社長BLOG

読みたい記事を探す

月別アーカイブ

NEW

北海道新聞「道北企業特集」の紹介です!

皆さんこんにちは。

旭川市内で家族葬専用邸宅ホール「ウィズハウス末広」「ウィズハウス東光」、総合葬儀式場「弘善社中央斎場」を展開しております、(株)弘善社の太田弘文です。

さて、225日の北海道新聞に、「地域の未来を照らす 道北企業特集」の紹介がされました。

 

道北企業16社のうち、当社も取り上げていただきました。

昨今のコロナ禍の拡大により、ヒトやモノが一極集中する都市型の価値観が見直され、地方への関心が高まっています。

地域に根ざした地場企業は、これから迎える地方の時代のかけがえのない財産です。

そんな地域企業の活動や取り組み、独自性を改めて多くの人に伝えたい、地域とともに紡いできた歩みと令和の時代を切り開いていくメッセージを広く発信できれば、というのが今回の企業特集の主旨でした。

 

実はランディングページでも紹介されています。

当社のみならず、道北の魅力的な企業様が紹介されていますので、ぜひご覧くださいませ。↓↓

「道北企業特集 弘善社」

NEW

2月斎場イベントのご報告〜ひなかざり作成イベントを行いました!

皆さんこんにちは。

旭川市内で家族葬専用邸宅ホール「ウィズハウス末広」「ウィズハウス東光」、総合葬儀式場「弘善社中央斎場」を展開しております、(株)弘善社の太田弘文です。

日の出がだんだんと早まってきましたね。春までもう間もなくですが、寒さはまだまだ続くようですので、皆さんご自愛くださいませ。

さて、223日に中央斎場にて「おひなさま壁飾り作成イベント」を開催させていただきました。

コロナ禍の中での開催ですが、「明るく楽しい春を迎えよう!」ということで、万全の感染予防対策に配慮した上での開催です。

折込チラシで募集させていただいたのですが、あっという間に定員の30名に達しました。ご応募誠にありがとうございます。

今回も、去年の「クリスマスリース作り」の時と同様、「花工房ルレーブ」さんを講師に迎えさせていただきました。

まだまだコロナ禍にあって余談を許さない昨今ですが、今後も斎場見学会や内覧会だけでなく、「楽しそう」「行ってみたい」というイベントを企画しますので、どうぞご期待くださいね

 

 

当社では以下の通り感染予防策を徹底しております。

・式場、控室、ロビーなど各所の消毒を徹底しております。また従業員の手洗い、手指の消毒を徹底しております。

・式場内は常に換気を行なっております。

従業員はマスク着用にて対応させていただきますことをご了承くださいませ。

12月斎場イベントのご紹介です!〜こんな時だからこそ明るい気持ちで新年を迎えませんか?

皆さんこんにちは。旭川市内で家族葬専用邸宅ホール「ウィズハウス末広」「ウィズハウス東光」、総合葬儀式場「弘善社中央斎場」を展開しております、(株)弘善社の太田弘文です。

さて、12月12日に中央斎場でのイベントを開催させていただきます。

(12月1日、12月4日の折込チラシも入ります。)

今回は12月ということで、正月飾りの作成体験教室を開催致します!

去年の年末はクリスマスリース&ハーバリウムの作成体験教室を開催させていただきましたが、その時と同様に、市内にあるお花屋さん「花工房ルレーヴ」さんを講師に迎えさせていただきます。

ご自分で作った正月飾りで新年を迎えませんか?

 お子さんの冬休みの自由研究にもいかがですか?

親子でのご参加も可能ですよ。

 コロナ禍にあって暗いニュースが多い中、「来年は良い年にしたい!」と思う方、是非ともご参加お待ちしております。

またお昼ご飯は、旭川の名店「とんかつの井泉」様のかつサンドをご用意致します。

正月飾り作成後にお召し上がりください。

今後も斎場見学会や事前相談会だけでなく、「楽しそう」「行ってみたい」というイベントを企画しますので、どうぞご期待くださいね。

 

◯日時:12月12日(土)午前10時より

◯会場:弘善社中央斎場(永山8条1丁目1-6)

◯参加費:無料(材料費、昼食代無料)

お申し込み期限は12月9日まで、弘善社本社(0120-03-1059)までご連絡くださいませ。

 

