社長BLOG

株式会社弘善社 社長BLOG

感謝の心を忘れずに!
仕事に経営にセミナーにあちこち奮闘する4児の父
社長 太田弘文がお届けします!

お葬式のことFuneral

人口推計調査に思うこと

先日発行された業界紙に、「地域別将来推計人口」が掲載されていました。

国勢調査をもとにまとめられた人口調査なのですが。

(ぜひリンク先のデータをご覧ください→「国立社会保障・人口問題研究所は「日本の地域別将来推計人口(平成30(2018)年推計)

なんとなく「体感」でうすうす感じていたものが具体的な数字で表現されると恐ろしいものです。

なんの事かというと、今後2045年までの人口減の事です。

2020年と2045年を比較した指数を見ると、かなりの地域格差、地域による違いを感じます。

旭川と近隣8町の数字を見ると、

2020年人口

2045年人口

2045年指数

旭川市

329,655人

248,360人

75.3

鷹栖町

6,758人

4,906人

72.6

東神楽町

10,390人

9,804人

94.3

当麻町

6,224人

3,774人

60.6

比布町

3,429人

1,835人

53.5

上川町

3,521人

1,485人

42.2

東川町

7,988人

6,537人

81.8

愛別町

2,631人

1,256人

47.7

美瑛町

9,580人

6,146人

64.2

指数は2045年人口が2020年人口の何%かを示したものです。旭川市を例に挙げると、2020年人口329,655人の75.3%2045年人口の248,360人ということです。

 

旭川を基準にして考えるならば、東神楽町・東川町が良い傾向、逆に上川町、愛別町などは厳しい傾向であることが伺えます。

 

また、2045年指数が興味深い道内都市としては、

高い都市:札幌市(92.5)、帯広市(88.4)、苫小牧市(81.3)、千歳市(93.7)、恵庭市(86.6

低い都市:夕張市(25.5)、美唄市(39.5)、芦別市(36.9)赤平市(34.4)、三笠市(35.4)、歌志内市(22.7

などです。

死亡者数は2040年がピークと言われていますが、それは日本全体で見た場合です。

都市部以外はそれより早いスピードでピークを迎えると思っています。

 

さて、葬儀社は地域に根付いている業種です。

その地域に住まわれている方々に対して、お葬式のお手伝いをするのが私たちの役割です。

私たちの評判がいくら良かったとしても、「弘善社さんで葬儀をしてもらいたい」と沖縄在住の方に言われても、遠くで葬儀をお手伝いすることはできません。(あっプランニングなら可能ですよ!)

地域人口が減少すれば、葬儀社さんが立ち行かなることも考えられるのです。

将来、「自分の地元で葬儀を執り行う」ということが難しい時代になってくるかも、と感じています。

地元で葬儀をあげるにも、葬儀社さんがなくなっている可能性があるのです。

出産に関しては今やそうなりつつありますよね。地元で出産するにしてもそもそも出産可能な産婦人科医院がないという現状。

 

また葬儀業には、葬儀社を中心として裾野が広い業種、という見方もあります。

一件の葬儀を行うには葬儀社のみならず、花屋さん、料理屋さん、返礼品屋さん、貸し布団屋さん、お菓子屋さん、酒屋さん、写真屋さんなどの協力が必要です。

ボクが思うのは、葬儀社と関連業者さんが連携し、手を取り合ってこの問題に対処していくべきでは、と思うのです。

一社では難しい。でも連携してゆけば解決の方向性が見えるのでは。

そんなことを人口推計調査を眺めながら思いました。


終活のことPlan for the end of life

【新旭川地区市民委員会様主催 終活講師を勤めてきました!】

皆さんこんにちは。

旭川で葬儀社を営んでおります、(株)弘善社の太田弘文です。

当社では、「家族葬」を軸として、皆さんの「終活」の支援を行なっております。

少しずつ、分かりやすく、旭川の終活事情についてお話ししていきますので、皆さんのお役に立てれば幸いです。

 

さて昨日12月15日(日)に、「新旭川地区市民委員会」様主催の「終活セミナー」の講師を務めてきました。

新旭川地区の町内会・自治会の「会長・総務部長研修会」の一環です。

 

新旭川地区センターに、約40名の方にお集まりされていました。

3年ほど前から終活セミナーの講師を依頼されることが多くなってきております。セミナーを聞いてくださった方からご紹介いただくことも多く、そんな繋がりが有難いですよね。

地域包括支援センター様主催の終活セミナーも各地でお声かけくださり、東旭川・千代田から始まり、豊岡、春光・春光台、そして来年は末広・東鷹栖でお招きいただく予定です。

さて、今回は30分といつもよりショートバージョンです!

