社長BLOG

読みたい記事を探す

月別アーカイブ

NEW

【シニアライフカウンセラー養成講座 初級!】

こんにちは。

旭川で葬儀社を営んでおります、(株)弘善社の太田弘文です。

当社では、葬儀を軸として、皆さんの「終活」の支援を行なっております。

少しずつ、分かりやすく、旭川の終活事情についてお話ししていきますので、皆さんのお役に立てれば幸いです。

 

さて、17日、18日の日程でシニアライフカウンセラー養成講座初級講座の講師を勤めてきました。

かれこれ20回目の講座です。

 

 

 

シニアライフカウンセラー養成講座は、いわゆる「終活セミナー」とは違います。

 

終活全般のことに加え、「高齢化社会の将来的展望「整理収納、片付け」「医療保険・年金保険」「高齢者向け住まい」「介護・健康」など、まさにシニアライフ全般についての困りごとや悩み事の解決をサポートしたりカウンセリングできる人材を育成する講座なのです。

 

ボクは「終活と逝去後手続」「葬儀トラブル事例」「エンデイングノート」「葬儀・遺骨の葬い方」「相続・遺言トラブル事例」などの講座を担当しております。

講座を通じて思うのは、まだまだ我々のしていること、できることが知られていない、ということです。

 

今回は私の講座の中で、「おひとりさまの終活」について話させていただきました。

現在、一人暮らし、いわゆる「おひとりさま」世帯は、全世帯の32.5%であり、それは夫婦などの二人世帯(28.0%)、夫婦および子供の三人世帯(18.3%)を上回り、今や一番多い世帯と言えるのです。

 

「おひとりさま」とは、何も天涯孤独の人を指すわけではありません。

 

・身元保証や日常生活支援してくれる人がいない人

・判断能力が欠乏した時に日常生活を助けてくれる人がいない人

・葬儀や逝去された後の各手続きをやってくれる人がいない人

・住んでいた家や飼っていたペットの処置、SNSのアカウントを消去してくれる人がいない人

 

などが「おひとりさま」予備軍なのです。

 

ボク自身は、「終活を考える」ということは、「人生をより良く豊かに生きることを考える」ことだと考えています。

 

そのためにできること……

企業としてできること、個人としてできること、地域社会の一員としてできることが沢山あると思うのです。

 

行政や民間企業単独ではなく、社会全体で超高齢化社会を支えていく、考えていく必要があると感じた今回の講座でした。

ボクたちの「葬儀を通して終活を考える」、という取り組みがもっと広がればいいなぁ…

 

そうそう、

11月23日(金)に当社斎場にてミニセミナーを開催いたします!

 

・葬儀マナーの基礎を知りたい方

・斎場見学をしてみたい方

 

ご興味のある方はどうぞお気軽にご参加ください!

 

SNSやっています!〜ぜひご覧ください!     ^ – ^

 

 

 

こんにちは。

旭川で葬儀社を営んでおります、(株)弘善社の太田弘文です。

当社では、「葬儀」を軸として、皆さんの「終活」の支援を行なっております。

少しずつ、分かりやすく、旭川の終活事情についてお話ししていきますので、皆さんのお役に立てれば幸いです。

 

さて、実は去年からSNSに力を入れております!

いわゆるツイッターフェイスブックですね。

 

なぜ葬儀社さんがSNS?と思われるかも知れません。

理由はいくつかあります。

 

・「分かりにくい」葬儀のことを知っていただく

・弘善社に興味を持っていただく

・社長であるボク自身に興味を持っていただく

・弘善社の取り組みを知っていただく

・弘善社の「できること」を知っていただく

 

つまり、「情報発信の大事さ」です。

このホームページやブログもそうなんですけど、皆さんに「知っていただきたい」のです。

 

葬儀社さんのことって、普段あんまり検索しないですよね。

でも、普段から知ってほしいことって、いっぱいあります。

 

お葬式を頼むとすれば、

・どのような葬儀ができるのか。

・そこの社長さんはどんな想いでお葬儀をしているのか。

・そもそも弘善社の社長ってどんな人なのか。

 

ボクの顔が見えて初めて信頼していただけると思うのです。

 

ですので、ご興味があればぜひご覧くださいね。

あっ

お気軽にフォローもお願いします!