当社では以下の通り感染予防策を徹底しております。

・式場、控室、ロビーなど、各所の消毒を徹底しております。また従業員の手洗い、手指の消毒を徹底しております。

・式場内は常に換気を行っております。

(従業員はマスク着用にて対応させていただきますことをご了承下さいませ。)

今回のイベントにおきましても、十分に感染予防を図った上で開催させていただきます。

11月内覧会のご案内〜コロナ禍での家族葬に不安な方はぜひご相談ください。

皆さんこんにちは。市内で家族葬専用邸宅ホール「ウィズハウス末広」を展開する(株)弘善社の太田弘文です。

11月に入りめっきり寒くなってきました。平地でも積雪がみられるようになってきましたね。皆さん体調に気を付けてご自愛くださいませ。

 

さて、11月の内覧会のお知らせです。(明日の折り込みチラシにも入りますので是非ご覧下さい)

以下の通り開催させていただきます!

 

○開催日程

・11月15日(日)、11月19日(木)、11月22日(日)、11月25日(水)、11月29日(日)

○開催時間

・ 9:00〜 16:00

○開催場所

・弘善社中央斎場 永山8条1丁目1ー6

・ウィズハウス末広 末広2条3丁目3ー15

ここ数週間で、旭川市内の感染者がにわかに増えてきました。

最近ご相談事で多いのは…

コロナ禍で

「お葬儀のやり方は変わったの?」「どんなお葬儀ができるの?」「家族葬での注意事項は?」

など、コロナ禍における葬儀のあり方について気にされる方が増えてきました。

当社では感染症対策に配慮したお葬式のあり方を提案させておりますので、ぜひご相談くださいね。

また、従業員・館内へのコロナ対策を十分に留意しております。安心してお越しください。

また最近多い、

家族葬、1日葬について聞きたい方

ご自宅に安置するのが難しく、斎場安置ご希望の方

もぜひご相談申し上げます。

葬儀の説明や事前相談のみならず、終活に不安な方、館内をご覧になりたい方、ぜひお越しくださいませ。

日程の都合が合わない方でも、随時事前相談を受け付けておりますので、ぜひご連絡くださいね。

また、資料請求だけでも喜んで対応させていただきます。どうぞお気軽にお問い合わせくださいませ。

 

 

人形供養祭を執り行いました!

皆さんこんにちは。

(株)弘善社の太田弘文です。

 

さて、先日のウィズハウス末広のオープンイベントで告知させていただきました人形供養祭を、9月13日(日)に執り行わせていただきました。

結構な数の人形たちが集まりました。

お寺さんのお参りをいただきつつ、厳かに供養祭を行わせていただきました。

お参りの後は、参加者の方とお寺さんとでスイーツをいただきながら談笑タイム。

和気あいあいと穏やかな時間を過ごせました。

皆様からお預かりした人形は責任を持って供養、お焚き上げさせていただきます。

今年はコロナの影響で人が集まるイベントがなかなかできない状況ですが、今後も今回のような皆様の役に立つイベントを企画したいと思いますので、どうぞ宜しくお願い致します。

ウィズハウスのテレビコマーシャルのご紹介です。〜これからのお葬式を考えてみませんか?

皆さんこんにちは。弘善社の太田弘文です。

さて今回はテレビコマーシャルの紹介です。

 

札幌市を中心に恵庭市、北広島市で展開している家族葬ホール「ウィズハウス」ですが、旭川では当社が展開しています。

8月よりコマーシャルが流されていますので、目にされた方も多いのではないでしょうか?

以前よりご家族や近しい身内だけで執り行う家族葬を希望される方は増えておりましたが、昨今の「コロナ禍」によって家族葬への意識はますます高まっていると思います。

我々は「ウィズコロナ」「アフターコロナ」と呼ばれる今の時代に必要とされる「新しい葬儀のカタチ」を考え、亡くなった方・ご家族の方のご希望に沿うスタイルのお葬式を提案させていただいております。

そんな中で、我々が展開する家族葬専用ホール「ウィズハウス」は皆さんの考える「身内だけの葬儀」に合致するのではないでしょうか?

