社長BLOG

読みたい記事を探す

月別アーカイブ

弘善社の考える「見守り」〜お花のお届けと共に〜

こんにちは。

今日はだいぶん暖かかったですね。

むしろ暑いぐらい。皆さん体調は崩されていませんか?

 

さて、当社の取り組みのひとつとして、「見守りサービス」があります。

なぜ葬儀社が「見守り?」

それは僕らの苦い経験から始まったことなのです。

 

悔やまれること

 

以前、こんなことがあったんです。

そこのお宅は、当社の会員さんでした。2ヶ月に一回、ご自宅に葬儀準備金の集金にお伺いしていたお宅でした。

当時、ご夫婦の二人暮らし。息子さん娘さんはそれぞれ遠方に住んでおられました。

程なくして先にご逝去されたのはご主人。

ご主人が先立たれた後、娘さんは残されたお母様の一人暮らしを案じ、自分が住んでいる東京にて同居しないかと持ちかけたのですが、矍鑠(かくしゃく)としたそのおばあちゃんは旭川での一人暮らしを選択したのでした。

ご主人がご逝去された後、葬儀準備金を中止してもよかったのですが、息子さん娘さんの希望で続けることに。

それは奥様の葬儀費用を準備する、という目的ではなく。

遠方に住んでいる息子さん娘さんがお母さんの身を案じて、「弘善社さんに2ヶ月に一回集金に来てもらいなさい。そして無事を確認してもらいなさい」との考えだったのです。

 

その奥様は4年後にご逝去されました。

うちの社員が集金にお伺いする予定だった日の、7日前にご自宅で亡くなっていました。

この一連のことは、当社としても、担当していた社員にとっても悔やまれる出来事でありました。

 

2ヶ月に1回ではなく、毎月お伺いしていれば…

お伺いする日にちがもう少し早ければ…

「もしこうであったなら」と思うと、悔やまれてなりません。

 

お花のお届けとともに~見守りサービス

弘善社では、ご希望される方を対象に、お花のお届けとともに、「見守り」を行っています。

 

葬儀施行させていただいた後、お仏花のご注文をいただくことがあります。

7日ごとの法要のお花だったり、四十九日のお花だったり。

月命日のお花のご注文を承ることも多いです。

 

その月命日に合わせて月1回のお花のお届けとともに「見守り」を。

生活の様子やおうちの様子、お庭の様子、雪はねの様子など、気にかかることをご報告いたします。

 

・仕事が忙しくて、頻繁に帰省することができなくないですか?

・人と触れ合っているか心配ではないですか?

・生活状況が気がかりではありませんか?

 

葬儀施行させていただいた当社に、安心してお任せください。

ご逝去後にやること〜お葬儀終わってもしなければならないことって結構ありますよね

皆さんこんにちは。

 

これまでのブログで、終活とは

「生前しておいたほうがよいこと」

「逝去後にしなければならないこと」の二つです。

とお話ししました。

 

今回は、「逝去後にしなければならないこと」を詳しくご説明したいと思います。

「逝去後にしなければならないこと」は大まかに分けると「仏教関係でしなければならないこと」と「手続き関係でしなければならないこと」に分かれます。

「手続き関係でしなければならないこと」は多種多様です…

また、そこのご家庭の事情によって、しなければならないことも変わってきます。

「手続き関係」についてはまた後日ブログに詳細をアップしたいと思います。

ということで、今回は「仏教関係でしなければならないこと」に焦点を当ててお話ししてみたいと思います。

四十九日が一つの区切りではありますが、あっという間に感じる方は多いように思います。

心積もりだけはしておきたいものですね。

 

<仏教関係でしなければならないこと>

①初七日から四十九日までの七日ごとの法要

②四十九日法要

③お位牌

④お仏壇

⑤納骨、埋葬

⑥その他

 