「終活とは?」「エンディングノート」「遺影写真」「お寺さんのこと」「納骨先のこと」などを重点に絞った形でお話しさせていただきました。

我々が実際に葬儀を施行する中で、ご家族から聞いた話や、これまでセミナーで質問のあった話など、実例を元にお話しをしたのですが、やはり実際にあった話だと皆さん興味を持って聞いてくれます。

 

総じて皆さん大変熱心に聞いていただきました。

 

終活の目的とは、「人生の幕引き準備ではなく、安心して余生を生きるため」のものです。そのために大事なこと…それは「自分の想いを残すこと」です。

皆さんはご家族に伝えていますか??

大切なことはちゃんと伝えましょうね。

また、講師の依頼があれば喜んでさせていただきますので、お気軽にお声かけください!


お客様の声Customer’s voice

令和元年8月葬儀施行 O様アンケート

こんにちは。

旭川で葬儀社を営んでおります、(株)弘善社の太田弘文です。

当社では、「葬儀」を軸として、皆さんの「終活」の支援を行なっております。

少しずつ、分かりやすく、旭川の葬儀・終活事情について情報発信しております。皆さんのお役に立てれば幸いです。

 

さて、葬儀施行アンケートのご紹介です。

 

8月に旭川市にお住まいのO様のお葬儀を施行させていただきました。

O様は当社斎場の近くに住んでおられ、またご親戚の方々も当社で施行させていただいております。

O様ご家族をはじめ、お孫さんも含めて皆さんでおばあちゃんを見送ってあげよう、という気持ちが我々にも伝わる、とても暖かなご家族ご親戚の皆様の様子が印象的でした。

ご家族ご親戚の皆さんにとりましてもよりよいお見送りできたと大変ご満足いただけたようで、その旨をアンケートにしたためて下さいました。

内容を少し抜粋してご紹介させていただきます。

 

ご葬儀を経験されての感想としては、

「色々と親身になってやってもらえて助かりました。ただ通夜終了後など直後にミーティングで呼ばれてしまい、親戚などと打ち合わせや挨拶ができず困りました。」

葬儀全般を通じてのご感想・ご意見については、

「葬儀全般は良かったと思います。色々親身になって相談に乗っていただきとても助かりました。また今後とも宜しくお願いいたします。」

などのお言葉をいただきました。

お通夜終了後の引き継ぎのタイミングについては、配慮が足りず申し訳ございませんでした。

今後はご家族の皆さんの様子を拝見しつつ、状況に合わせた引き継ぎを行わさせていただきます。

 

O様、大切な家族を亡くされたなかで、こうして私どもへの言葉を綴っていただきましたこと、心から感謝致します。ありがとうございました。

私たちの葬儀施行で少しでも心穏やかになられましたら幸いでございます。

アンケートのご協力、誠にありがとうございました。


社長の日常Diary

今年もありがとうございました!

皆さんこんにちは。

家族葬応援葬儀社の弘善社 太田弘文です。

今年もいよいよ大晦日ですね。

 

皆さんにとりまして、今年はどんな年であったでしょうか?

元号が「平成」から「令和」に変わり、それだけでも大きな変化の年であったような気がします。

我々に於いても、大きな変化の年であったように思います。

 

葬儀のあり方やお手伝いさせていただく葬儀社のあり方をも考えさせられる年でありました。

今後も我々は、皆さんにとって必要とされる葬儀社でありたいと思っています。

環境の変化や時代の流れによって変わっていくものは確かにありますが、我々が目指すものは変わりなく不変でありたいと思います。

さて、最後になりましたが、昨年度中は皆様方に大変お世話になりました。

来年も皆さんにとりまして、よい年でありますようにご祈念申し上げまして年末のご挨拶とさせていただきます。

皆さまよいお年をお過ごし下さいね。


社長BLOGをもっとみる