また、コマーシャルで謳っております「一日葬」については、私の過去ブログ「一日葬とは?〜時間と費用を抑えたい方は一行してみては?」をご覧くださいね。

ここは家ではありません

人もそれほど呼べません

けれどここには家族の時間があります

お葬式を考えよう

これからのお葬式「身内だけの一日葬」

 

9月内覧会のご案内〜コロナ禍でのお葬式に不安な方はぜひご相談ください。

皆さんこんにちは。終活応援葬儀社の(株)弘善社 太田弘文です。

8月最終日ですが…ここ数日急に寒くなってきました。皆さんご自愛くださいね。

 

さて、9月の内覧会のお知らせです。

以下の通り開催させていただきます!

 

○開催日程

・9月7日(月)、9月13日(日)、9月17日(木)、9月23日(水)、9月29日(火)

○開催時間

・ 9:00〜 16:00

○開催場所

・弘善社中央斎場 永山8条1丁目1ー6

・ウィズハウス末広 末広2条3丁目3ー15

最近ご相談事で多いのは…

コロナ禍で

「お葬儀のやり方は変わったの?」「どんなお葬儀ができるの?」「注意すべきことは?」

など、コロナ禍における葬儀のあり方について気にされる方が増えてきました。

当社では感染症対策に配慮したお葬式のあり方を提案させておりますので、ぜひご相談くださいね。

また、従業員・館内へのコロナ対策を十分に留意しております。安心してお越しください。

また最近多い、

家族葬、1日葬について聞きたい方

ご自宅に安置するのが難しく、斎場安置ご希望の方

もぜひご相談申し上げます。

葬儀の説明や事前相談のみならず、終活に不安な方、館内をご覧になりたい方、ぜひお越しくださいませ。

日程の都合が合わない方でも、随時事前相談を受け付けておりますので、ぜひご連絡くださいね。

 

お電話でのご説明、お伺いしてのご説明、資料請求だけでも喜んで対応させていただきます。

 

また、中央斎場では、映画「糸」の撮影で使用したお位牌を展示しています。そちらををご覧になりたい方のご来館もお待ちしています!

ウィズハウス末広 オープンイベントを開催致しました!

終活応援葬儀社の弘善社 太田弘文です。

5月にオープンしました家族葬専用邸宅ホール「ウィズハウス末広」ですが、新型コロナウィルスの影響で大規模なイベントを控えておりました。

旭川市ではそれほど感染者の拡大が見られない状況でしたので、万全のコロナ対策をしながら7月25日・7月26日の両日、開催させていただきました!

2日間ともよい天気!素晴らしい天候に恵まれた2日間でした。

両日合わせて160組270名の方に来館いただきました!

たくさんの方に来館いただき、感謝感謝です。当社スタッフも精力的にご案内させていただきました。

駐車場では屋台や縁日も出店させていただきました。

 

地元の居酒屋さん「清味ん家」さんに出店いただきました。 清味ん家さんの連絡先は 住所:旭川市末広2条6丁目5ー3  ☎︎:0166-56-2584 です。アットホームなお店ですよ〜

イタリアンバール臣さんにもご協力いただきましたよ〜 住所:旭川市4条通7丁目662 ☎︎0166-22-8400 です。

清味ん家さん、イタリアンバール臣さん、ご協力いただきありがとうございました。

ハズレなしの抽選会です。 一等はSwitch liteでした!お米やお菓子などの景品が喜ばれました!

 

 

決して長くはない準備期間の中、またお葬儀の施行をしながら準備にあたってくれたスタッフみんなに感謝の気持ちでいっぱいです。

また、来館された方に、当社スタッフの動き、対応、表情を褒められました。「温かみがあって良いですね」と。

イベントはもちろん館内の様子を知ってもらう場なのですが、それだけではありません。

我々スタッフのことを含めて、当社の雰囲気を知ってもらう場でもあるのです。

最近はインターネットで葬儀を選ばれる方も増えてきました。それは否定しませんし、世の流れでもあるのですが、インターネット経由の葬儀受注はどうしても金額だけで判断されがちです。

金額のことももちろん大事ですが、「弘善社でお葬式をあげたい」と思ってくださる、いわゆる当社のファンを増やすことができれば。そんな風に思いました。

 

さて、今年冬にまた新たな家族葬ホールを建設予定です。

同じように「温かみ」や「快適性」を重視した家族葬専用邸宅ホールです。

その際には改めてご案内やもちろんイベントも企画しますので、どうぞ宜しくお願いします!

