも思います。ありがとうございました!」

との意見も頂戴しました。

 

N様、大切な家族を亡くされたなかで、こうして私どもへの言葉を綴っていただきましたこと、心から感謝致します。ありがとうございました。

私たちの施行で少しでも心穏やかになられましたら幸いでございます。

アンケートのご協力、誠にありがとうございました。