まずは一般的なお話からご説明しますね。

一般的に亡くなった日から四十九日までの期間を「中陰(ちゅういん)」と言い、仏教では現世(この世)から来世(あの世)に至る過程とされています。この「中陰」の間の49日間に亡くなった方の次の生まれ変わりが決定されると言われ、最終日の四十九日忌が「満中陰(まんちゅういん)」と呼ばれます。「満中陰」を迎えることによって「忌明け(きあけ)」となり、この日に納骨をすることが多いです。

 

①初七日から四十九日までの七日ごとの法要

さて、初七日から始まる七日ごとの法要です。亡くなった日から起算して七日目が初七日になります。ですので、お葬式が終わったら間をおかず初七日を迎える、という感覚です。

初七日から毎週7日ごと、計7回のお参りをお寺さんに頂くわけですが、ご家族の方もお忙しく、週一回のお参りと言えども在宅していないケースも間々あります。

お寺さんと相談の上、計7回ではなく、初七日と四十九日だけ(つまり最初と最後だけ)とか、初七日、五七日、四十九日の計3回お参りをいただくというケースもあるようですね。

この辺りはお寺さんと相談の上、決められたら良いかと思います。

 

②四十九日法要

七日法要の最終回は四十九日法要です。最後だけあって、他の七日法要よりも特別に考えた方が良いでしょう。

この四十九日法要は、他の七日法要とは違う特徴があります。それは、

・日にちを前倒しして行うこともある。

・その場合、土日に設定することが多い。

ということです。

なぜなら七日ごとの法要は家族だけで行うことが多いのですが、四十九日法要は家族のほかご親戚も集まることが多いためなのです。

そのため、注意事項としては、

・日程が決まれば早めにお寺さんに連絡しましょう。(お寺さんの土日は法事で忙しい)

・法要後お食事を振舞うことが多いので、その辺も考慮する。

・ご親戚の人数によって、法要を行う場所も変わってきます。(ご自宅、法要会場のある料理屋さん、お寺など)

 

③お位牌

お葬儀から四十九日までは、白い木製の位牌を使用します。いわゆる野辺位牌(のべいはい)というものです。

埋葬地までお棺を運ぶ野辺送りの葬列の際、喪主が持参するお位牌というのがその由来です。

さて、四十九日に忌明けになると、黒い漆塗りのお位牌を用意します。いわゆる塗位牌(本位牌)というものです。

野辺位牌は、お葬式の時にお寺さんが書いてくれるものなのですが、本位牌は皆さんで購入しなければなりません。

本位牌はお仏壇屋さんで購入できるのですが、出来上がるのに二週間ほどかかります。(取り寄せてから文字入れまで時間がかかるのです)

ですので、四十九日の2~3週間前には注文した方が良いです。

種類や大きさも様々ありますので、余裕を持って考えた方が良いでしょう。

(もちろん当社でも注文を承っております)

 

④お仏壇

四十九日までの期間は、葬儀社さんが設えてくれる、いわゆる「後祭壇(あとさいだん)」でお参りをするのですが、四十九日以降はお仏壇でのお参りになります。

お仏壇が既にあるのであれば何も問題はないのですが…。

お仏壇が無い御宅は新たにお仏壇を用意する必要があるでしょう。

新しいお仏壇を用意したならば、お仏壇の御本尊に「たましい入れ」のお参りをしてもらわなければなりません。

お仏壇も四十九日まで用意できれば良いのですが、時間をかけてじっくり選ばれた方が良いと思います。(種類や大きさも色々ありますしね)

四十九日まで用意が間に合わないようであれば、お寺さんにその旨をお話しすれば大丈夫かと思います。

 

⑤納骨、埋葬

四十九日法要が無事終えられたら、上記の後祭壇を片付け、お位牌はお仏壇に、お骨はお墓もしくは納骨堂へ納骨します。

基本的に四十九日を過ぎれば納骨するのですが…

旭川の場合、雪の問題があります。

四十九日が来てもお墓が雪に埋もれていると納骨できません。

その場合は、雪解けを待ち、春先に納骨することが多いですね。

 

⑥その他

・忌明けの挨拶状について

北海道と本州では地域差があるので注意が必要です。本州では。会葬者全員へ「無事忌明けを迎えることができました」という会葬御礼を兼ねて、品物に挨拶状を添えて送る場合と、ご挨拶状のみを送る場合があります。本州からの会葬者が多い場合、その地域では当たり前のこととして先方様に無礼を感じさせることがありますのでご注意ください。

 

さて、いかがでしたか?