スタッフの皆さん、2日間ありがとうございました。 感謝感謝です!

自筆証書遺言の法改正について〜遺言をしやすくなりました!

こんにちは。終活応援葬儀社の弘善社 太田弘文です。

 

今回は久しぶりの終活ネタを取り上げてみたいと思います。

遺言についての法改正が、昨年から今年にかけて2つありました。

2つとも「自筆証書遺言」に関する緩和です。

それではまず…「遺言を残した方が良い方」とはどんな方でしょうか?

 

遺言を残した方が良い方とは?

・子供がいない

・財産が不動産しかない

・相続人の一人に特定の財産を残したい

・相続人以外に財産を残したい

 

つまり逝去後、揉める要因がある方です。「私も当てはまるわ…」と思った方は要注意ですよ〜。

 

遺言についてのおさらい

さて、遺言には「公正証書遺言」と「自筆証書遺言」があります。その二つの違いをまず見ていきましょう。

 

公正証書遺言

・公証人が法的に正式に作成する。

・トラブルが起こりにくい。(公証人が作成するので形式不備で無効となることが少なく、安全で確実な遺言書と言える)

・家庭裁判所での検認手続きが不要ですぐに使える。(原本が公証人役場に保管)

・証人が二人以上必要。

・作成費用と手間がかかる。

 

自筆証書遺言

・自筆で書くことができ、手軽に作成できる。(ワープロやコピーしたものは不可)

・無償でできる。

・気が変わった時に新しく書き直ししやすい。

・決められた書き方を間違えると無効になる。

・自分で保管しなければならない。

・故に保管場所に苦慮する。保管場所によっては遺言書が見つからないままのケースも考えられる。

・家庭裁判所での検認手続きが必要で、遺族の手間がかかる。

・遺言者が遺言書の全文、日付、氏名を全て自署し、印鑑を押したもので追加、削除、変更の方式も定められている。(民法第968条)

 

それでは本題の法改正について見ていきましょう。

 

2019年1月の法改正

それでは、2019年1月の法改正の概要を説明します。

ひとことで言うと「自筆証書遺言における財産目録の方式緩和」です。

これまでの自筆証書遺言は、遺言書の全てを手書きする必要がありました。

しかし今回の改正で、財産の内容を記す「財産目録」についてはパソコンで作成したり、通帳のコピーでもOKとなりました。(手書きしなくても良い)

これまでは財産が多い場合には、財産目録を手書きで作成するのが大変であったのですが、この法改正で自筆証書遺言を作成しやすくなったのです。

ただし財産目録以外の部分は今まで通り自分で書かなければなりません。

 

2020年7月の法改正

続いて先日の法改正の概要を説明します。

ひとことで言うと「自筆証書遺言の保管制度」についてです。

新聞の記事にも掲載されていました。

自筆証書遺言は自宅で保管されるケースがほとんどでした。

自宅で保管するとなると、相続発生後(遺言者逝去後)に遺言書が見つからなかったり破棄されたり紛失したりというリスクがありました。

また、これまでの自筆証書遺言は家庭裁判所で「検認」の手続きが必要だったので、相続の手続きが煩雑で時間がかかるものでした。

このデメリットを解消する目的で改正されたのが、今回の「自筆証書遺言の保管制度」です。

自筆証書遺言を法務局で保管してもらえることになり、破棄や紛失のリスクが無くなりました。

また、法務局で保管してもらう自筆証書遺言については、相続時の検認手続きが不要となり、相続がスムーズに進められます。

※自筆証書遺言の保管先は法務局ですが、公正証書遺言の原本の保管先は公証人役場です。お間違えなさらないように〜

 

遺言について大事なこと

さて、自筆証書遺言の法改正をざっくり説明させていただきました。

遺言は主に財産のことを書き記すものですが、それだけではないと思うのです。

葬儀のことやお寺さんのこと、家族皆への想い……そうです、「生前のあなたの意思を残すこと」が大事だと思うのです。

皆さんのご家族に対する大切な想いを残しませんか?

また、当社では行政書士さんや弁護士さんを紹介することができます。

詳しくお知りになりたい方はぜひご相談くださいませ。

今回も最後までお読みいただきありがとうございました。