社長BLOG

読みたい記事を探す

月別アーカイブ

遺影写真を考える

こんにちは。

旭川で葬儀社を営んでおります、(株)弘善社の太田弘文です。

当社では、葬儀を軸として、皆さんの「終活」の支援を行なっております。

少しずつ、分かりやすく、旭川の終活事情についてお話ししていきますので、皆さんのお役に立てれば幸いです。

 

【遺影写真を考える①~重要性だよ!】

皆さんがお葬式にお参りに行かれて、最初に目にするもの、それは遺影ですよね。

我々からすると、時間をかけて花をしつらえた「祭壇」を見て欲しいところですが….

式場に入り、最初に目にするものは、やはり遺影なんですね。

これはご家族の方でも一般会葬者の方でも変わりません。

つまり、ご葬儀においては、遺影写真は最も重要なアイテムである、と言えるのです。

しかし!!

遺影は故人を身近に感じる、故人を偲ぶ最強のアイテムであるはずなのに、その場しのぎで「とりあえず」作られたものが、あまりに多いのです!

それはとても残念な事だと思います。なぜならば、遺影写真は、たくさんの方が目にしますし、お葬式が終わっても家の中にずっと飾っておくものだから。

実際のご葬儀の現場では、遺影写真のチョイスに悩まれる方が少なくありません。

生前に遺影写真を決めている方は圧倒的に少なく、ご逝去されてそれから探される方が大多数です。

昔のアルバムをひっくり返し、探しに探して。

「これでお願いします….」とお預かりした写真が、顔を真っ赤にして浴衣がよれよれになった、ご町内での観楓会旅行の写真だったという、笑うに笑えないケースもあるのです。

たかが写真、されど写真。金額は大きなものではないですが、とても大事なものなのです。

 

【遺影写真を考える②~選び方】

遺影写真について、もうちょっと考えてみましょう。

ご逝去されてから探す…..から皆さん慌ててしまうし、良い写真が無いんですよね。

であれば、生前に使いたい遺影写真を決めてみてはいかがですか?

現在は生前に撮影する人も増えています。つまり、病気などになる前に、元気なうちに写真屋さんで撮影してもらうのです。

例えば年に一回、誕生日や結婚記念日に撮影しても良いのです。写真屋さんで撮影すると、ヘアメイク等もやってもらえたりする。女性ならば事前に美容院に行っても良いですよね。

最近の遺影写真は、堅苦しくなく、普段の「その人らしい」スタイルが主流です。

写真屋さん、つまりプロが撮るのでスナップより引き延ばしてもぼやけにくい、というメリットもあります。

注意事項としては、撮影した写真は、家族に保管場所を知らせておくこと。また、USBメモリやCD、SDカードなどデータで保管しておくと尚良いですね。

さて、そうはいってもその時になって探さなければならない時もあります。

そこでアドバイスすることは、

・スナップ写真でも良いが、そうであれば「絹目」ではなく「光沢」の写真で。

・背景は修正できますので、ご本人がしっかり写っているものを。

・データがあれば、データでお預かりした方が綺麗に引き延ばせます。

・プロが撮った集合写真(ご親戚の結婚式やお葬式)があれば、それでもok。

スナップ写真よりも引き延ばした時にぼやけにくいです。

どうでしたか?

参考になれば幸いです!

終活と「意思を残すこと」〜エンディングノート

「終活」とは?

こんにちは。

旭川で葬儀社を営んでおります、(株)弘善社の太田弘文です。

当社では、葬儀を軸として、皆さんの「終活」の支援を行なっております。

少しずつ、分かりやすく、旭川の終活事情についてお話ししていきますので、皆さんのお役に立てれば幸いです。

 

さて、「終活」ですね。

数年前からよく聞く「終活」ですが、終活とは、「人生の終焉に向けて行う活動」のことです。

その活動全てが「終活」と言えます。

エンディングノートを書くことなんかも、終活の一環と言えるでしょう。

終活の目的

最近になって認知されてきた「終活」ですが、「最期のことを考えるなんて縁起が悪い」とか「考えるにはまだ早い」とか考える方も多いですよね。

でも….

終活の目的って、人生の幕引き準備ではなく、今後をより豊かに生きることなんです。

 

こんな理由で終活する人が増えている

終活に興味を持たれる理由は様々です。

・金銭的な部分で子供達に頼ることができない

・子供達が旭川ではなく、遠くに住んでいてあてにできない

・残された家族に負担をかけたくない

・老後や死後の不安をなくしたい

・一人暮らしだから、もしもの時が不安

・自分の考えを整理して、家族に伝えておきたい

皆さんどれかは当てはまるのではないでしょうか?

また、皆さんの周囲で、同じように悩まれている方も多いかもしれません。

繰り返しになますが、終活とは「終わりを考える」ことではなく、「今をどう生きるか」を考えることです。

元気な今だからこそ、自分のための「終活」を始めませんか。

 

エンディングノートとは?

エンディングノートをご存知の方も多いですよね。

実際に目にした方、あるいは購入してみた方、実際に書いてみた方、購入したものの書くまで至っていない方など、様々だと思います。

 

エンディングノートの目的

エンディングノートを書く目的とは、終活の目的とそのままイコールだと思っています。

つまり、「今後の人生をよりよく生きるため」に「生前の意思を残すこと」です。

そのためには、まず自分がどんな考えなのか、伝えたいことは何なのか、書き出す必要がありますよね。

昔はエンディングノートなんてありませんでした。

親と同居していたから、子は親の思いをなんとなく分かっていたし、親も子になんとなく伝えていたんです。

今は核家族が当たり前。息子さんや娘さんが遠方に住んでいる(旭川に住んでいない)ケースも多いし、市内に住んでいても同居していないケースも多い。

 

だからこそ、ノートに残す必要があるのです。

 

次回はエンデイングノートの選び方や書き方をご紹介しますね。

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

 

 

 

終活のこと

はじめましてこんにちは。
㈱弘善社の太田弘文と申します。
私のブログをご覧いただき、ありがとうございます。
さて、このカテゴリでは、終活全般に関わることをお話ししていきたいな、と思っています。
具体的には、葬儀前や葬儀後の諸々のこと、法的な手続きのこと、遺言・相続のことなどなどです。
終活セミナー講師の経験を踏まえ、分かりやすくご説明できれば、と考えております。
葬儀社からみた終活について、皆さんのお役に立てる情報を発信していきたいと思いますので、どうぞ宜しくお願いします!