お葬儀が終わった後もされること、って結構あるんです。

当社ではお葬儀後に再度ご自宅にお伺いし、「ご逝去後にされること」について、アフター訪問としてご説明にお伺いしております。

これから葬儀をされる方におかれましても、ご不明なことや聞きたいことがあれば、お気軽にご相談くださいね。

葬儀事前相談〜さて何を相談しよう?

皆さんこんにちは!

先日のご案内の通り、4月15日に当社斎場におきまして葬儀事前相談を開催させていただきました。

SNSで告知をしたところ、知人のSさんが来てくれました!

知人のSさん。 Sさんとは色々な繋がりがあり、ご縁を感じています。

葬儀の事前相談といっても、相談内容は様々です。

Sさんはボクと同年代。まだ若いです。

なので、お話しの内容は「葬儀」というよりも「終活」のお話をさせていただきました。

 

具体的に言うと、

「生前しておいたほうがよいこと」

「逝去後にしなければならないこと」の二つです。

 

「生前にしておいたほうがよいこと」については、過去ブログ記事「ご逝去される前に、事前にある程度考えておいたほうがよいこと」を参照してくださいね。

 

とはいっても、やはりそれぞれ皆さんの事情によって、考えるべきことは違いますよね。

具体的には、家族構成、檀家寺の有無、納骨先の有無などによって事情は変わってくるのです。

特に大事なのは「家族構成」だと思います。

 

ご夫婦だけの世帯、あるいは子どもがいても同居していなく、遠方に住んでいる世帯。

それは「おひとりさま」予備軍と言えるのです。

ボク自身、おひとりさまには「おひとりさま専用の終活」があると考えています。

 

伴侶に先立たれ、もし一人になった時。

元気なうちは良いのです。

 

もし、足腰が弱くなってきたら…

もし、判断能力に衰えがでてきたら…

身の回りの世話は自分で出来るでしょうか?

家事やお買い物や炊事洗濯…

自分で出来なければ、誰にお願いしますか?

 

それらを考えるのが「おひとりさまの終活」です。

(おひとりさまの終活についてはまた後日ブログにしたいと思います)

 

さて、今回お話していて思ったのは、終活の目的は

「亡くなることを考えることではなく、生きている今をよりよく生きること」

を考える事だと改めて感じました。

と言う事で、Sさん、どうもありがとうございました!

またきて下さいね~

葬儀や終活の不安はありませんか?〜事前相談会を行います!

こんにちは。

旭川で葬儀社を営んでおります、(株)弘善社の太田弘文です。

当社では、「葬儀」を軸として、皆さんの「終活」の支援を行なっております。

少しずつ、分かりやすく、旭川の葬儀・終活事情について情報発信しております。皆さんのお役に立てれば幸いです。

 

さて、4月15日(月)に事前相談会を開催させていただきます!

 

 

これまで、「葬儀の基礎を知る会」や終活講師として各種セミナーでお話しさせていただきましたが、そのような会やセミナーって、ボクが一方的に話ししがちなんですよね。

また、皆さん質問があっても時間の都合上聞きたいことを全部聞けなかったり、あるいは他の皆さんも居られるので質問しにくかったりしたのではないかと思います。

 

また、事前相談しておくと、

・だいたいの金額がわかる

・お葬式の流れがわかる

・準備をしておいた方が良いものがわかる

・スタッフや斎場の雰囲気がわかる

などのメリットもあります。

 

今回の事前相談会は、完全に個別相談として承ります。

今まで聞きにくかったこと、ぜひ聞いてみたいことがあれば、お気軽にお越しくださいね。

「何を聞けばいいのか、それがわからない」「具体的なイメージがわからない」と言う方もぜひお越しください。

葬儀全般のこと、終活全般のこと、なんでもご相談ください!