 

↓  ↓  ↓  ↓  ↓

 

ツイッターアカウントは「太田弘文」です。

 

 

 

一方、フェイスブックは「太田弘文」です。

 

どうぞ宜しくお願いします。^ ^

ミニセミナーを開催します!

こんにちは。

旭川で葬儀社を営んでおります、(株)弘善社の太田弘文です。

当社では、葬儀を軸として、皆さんの「終活」の支援を行なっております。

少しずつ、分かりやすく、旭川の終活事情についてお話ししていきますので、皆さんのお役に立てれば幸いです。

 

 

さて、今月23日(土曜日)に当社斎場(弘善社中央斎場)にて、ミニセミナーを開催致します!

 

ワタクシが色んなセミナーをする中で、参加者の方々からお聞きする、

「香典袋の書き方は?御霊前?御仏前?」

「キリスト教の時はどうしたらいいの?」

「お焼香の作法って何回がいいの?」

「お線香立てる宗派と寝かせる宗派あるよね?」

「数珠の正しい持ち方って?」

 

などなど、素朴なギモンを解決できる場にしたいと思います!

 

また斎場見学会も同時に行います。

当社オリジナルの、「故人様を中心に据えたお葬式形式」も展示予定です。

 

わかりやすくお役に立つ内容にしたいな、と思いますので、どうぞお気軽にお越しくださいね。

 

お申し込みは、☎︎54-1059  弘善社 太田までお願い致します。

 

【終活セミナー講師を務めてきました!】

今日は久しぶりに秋晴れで気持ちの良いお天気でしたね。

こんにちは。

旭川で葬儀社を営んでおります、(株)弘善社の太田弘文です。

当社では、葬儀を軸として、皆さんの「終活」の支援を行なっております。

少しずつ、分かりやすく、旭川の終活事情についてお話ししていきますので、皆さんのお役に立てれば幸いです。

 

本日は、「春光・春光台地域包括支援センター」様主催の「終活セミナー」の講師を務めてきました。

 

柏会館という町内会館に、約30名の方にお集まりいただきました。(久しぶりに柏会館さんにお邪魔しました!)

2年ほど前から最近は終活セミナーの講師を依頼されることが多くなってきております。セミナーを聞いてくださった方からご紹介いただくことも多く、そんな繋がりが有難いですよね。

地域包括支援センター様主催の終活セミナーも各地でお声かけくださり、東旭川・千代田から始まり、豊岡、春光・春光台、そして来月には末広・東鷹栖でお招きいただいております。

さて、今回は60分と限られた時間であったので、「終活とは?」「エンディングノート」「遺影写真」「遺言」「お寺さんのこと」「納骨先のこと」などを重点に絞った形でお話しさせていただきました。

我々が実際に葬儀を施行する中で、ご家族から聞いた話や、これまでセミナーで質問のあった話など、実例を元にお話しをしたのですが、やはり実際にあった話だと皆さん興味を持って聞いてくれます。

総じて皆さん大変熱心に聞いていただきました。

 

終活の目的とは、「人生の幕引き準備ではなく、安心して余生を生きるため」のものです。そのために大事なこと…それは「生前の意思を残すこと」です。

 

皆さんはご家族に伝えていますか??

大切なことはちゃんと伝えましょうね。

 

さて上に書いた通り、来月は末広・東鷹栖地域包括支援センター様主催の終活セミナーを予定しております!

 

また、講師の依頼があれば喜んでさせていただきますので、お気軽にお声かけくださいね。

 

ご逝去される前に、事前にある程度考えておいた方がよいこと

こんにちは。

旭川で葬儀社を営んでおります、(株)弘善社の太田弘文です。

当社では、葬儀を軸として、皆さんの「終活」の支援を行なっております。

少しずつ、分かりやすく、旭川の終活事情についてお話ししていきますので、皆さんのお役に立てれば幸いです。

 

 