モヤモヤしたお悩みをこの機械に解消しませんか?

 

・4月15日(月)13:00~15:00

・場所:弘善社中央斎場(永山8条1丁目1-6)

 

・個別に相談されたい方

・葬儀について聞きたい方

・終活について聞きたい方

・ボクとお話ししてみたい方

絶賛募集中です!

 

※事前にご連絡いただければありがたいです。

 

どうぞ宜しくお願いします!

教え導くこと〜シニアライフカウンセラー養成講座中級の講師を務めてきました!

みなさんこんにちは!

 

先日、3月23日、24日の日程で開催されました、「シニアライフカウンセラー養成講座」の講師を務めてきました。

会場は旭川市宮前にある、おなじみのcocodeです。

 

今回は中級の講義でした。

私の受け持ちは、「葬儀・遺言トラブル事例」と「葬儀・遺骨の弔い方」の二コマです。

初級と比べて中級講座はやや難しくなるのですが…

それよりも大変なのが講義範囲の広さです。

いつも時間配分に苦労し、講義時間をオーバーしてしまいます。

初級と比べ、講義を受けた皆さんに考えてもらう課題も多く…

 

受講者の皆さんにとっては、「良い話を聞けた」だけではダメなんですよね。

あくまで「シニアライフカウンセラー」という、教え導く方々を養成する講座です。

セミナーや勉強会とは違った、より実務的で役に立つ講義をしなければ、と再確認しました。

 

4月6日、4月7日には上級講座も開催されます。

僕自身も充分に準備をし、講義に臨みたいと思います!

聞きにくいことがあってもお気軽に!〜葬儀事前相談会開催しました!

皆さんこんにちは。

 

本日、当社の弘善社中央斎場にて、事前相談会を開催致しました!

 

大した告知もせず、時間も2時間と短かかったため、来てくださる方がいるかな?とも思ったんですが、2組の方々に来ていただきました。(K様、N樣ありがとうこざいます!)

友人のNさんも相談に来てくれました。

 

さて、当社の事前相談会の良いところは……

葬儀・終活セミナーと比較すると分かりやすいかも、なのですが。

葬儀・終活セミナーって、ボクらから一方的に話すことが多いです。その時のテーマに沿ったお話をさせていただくので、どうしてもそうなりがちです。

 

それはそれで良さがあるのですが、皆さんが聞きたいことや不明なことがあっても、なかなか質問できなかったりするんですよね。質問する人が多かったり、そのせいで質問する時間が短かったり。

また、セミナーでの質問では、周りに聞かれたくない個人的な事もあるでしょう。

 

事前相談会だと、葬儀終活セミナーとは逆で、こちら側が完全に聞く側です。

相談される方のお話しや事情を聞いた上で、それに沿ったアドバイスをさせていただきます。

また、完全に個別対応で相談をお伺いします。なので、個人的な事でも安心してお話しできます。

 

ただ……

葬儀や終活に対して、ぼんやりとした不安がありながらも、何を相談して良いか分からない場合もあるかも知れません。

でも安心してください。軽い気持ちで来ていただいても全然構わないのです。

お茶を飲みながら、世間話をしながら、そんな軽い気持ちでお話をする中で思いついたこと、気づいたこと、そんなことを気軽に相談してくれて良いのです。

 

「案ずるより産むが易し」と言います。

あれこれ心配せず、ボクらにお気軽に相談してくださいね。案外簡単に解決できるかも知れません。

さて次回は4月15日(月)の13:00~15:00です。みなさんぜひお待ちしております!

事前相談会を開催します!〜込み入ったお話しでもお気軽に!

皆さんこんにちは!

3月に入りました。暖かく感じる日もありましたが、今日は少し降りましたね。

 

さて、3月12日(火)、4月15日(月)の日程で、事前相談会を開催させていただきます。

これまで、「葬儀の基礎を知る会」や終活講師として各種セミナーでお話しさせていただきましたが、そのような会やセミナーって、ボクが一方的に話ししがちなんですよね。

また、皆さん質問があっても時間の都合上聞きたいことを全部聞けなかったり、あるいは他の皆さんも居られるので質問しにくかったりしたのではないかと思います。

 

また、事前相談しておくと、

・だいたいの金額がわかる

・お葬式の流れがわかる

・準備をしておいた方が良いものがわかる

・スタッフや斎場の雰囲気がわかる

などのメリットもあります。

 

今回の事前相談会は、完全に個別相談として承ります。

今まで聞きにくかったこと、ぜひ聞いてみたいことがあれば、お気軽にお越しくださいね。

葬儀全般のこと、終活全般のこと、なんでもご相談ください!

モヤモヤしたお悩みをこの機械に解消しませんか?

 

・3月12日(火)13:00~15:00

・4月15日(月)13:00~15:00

・場所:弘善社中央斎場(永山8条1丁目1-6)

 

・個別に相談されたい方

・葬儀について聞きたい方

・終活について聞きたい方

・ボクとぜひともお話ししてみたい方

絶賛募集中です!

 

※5月も開催予定です。

※事前にご連絡いただければありがたいです。

 

どうぞ宜しくお願いします。

終活講師〜シニアライフカウンセラー養成講座 初級!

皆さんこんにちは!

 

2月16日、17日の日程で、「シニアライフカウンセラー養成講座」の講師を務めてきました。

 

今回は初級講座。ボクの担当は「終活と葬儀後手続き」「葬儀」「エンディングノート」でした。

 

この講座の講師を務め始めてまる2年が経過しました。

ご縁をいただいた講師陣の皆さん、これまで受講していただいた皆様には感謝しかないです。

 

2年を通して思うこと……

それは「やはり葬儀社が葬儀だけを考えていてはダメなんだな」ということです。

葬儀とは生前と逝去後のちょうど間に位置するものですが、「生前に考えておくこと」「逝去後に考えなければならないこと」そして「ご家族に想いを残すこと」はそれぞれやはり大事なことなのです。

 

ならば葬儀社の立場としてお伝えすることが、ご家族のためになると、2年を通して確信しました。

これからもこの講座やセミナー、斎場での相談会・見学会を通して「ご家族に想いを残すこと」の大事さを伝えていきたいです。

 

それにしてもこういった「学びの場」は良いものですね。ボクは今回講師の立場でしたが、学ぶ側で場に参加することも大好きです。

学んでいただいた皆さんの活躍の場が広がればなぁ、なんて思いました。

 

3月は中級講座、4月は上級講座があります。連続受講してくださる方も多いかも知れません。

より良い講義ができるよう頑張ります!

葬儀の基礎を知る会第2回目〜悩ましいお葬式での「服装」

こんにちは!

 

先日、当社斎場において、第2回目の「葬儀の基礎を知る会」というセミナーを開催させていただきました。

 

今回はSNSや会報のみの告知で、チラシ投げ込みは行いませんでしたが、大雪の中、4人の方に来ていただきました。

今回は、「お葬式の服装~避けたほうが良いものとは」「お葬式での失敗事~失敗事例から学ぼう」という二つのテーマでお話をさせていただきました。

お葬式での服装について特に質問を受けることが多かったので、ここで少しお話ししてみたいと思います。

男性の服装

男性は、いわゆる喪服(フォーマルスーツ)一択なので、それほど悩まないと思います。

しかし、黒のスーツ=喪服ではないことに注意してください。ビジネス用の黒のスーツが喪服と兼用になるわけではありません。

「お別れの会」「偲ぶ会」などで、「平服でお越しください」とご案内する場合があります。

「平服でお越しください」であれば、黒や濃紺、ダークグレーのスーツが望ましいです。

Yシャツは無地の白。開襟シャツやカラーシャツ、織模様のシャツは避けるべき。ボタンダウンシャツもカジュアルシャツとされているので避けた方が賢明です。また、夏場でも長袖が望ましいです。半袖シャツを着るならば、式中はジャケットを着用しましょう。