お葬儀の流れって、何となく分かっていても、細かくは分からないですよね。

実際、自分が喪主や施主を務めるのって、人生でも数回しかありませんから、分からなくて当然だと思います。

強調させていただきたいのは、「事前準備」「事前の心づもり」をされていますでしょうか?ということなのですね。

病院で、いざご逝去の場面になると、頭の中が真っ白になったり、パニックになってしまうこともあるからです。

なので、ぜひ事前に専門家である我々にご相談いだだければ良いのですが。

やはりいざという時は慌ててしまいます。

ここでは、万が一の前に、考えておいたほうが良いものをご説明します。

 

<ご逝去される前に、事前にある程度考えておいた方がよいこと>

 

~「どういったカタチで葬儀をされたいか」~

まず、「ご家族の想い」(要望・希望)をまず聞かせていただきたいのです。

「ご家族がどのようにされたいか」で葬儀のカタチが決まってきます。

それは「家族葬」であるのか、広く告知をして「一般葬」で行うのかといった規模のお話しから、「こんなお花を使いたい」「こんなものを飾ってほしい」「こんな曲を流してほしい」といった細かなことでもよいのです。

 

中には我々では難しいこともあるかもしれません。それでもご希望を伝えてくだされば、「こんな方法なら可能です」とか「こんなやり方もありますよ」と我々も提案することが出来るのです。

「ご家族の想い」と「我々が提案できること」のすり合わせ。

それが最初の段階では一番大事だと考えています。

 

 

~具体的に聞かせていただければありがたいこと~

 

○葬儀形態(家族葬?一般葬)

○ご逝去された時には自宅に帰られますか?当社斎場に直行しますか?

○ご家族はどれくらいおられますか?

○子にあたる方々のお勤め先は?(旭川?地方?)

○ご親戚は近くにおられますか?遠方の方が多いですか?

○故人様はどんな人でしたか?

○故人が生前好きだったことは何ですか?

○故人はどんな趣味がありましたか?生前のお仕事はどんなことをされていましたか?

○檀家のお寺さんはおられますか?宗派は何ですか?当社で紹介する必要がありますか?

○お仏壇はございますか?

○納骨先~お墓、納骨堂はございますか?(なければどのように考えておりますか?)

○お寺さんとは今後どのような付き合いをして行く予定ですか?(檀家さんとして永くお付き合いしていく予定ですか?)

 

※上記の打ち合わせにおいて、日程、会場、寺院、香典返しの数、納骨先、新聞お悔やみ、葬儀お手伝いなどが決まってきます。

※上記の打ち合わせにおいて、「葬儀に対する考え・想い」をご家族と我々とでお互いに確認することができます。

また、葬儀終了後を見据えた打ち合わせやご相談をすることができます。

 

~その他:お写真は大事ですよ~

○お写真を準備

・遺影に使われますお写真をあらかじめ準備しておくと良いでしょう。

・遺影写真については、私の過去の記事を参照してくださいね。

 

○いざという時の連絡先(親戚)のリストアップ

・ご親戚の連絡先をリストアップしておくと良いでしょう。

・ご親戚以外で、誰に連絡すればよいかわからないですよね。普段年賀状をやり取りされている方々が目安になると思います。

 

<いざご逝去されたら>

 

○病院の場合

・看護士さんの指示に従って下さい。

・病院ではご逝去後、清拭(せいしき:お身体の処置)をして下さる場合が殆どです。

・清拭は1時間くらい時間がかかるので、それに合わせて我々がお迎えに上がります。

 

○自宅の場合

・かかりつけのお医者さんがいらっしゃれば、そちらにまずご連絡ください。

・かかりつけのお医者さんがいないのであれば、まず警察にご連絡ください。

・お医者さん、もしくは警察の検案が終了されましたら、当社にご連絡くださいませ。

 

○施設の場合

・かかりつけのお医者さんがいらっしゃれば、そちらにまずご連絡ください。

・お医者さんの検案が終了されましたら、当社にご連絡くださいませ。

 

○警察の場合

・警察の担当の方の指示に従ってください。

・警察の検案が終了されましたら、当社にご連絡くださいませ。

 

 

 

 

さて、いかがでしたか?

心づもりをしていても、いざという時は頭が真っ白になってしまいます。

そんな時でも、慌てず、落ち着いて弊社にご連絡くださいね。

必要なこと、大事なことはこちらからご確認させていただきます。

どうぞご安心くださいね。

【シニアライフカウンセラー養成講座!~シニアライフを考える】

 

こんにちは。

旭川で葬儀社を営んでおります、(株)弘善社の太田弘文です。

当社では、葬儀を軸として、皆さんの「終活」の支援を行なっております。

少しずつ、分かりやすく、旭川の終活事情についてお話ししていきますので、皆さんのお役に立てれば幸いです。

 

さて、私が講師を務めております、シニアライフカウンセラー養成講座ですが、先月29日、30日は初級講座、本日20日は中級講座の講師を務めてきました。

旭川では初回からもう一年半になります。

シニアライフカウンセラー養成講座は、いわゆる「終活セミナー」とは違います。

 

終活全般のことに加え、「高齢化社会の将来的展望「整理収納、片付け」「医療保険・年金保険」「高齢者向け住まい」「介護・健康」など、まさにシニアライフ全般についての困りごとや悩み事の解決をサポートしたりカウンセリングできる人材を育成する講座なのです。

ボクは「終活と逝去後手続」「葬儀トラブル事例」「エンデイングノート」「葬儀・遺骨の葬い方」「相続・遺言トラブル事例」などの講座を担当しております。

講座を通じて思うのは、まだまだ我々のしていること、できることが知られていない、ということです。

現在日本は、65歳以上の人口が30%に近い超高齢化社会です。

ボク自身は、「終活を考える」ということは、「人生をより良く豊かに生きることを考える」ことだと考えています。

 

そのためにできること……

企業としてできること、個人としてできること、地域社会の一員としてできることが沢山あると思うのです。

 

行政や民間企業単独ではなく、社会全体で超高齢化社会を支えていく、考えていく必要があると感じた今回の講座でした。

ボクたちの「葬儀を通して終活を考える」、という取り組みがもっと広がればいいなぁ…

遺影写真を考える

こんにちは。

旭川で葬儀社を営んでおります、(株)弘善社の太田弘文です。

当社では、葬儀を軸として、皆さんの「終活」の支援を行なっております。

少しずつ、分かりやすく、旭川の終活事情についてお話ししていきますので、皆さんのお役に立てれば幸いです。

 

【遺影写真を考える①~重要性だよ!】

皆さんがお葬式にお参りに行かれて、最初に目にするもの、それは遺影ですよね。

我々からすると、時間をかけて花をしつらえた「祭壇」を見て欲しいところですが….

式場に入り、最初に目にするものは、やはり遺影なんですね。

これはご家族の方でも一般会葬者の方でも変わりません。

つまり、ご葬儀においては、遺影写真は最も重要なアイテムである、と言えるのです。

しかし!!

遺影は故人を身近に感じる、故人を偲ぶ最強のアイテムであるはずなのに、その場しのぎで「とりあえず」作られたものが、あまりに多いのです!

それはとても残念な事だと思います。なぜならば、遺影写真は、たくさんの方が目にしますし、お葬式が終わっても家の中にずっと飾っておくものだから。

実際のご葬儀の現場では、遺影写真のチョイスに悩まれる方が少なくありません。

生前に遺影写真を決めている方は圧倒的に少なく、ご逝去されてそれから探される方が大多数です。

昔のアルバムをひっくり返し、探しに探して。

「これでお願いします….」とお預かりした写真が、顔を真っ赤にして浴衣がよれよれになった、ご町内での観楓会旅行の写真だったという、笑うに笑えないケースもあるのです。

たかが写真、されど写真。金額は大きなものではないですが、とても大事なものなのです。

 

【遺影写真を考える②~選び方】

遺影写真について、もうちょっと考えてみましょう。

ご逝去されてから探す…..から皆さん慌ててしまうし、良い写真が無いんですよね。

であれば、生前に使いたい遺影写真を決めてみてはいかがですか?