 

女性の服装

和装の場合

女性の場合、まず和装にされるか、洋装にされるか考えるかもしれません。

和装でなければならないことはありません。洋装より和装の方が正式、ということもありません。

最近は故人の妻、あるいは喪主の妻でも和装を召されることは少なくなってきました。

一度着付けしてしまうと簡単には脱げませんからね。無理に和装でなくともよろしいか、と思います。

ちなみに、和装の正式礼装としては、黒無地で紋付の着物になります。

和装でも着物以外に必要なものが多いです。

洋装の場合

礼服はワンピース、アンサンブル、パンツスーツなどがありますが、一般的にはワンピースが望ましいとされているようです。

しかし、北海道の場合、ワンピースのみだと寒かったりするので、アンサンブルが望ましいかな?と思います。アンサンブルの中身がワンピースのものも多いですよね。

注意点としては、夏場で半袖のものを着用するとしても、式中はジャケット等を着用し、肌の露出を避けましょう。

スカート丈に注意しましょう。膝が隠れる長さが大前提。正式礼装ではかなりロング丈。

また、パンツスーツは略礼装になります。略礼装としてマナー違反にならないだけで、お葬式ではパンツスーツは避けたほうが良いです。

ストッキングは黒色。肌色は避けましょう。

 

服装以外の注意点

・メイク

派手にしません。いわゆる「片化粧」。

考え方としては、あくまでも「身だしなみ」としての化粧は必要だけれども、「オシャレ」としての化粧ではない、ということです。

・髪の毛

長い髪は結い上げる。もしくはひとつ結び。

なぜ結ぶかというと、お葬式全体を通してお辞儀をする回数がとても多いからです。

お辞儀をするたびに髪をかきあげるのは好ましくないですよね。

・アクセサリー

結婚指輪以外は外すのが望ましいです。イヤリングやピアスもつけません。

葬儀の席で身につけてよいアクセサリーは、真珠のネックレスのみ、と考えたほうが良いです。

・バッグ

光沢のある素材や金具が目立つバックは避けます。毛皮も避けます。

・靴

つま先と踵がしっかり隠せるものを。光沢を抑えた黒パンプスが望ましいです。ミュール、バックストラップのサンダルなどは避けます。

ヒールの高さは3センチから5センチのあまり高くないものを。

気を付けたいのは、「ヒールの音」。式場の床が大理石の場合も多いからです。

ストラップがついているとすれば、金具に気をつけます。(光り物は避ける)

・コート

黒、グレーが望ましいです。毛皮も避けます。

 

まとめ

服装については……ネット上を探すと「これが正解」というものがたくさんあります。

それぞれが正解だと思います。

それについてここでは言及しませんが、大事なのは、「相手方が見てどう感じるか」だと思います。

葬儀における「身支度」とは、「おしゃれ」することではないです。あくまで、喪に服すための「身だしなみ」です

とはいっても悩ましいこともあります。

特に今のような雪の時期だと靴やコートなど……。

雪深い中、革靴(女性ならばパンプス)で会葬に行ったらゴム長(女性ならばブーツ)で来ている人の方が多かった、なんてこともあります。(特に田舎の方では…)

案外、そこまで気にする必要はないのかもしれません。

また、女性の場合悩ましい問題である、バックやアクセサリについては、喪服専用のものを一揃い揃えた方がいいかもしれませんね。

葬儀に参列する機会はそんなに多くはないかもしれませんが、バック類は流行りのデザインがあるわけではありません。

バッグやアクセサリ、念珠、靴などを一通り揃えて、喪服と一緒に保管しておくといざという時に忘れ物がなくてよろしいのでは、と思います。

 

さて、今回セミナーでお話しした内容を簡単にまとめてみました。

今後もこのような形のセミナーで葬儀のことや終活のことをお話しできればなぁ、と考えています。

定期的に開催しますので、どうぞ宜しくお願いします!