現在は生前に撮影する人も増えています。つまり、病気などになる前に、元気なうちに写真屋さんで撮影してもらうのです。

例えば年に一回、誕生日や結婚記念日に撮影しても良いのです。写真屋さんで撮影すると、ヘアメイク等もやってもらえたりする。女性ならば事前に美容院に行っても良いですよね。

最近の遺影写真は、堅苦しくなく、普段の「その人らしい」スタイルが主流です。

写真屋さん、つまりプロが撮るのでスナップより引き延ばしてもぼやけにくい、というメリットもあります。

注意事項としては、撮影した写真は、家族に保管場所を知らせておくこと。また、USBメモリやCD、SDカードなどデータで保管しておくと尚良いですね。

さて、そうはいってもその時になって探さなければならない時もあります。

そこでアドバイスすることは、

・スナップ写真でも良いが、そうであれば「絹目」ではなく「光沢」の写真で。

・背景は修正できますので、ご本人がしっかり写っているものを。

・データがあれば、データでお預かりした方が綺麗に引き延ばせます。

・プロが撮った集合写真(ご親戚の結婚式やお葬式)があれば、それでもok。

スナップ写真よりも引き延ばした時にぼやけにくいです。

どうでしたか?

参考になれば幸いです!

終活と「意思を残すこと」〜エンディングノート

「終活」とは?

こんにちは。

旭川で葬儀社を営んでおります、(株)弘善社の太田弘文です。

当社では、葬儀を軸として、皆さんの「終活」の支援を行なっております。

少しずつ、分かりやすく、旭川の終活事情についてお話ししていきますので、皆さんのお役に立てれば幸いです。

 

さて、「終活」ですね。

数年前からよく聞く「終活」ですが、終活とは、「人生の終焉に向けて行う活動」のことです。

その活動全てが「終活」と言えます。

エンディングノートを書くことなんかも、終活の一環と言えるでしょう。

終活の目的

最近になって認知されてきた「終活」ですが、「最期のことを考えるなんて縁起が悪い」とか「考えるにはまだ早い」とか考える方も多いですよね。

でも….

終活の目的って、人生の幕引き準備ではなく、今後をより豊かに生きることなんです。

 

こんな理由で終活する人が増えている

終活に興味を持たれる理由は様々です。

・金銭的な部分で子供達に頼ることができない

・子供達が旭川ではなく、遠くに住んでいてあてにできない

・残された家族に負担をかけたくない

・老後や死後の不安をなくしたい

・一人暮らしだから、もしもの時が不安

・自分の考えを整理して、家族に伝えておきたい

皆さんどれかは当てはまるのではないでしょうか?

また、皆さんの周囲で、同じように悩まれている方も多いかもしれません。

繰り返しになますが、終活とは「終わりを考える」ことではなく、「今をどう生きるか」を考えることです。

元気な今だからこそ、自分のための「終活」を始めませんか。

 

エンディングノートとは?

エンディングノートをご存知の方も多いですよね。

実際に目にした方、あるいは購入してみた方、実際に書いてみた方、購入したものの書くまで至っていない方など、様々だと思います。

 

エンディングノートの目的

エンディングノートを書く目的とは、終活の目的とそのままイコールだと思っています。

つまり、「今後の人生をよりよく生きるため」に「生前の意思を残すこと」です。

そのためには、まず自分がどんな考えなのか、伝えたいことは何なのか、書き出す必要がありますよね。

昔はエンディングノートなんてありませんでした。

親と同居していたから、子は親の思いをなんとなく分かっていたし、親も子になんとなく伝えていたんです。

今は核家族が当たり前。息子さんや娘さんが遠方に住んでいる(旭川に住んでいない)ケースも多いし、市内に住んでいても同居していないケースも多い。

 

だからこそ、ノートに残す必要があるのです。

 

次回はエンデイングノートの選び方や書き方をご紹介しますね。

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

 

 

 

終活のこと

はじめましてこんにちは。
㈱弘善社の太田弘文と申します。
私のブログをご覧いただき、ありがとうございます。
さて、このカテゴリでは、終活全般に関わることをお話ししていきたいな、と思っています。
具体的には、葬儀前や葬儀後の諸々のこと、法的な手続きのこと、遺言・相続のことなどなどです。
終活セミナー講師の経験を踏まえ、分かりやすくご説明できれば、と考えております。
葬儀社からみた終活について、皆さんのお役に立てる情報を発信していきたいと思いますので、どうぞ宜しくお願いします!